家の間取り

間取りの失敗事例ワースト3!間取り成功のための秘訣とは?

投稿日:

間取りの失敗事例ワースト3!間取り成功のための秘訣とは?

家を建てるのであれば、誰しも失敗はしたくはないと思うはずです。

その失敗するケースで最も多いのは「間取り」といわれていますので、この間取り次第で理想の家になるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

間取りは机上で考え、図面化することにより実際に生活するイメージがわいてくるものですが、仮にその間取りが完璧だと思っても、実際に住み始めてみると何かかが違うと思うこともありますので、生活するイメージを何度も重ね合わせて検討することが大切です。

このページでは、間取りで失敗しがちな上位3つの項目について解説し、合わせて解決策を見つけてみたいと思います。

間取りの失敗【ワースト1】収納の作り

間取りで失敗したというケースは、ダントツで収納の数や位置についてです。

収納スペースは多いにこしたことはありませんが、反対に少なくしてしまうと後で後悔することになります。

充分な広さと収納量のスペースを確保しつつ、収納内部も便利になるよう工夫しましょう。

ウォークインクローゼット

設計の仕方によっては通路として使用する人も多いようですが、通路として足場の荷物が邪魔になり、最終的には通路を確保するため荷物が下に置けなくなった。

ロフト

生活スペースを広くするため、極力生活スペースに収納は作らずロフトを作り、大きな荷物などはロフトに置くという考えの人もいます。

しかし、ロフトの最大のデメリットは、階段やはしごを使うことになるため、年齢を重ねていくうちに不自由となってしまいます。

玄関収納

靴を入れることばかり考えていたため、小物や傘を置く場所を確保できず玄関が狭くなってしまった。

階段下の収納

場所的に明かりが差し込むことがないため、実際に物を出し入れする際は不便になってしまったので、小窓か照明をつけるべきだった。

※リビングやキッチンといった滞在時間の多い場所には、大きめの収納スペースを用意すれば非常に便利です。

間取り成功-収納づくり

おさらいとなりますが、家を建てた人たちが「失敗した」と声をそろえてあげる最も大きな問題は、間取りの段階でよく考えないで作ってしまった収納です。

ゆとりある生活スペースを確保することはとても大切ですが、より生活を便利にするためには収納スペースのことをよく考える必要があります。

収納で特にオススメなのは「ウォークインクローゼット」で、洋服をたたむことなくしまえるためため女性には人気です。

ただし、やみくもにウォークインクローゼットを作ってしまっては意味がありません。

上記にもありましたが、例えば、ウォークインクローゼットの奥に部屋を作ってしまった場合、収納内部が通り道になってしまい、服をしまったりするとかえって行き来の邪魔になってしまいます。

収納スペースを作るうえでのポイントは、床面積で考えずに出し入れする「面」で立体的にイメージして間取りを考えることが必要です。

間取りの失敗【ワース2】部屋の広さ

生活する限られた面積で、間取りスペースをどう配置し配分するかがポイントになります。

まずは、家族みんなが滞在する時間が多い場所、よく利用する場所などを第一に考えて部屋の広さを決めましょう。

ちなみに、6割以上の人が適正と考えているリビングの広さは15帖程度となり、キッチンは5帖のようです。

脱衣所

浴室を広くとってしまったため脱衣室が狭くなり、天気の悪い日や梅雨の時期は洗濯物を干すことができなくて困っている。

和室

くつろぎの場所と、もしもの時の来客用として和室を作ったものの、中途半端に狭くしてしまったため、有効活用できないスペースになってしまった。

せめて6畳くらいの広さにしておけば、2人以上寝ることもできて物置き場としても活用できたのに。

トイレ

圧迫感をなくすため横幅を少し広くとってしまい、まだ小さな子供の場合、座ったままでトイレットペーパーを取ることが困難になってしまった。

間取り成功-部屋づくり

広い土地に家を建てるわけではありませんので、部屋は大きければいいというものではありません。

それでもどこかの部屋を大きくしたければ、どこかを小さくする必要がでてきますので、「誰が」「どこに」「どのくらいの時間滞在」するのか、また、収納や家具を置いても生活スペースに余裕があるように広さを決めてください。

逆に広すぎて困るのは家事スペースで、料理する際は水道や火の元、冷蔵庫、食器棚などを行ったり来たりするため、無駄な動きが発生しないような間取りにする必要があります。

