家のデザイン

家を建てるならまずは設計コンセプトを考える

投稿日:

家を建てるならまずは設計コンセプトを考える

せっかく家を建てるのですから、何か一つでもこだわりを持った家にしたいものです。

それが災害に強い家なのか、それとも省エネ重視の家なのか、人によっては様々だと思いますが、よく考えてみてください。

災害に強い家

日本を取り巻く自然環境が劇的に変わってきているため、とくに地震と火災の対策をした家づくりが求められています。

地震は地盤と基礎が最も大きく影響するため、家を建てる土地を調査することも必要かもしれません。

地盤は場所によって大きく違ってきますので、専門家による地盤調査をチェックしてもらってください。

基礎は床全体にコンクリートの盤をつくる傾向があり、地盤に建物の部分的なひずみを防ぐのに良い工法です。

かつての木造住宅では、地震による被害の多くは下からの突き上げにより、建築材料の構造ジョイントが外れ、ズレが生じることで家の重さを支えきれなくなって多くが倒壊しました。

とくに基礎や土台に近いところで外れるとひとたまりもありません。

また、木材同士の場合、釘を多く使っていたため、錆が進行しすぎると木を腐敗させ、木の強度を損なうこともありました。

しかし現在は、こうした木造住宅の弱点をカバーする様々な工法や仕組みが開発されていますので、どのような工法で家づくりをするかをよく考えましょう。

火災については「内部火災」と「もらい火」の大きくわけて二つあります。

内部火災では、現在の住宅の多は壁面に石膏ボードが貼ってありますので、火災発生源の部屋から次の間への延焼はしにくくなっています。

そのため、部屋から部屋へと燃え移ることが少なくなり、全焼となるケースはあまりなくなってきました。

もらい火ですが、一階より二階のほうが大きな被害を受けます。

火は高いところほど高温になり広がりますので上部ほど火災に警戒しなければなりませんが、最近の住宅は外壁が燃えにくい素材のもの多く、相当大きな火災でないと起こりにくい現象になっています。

ただし、窓ガラスは熱に弱く、溶けてしまってそこから火が侵入してきますので、隣家の状態などを把握したうえで予め対処を考えておく必要があります。

エコな家づくり

フロンガスによるオゾン層の破壊や二酸化炭素による地球温暖化の現象が起こっています。

そのためにこれからの家づくりでは、自分たちの家で自然エネルギーを活かし、環境に負荷をかけないことです。

これに近いものとして、各ハウスメーカーでは省エネなどをうたった住宅商品を出していますが、ZEH(ゼロエネルギー住宅)が今後ますます注目されることでしょう。

さて、住宅には多くの材料や設備が使われていますが、製造から加工、施工の段階で多くの二酸化炭素を発生しているのも現実です。

家を作れば作るほどエコに貢献していないことになり、反面、家を建設するのであればエコに協力しなければなりません。

初期コストはかかりますが、ひとつには太陽光発電があり、簡易型の風力発電もあります。

また、高断熱、高機密、日射の遮蔽や導入、蓄熱や通風に配慮した住宅をつくり、使用エネルギーを最小限に抑えることでエコの役目を果たすことになります。

白熱電球に代わり、LEDも電気エネルギーを大きく減少させてくれます。

これからの時代は、自分たちで協力できる家づくりをしてください。

都市型3階建て

都市部では敷地が狭く地価も高いため、土地のスペースを有効に使わねばなりません。

例えば、敷地が狭い3階建てで、さらに2世代が一緒に住むようなときには、2階にリビング、3階に夫婦、一階に親夫婦が住むといった住まい方が一般的な設計です。

リビングが2階ということで明るさや見晴らしも確保できますし、みんなが集まるには参加しやすい真ん中の階は良い設計だと思います。

環境面では都市部のため、風を入れれば排気ガス等の臭いや騒音が入ってくるかもしれません。

これにどう対処するには、空気清浄機を設置するのも一つの手ですが、根本的な解決にはなりません。

都市部の便利さと自然環境の悪さといったメリット・デメリットを踏まえたうえで住むことが大切です。

また、都市型3階建ては、立地によっては一階を店舗にする、ビルトインガレージにするなど、土地をうまく有効活用することも考えておきましょう。

都市部で新たに土地を購入する場合、狭い土地での建蔽率や容積率、高度斜線、道路斜線、日影規制などがあるため、事前に土地の法的条件をよく確かめてください。

家に庭をつける

一戸建ての住宅で庭付きといえば誰しも憧れがあるため、どうしても欲しいという方が多く、小さな子供がいる場合は4歳くらいまでは庭遊びをしますので、庭をつくってよかったと思う家庭は多いようです。

しかし、小学生にもなれば空間がたりずもう庭で遊ばなくなります。

親も庭に出ることがなくなり、やがて手入れもできず草が繁ってしまうようなことが起こります。

このように無駄なスペースにするのではなく、変化する庭にすることが大切で、果樹を植えて収穫を楽しむことや、モミジを植えて紅葉を楽しむことで季節の変わりを感じるなんてこともいいですね。

また、地面に草があると約6度も気温を下げる効果があり、樹木は蒸散作用があり葉から絶え間なく水分を発生しています。

涼しいその場所に風が入ってきて、微気候の状態を生みだしてくれるのでとても涼しく感じます。

家の家相と風水

風水や家相は諸説があり、都市や住居の吉凶を占うものとして用いられてきて、家相は風水などの方位学と通じる開運学の一つです。

中国には昔匈奴という東北地方からの部族からの盗賊の脅威、また風や雪といった季節風による自然の脅威から家を守らなければなりませんでした。

匈奴からの侵入を防いだのは世界遺産でもある万里の長城でした。

住居では鬼の脅威から家を守るため、悪い場所として鬼門、裏鬼門という位置を決めることが家相の基本的な考え方です。

これは信じがたいですが、科学的にみても悪い場所ということが認められています。

鬼門は北東角を指し、その場所は北風が当たるところでゴミが溜まり、乾燥せずじめじめすることで不浄な場所となり、落葉が腐り匂いが部屋の中に回ったりして、家に悪影響を与えます。

そのため、この角を土塀などで二重に囲ったり、桃の木を植えたりして家への厄除けとする工夫がなされてきました。

逆に裏鬼門に当たる南西角は、西日が当たる場所で、ここでは温度が高くなり、腐敗が起こりやすく進行も早いです。

ここには樹木を植えて西日を遮るなどの工夫が施されています。

家相というのは迷信のような胡散臭い考えではなく、自然科学の裏付けのある思想でもあります。

一方、風水は、それぞれの「気の流れ」を意味しています。

川の流れを龍の道と呼び、川と川が出会う場所などでは洪水や霧などで湿気が多く、災害や病気の原因を引き起こしやすくなるため、このような場所は避けるのが賢明でした。

風の道は、風が病気や冷気を運んできて同じように病気の原因をつくる元凶だと思われていたため、家のどこにドアや窓を設ければいいかがわかります。

風水もまた自然現象についての考え方ですが、台湾や香港ではよい方位であれば、子孫繁栄につながるといわれています。

家を建てるならこれらを念頭に設計してみてもいいですね。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家のデザイン

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.