家のデザイン

家づくりのデザインポイントは立地状況で考える

投稿日:

家づくりのデザインポイントは立地状況で考える

住宅のデザインが与える効果

人にとってのデザインの良し悪しとは、それが幸福感や心地よさを与えてくれるかどうかです。

しかし、デザインには人それぞれに好き嫌いがあり、好きな形や色あるように、全員が満場一致で良いというものは存在しません。

少なくとも家を建てる場合は、自分好みのデザインや色をはっきりさせておきたいものです。

時代的な影響もあり、家の形は複雑な形状のものが豊かさの象徴として流行っていましたが、現在はシンプルさが求められているようです。

家の色については、汚れがあまり目立たないからという理由でベージュが選ばれていた時もありますが、今は白と黒のモノトーンが主流です。

これから先、どのような形や色が好まれるか予測はできませんが、例えば角のある直角的なものよりも、自然の中にある曲線を取り入れた家が多く登場するかもしれません。

今後、家の流行をキャッチするには、最新のカタログや、売り出ししている建て売り住宅をチェックすることが、自分たちの家づくりに役立つのではないでしょうか。

敷地に調和した住宅デザイン

やみくもに考えもせず、住宅のデザインを決めてはいけません。

家を建てる敷地の形状は千差万別で高低差もありますので、敷地にどういう家を建てればよいかは考える必要があります。

また、既存の植物や庭の空間、そして周囲の建物との調和も関係してきますので、その中でそこにどういうデザインの建物を建てればいいのか、周囲の家に同調した形状・色の家にするか、もしくは他の家とはっきり違う主張をもつ形状・色に家にするか悩みどこですね。

ひと昔前は、建物の素材が限定されており、どの住宅も他と合わせ同調することが当たり前でした。

しかし現代では、地域に関係なく自分の好きなものが作れるようになり、結果として各ハウスメーカーでは様々なデザインが生まれ、商品化をしています。

ヨーロッパでは景観の規制が厳しく、使える建築素材や工法が限られていることもあり、若干の違いはあるものの、町全体として美しい調和を保っています。

その試みは、歴史を感じながら街の観光資源としても考えられていますので、日本とは異なる町づくりとしてのデザインの価値観の違いでしょうか。

現在の住宅はどのような素材でも使えるため、他とは違うことを主張する家になりがちですが、ある程度の協調性を持った方がそのエリア周辺としての資産価値が上がるようです。

樹木と外観デザイン

建物は人工物でほぼ硬い直線でできていますが、樹木は生命体であり、幹、枝、葉などそれぞれ形状異なります。

樹木のよいところは、その自然形が建物の直線に優しさを加え緩和し、美しく見せてくれる効果があります。

樹種にもよりますが、早く成長する樹木が多く、街路樹や桜など高木といわれるものは一年間で約0.6センチも太り、ケヤキともなれば、30年もすれば数十メールもの高さになります。

長年かかって敷地に生えていた樹を大切にすることや、好きな樹を育てることは、その土地の歴史と重なって人々の癒しにもなります。

樹木には樹形や木肌の美しさ、葉の形、花や果実など多くの魅力をもっているため、それらをうまく活用するとこで、建物とのデザイン効果を相乗的に高めてくれます。

その他にも地被植物や灌木など、低木類も大きく貢献してくれる植物です。

また、樹木の効用としては、神戸の震災でも発揮しました防火効果もあります。

樹木は水分のかたまりですから、枝葉は燃えても太い幹が火災を食い止め、隣家からのもらい火に効果があるためもし庭のある家を建てるなら、樹木を植えることも考えてみてください。

狭小・変形敷地の住宅デザイン

狭小・変形敷地の欠点は、狭い、小さい、建物が建ちにくい、建物面積が取れない、法的規制が厳しい、建築コストが高い、風が通りにくい、陽ざしが入りにくい、設計が難しいなどの欠点が多くあります。

そのため、厳しい敷地条件に制約されて設計するためデザインがあまりに単純になりがちです。

建築家泣かせの条件ですがその反面、狭小住宅の場合はやりがいが多く、無駄を最小限に省き、優れたデザインも多く生まれています。

欠点を長所に変える方法としては、例えば、風を入れるために部分的に中庭や吹抜けをうまく作って縦の風穴を開けることです。

そして陽ざしをより多く入れるために壁面を雁行させた設計にするなど、さまざまなアイデアがあります。

土地形状の制約で単純になるしかないと諦めていた家でも、建築家の経験とセンスによって個性的な家にすることが可能です。

土地が狭く条件が悪い土地だとしても、アイデア次第で理想の家を作ることができます。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家のデザイン

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.