間取りの失敗【ワースト3】配線の設定

家を建てる場合、間取りにばかり気が向いてしまい、生活をするうえで肝心なコンセントの数や位置、照明の配置をどこにするか忘れがちです。

間取りを考えている段階では問題ありませんが、設計の段階でテレビはどこに置くのか、洗濯機はどこに置くのか、エアコンの設置位置などもよく考えておきましょう。

また、春夏秋冬と季節によっても使用する機器が変わります。

例えば、扇風機や加湿器などもそれに含まれるので、コンセントの数なども綿密に考える必要があります。

トイレの照明スイッチ

ドアの開け閉めのことを忘れがちで、配置を間違えるパターンです。

また、スイッチやコンセントの位置をよく考えて決めたはいいが、実際に使いやすい位置にあるかは別問題のため、現在の家を参考にしてみてください。

テレビのコンセント

家族の皆が集まる場所といえばダイニングですが、この広いスペースのどこに大型家電を置くのか、とくにテレビに関しては様々な機器を繋ぐことになるため、後になって配置換えすることは困難です。

事前に位置をしっかり決めておき、コンセントの位置や数も決めておきましょう。

玄関の照明スイッチ

スイッチを室内側に寄せすぎてしまい、いざ夜に帰ってきたときなどは暗い中で手探りで電気をつけないといけない。

ちなみに、少し値段は高くなりますが、人感センサーで感知した時に電気が自動的につくものがあります。

キッチンカウンター

料理をするとき、ミキサーやバーミックスなをの機材を使う時もあるため、カウンターの近くにコンセントを付ければよかった。

※事前に家具や家電製品をどこに配置するのかを間取りに盛り込みまずが、くれぐれも配置場所の裏側にならないよう注意してください。

間取り成功-配線の位置

どの部屋でどのような電化製品を使うかを事前に考えておかないと後で後悔することになります。

また、その部屋は誰がどのように使うかなど、将来を見据えたうえで設計しなければ後なって使い勝手が悪くなってしまいます。

よくある失敗例としては、照明スイッチやコンセントがドアに隠れてしまったり、ダイニングにコンセントがなく、食事中にテレビをみることができないといったケースです。

どこでどのような電化製品を使うかを事前にイメージして配線の位置を決めましょう。

間取り成功-視線について

知識として知っておかなければ気が付かない、そして、間取り図だけではわからないことがあります。

それは「視線」です。

マンション構造では稀にあるのですが、玄関を開けるとすぐにリビングが筒抜けのケースや、リビングの窓を大きくしてしまい、外からの視線が気になってしまったりするケースです。

また、ドアの近くや視線に入りやすい場所にトイレがあると、たとえ家族でも気分的に良くないでしょう。

これらを解決するためには、人の行き来を間取り図上に書いてみたり、立体的に外からどう見えているかをイメージすることが重要です。

間取り成功-防音について

間取りとは少し関係ありませんが、防音と遮音対策は長く暮らしていくうえではとても重要です。

二階の子供部屋がうるさかったりすると一階にまで音が響いてきたり、自宅前に道路の交通量が多い場合は予想以上に大きな音が入ってきます。

音の発生源を書き出してみて、その近くに寝室や客間が接していないかを考えた間取りにしましょう。

まとめ

家の間取りで失敗したというケースをいくつか紹介しましたが、じつはこれ以外にもたくさんあります。

そのほとんどは生活行動(動線)のことを考えない間取りのケースですが、それ以外に暑さや寒さのことを考えない日光の入れ方や窓の大きさなどです。

近年の住宅は高気密で高断熱の家が多くなっていますが、日差しや外の風を取り入れるような間取りの工夫も考えたいものです。

一括サービスで住宅会社を比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが無料で手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、話題のZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

提携ハウスメーカー一覧

ネットで気軽に利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収集できることがメリットです。

たった一度(3分程度で登録が終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができます。

以下の一覧を見て比較してみてください。

タウンライフ家づくりライフルホームズSUUMO(スーモ)
資料請求  〇  ◎  〇
間取作成  ◎  ×  ×
資金計画  ◎  ×  ×
土地探し  ◎  ×  ×

他にも同じようなサービスが存在しますが、これだけのサービスが受けられるのはタウンライフ家づくりだけです。

タウンライフ家づくりが優れていることまとめ

  • 自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる
  • エリアを選択し、住宅会社を検索することができる
  • 複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる
  • しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む
  • 一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

▼タウンライフ家づくり公式▼

タウンライフ家づくり公式

▼タウンライフ家づくりの詳細▼

タウンライフ家づくりを解説

-家の間取り

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.