大手ハウスメーカー8社の工法と特徴

大手ハウスメーカー8社の工法と特徴

家づくりをどこにお願いすればいいのか、もし迷っているなら大手ハウスメーカーを候補として考えてみてどうでしょうか。

家本体を工業製品化し、全国規模で展開しているハウスメーカーであれば、手間も時間もかけずに理想のマイホームを建てることができます。

大和ハウス

大和ハウスが得意とする住宅工法は、軽量鉄骨造と木造軸組工法です。

流通店舗や大型マンションも幅広く開発しており、プレハブ住宅の原点であるミゼットハウスは、日本の住宅建築技術に革新をもたらしたことは有名です。

鉄骨住宅である「xevo(ジーヴォ)」シリーズと、木造住宅の「xevo Gran Wood」が人気で、外張り断熱通気外壁を採用、快適な住まいが約束されています。

また、太陽光発電システムやエネファーム、エコキュートを導入していて、地球環境を意識した省エネ・エコ化をはかっています。

全ての商品に耐震性能を標準装備していて、制震性と免震制も選択可能です。

積水ハウス

積水ハウスが得意とする住宅工法は、鉄骨住宅と木造軸組工法です。

売上げベースでは大和ハウスがトップですが、商品のラインナップと特に着工実績数ではダントツ1位のハウスメーカーで、おそらく知名度でも誰もがしっているのではないでしょうか。

多様化するユーザーの要望と時代の変化に対応、そんな代表的な商品は、木造住宅の「The Gravis(ザ グラヴィス)」、鉄骨住宅の「BIENA(ビエナ)」(3階4階建て)、「IS」シリーズ、「BeSai+e(ビーサイエ)」です。

独自開発の制震装置で「シーカス(地震エネルギー吸収システム)」があるため、大きな地震が起きても揺れを軽減してくれます。

大企業であるがゆえに環境保全にも力をいれていて、住宅業界では初となるエコファースト企業として認定を受けています。

住友林業

住友林業が取り入れている住宅工法は、木造軸組工法とツーバイフォーです。

社名にある「林」ように、日本国土の900分の一もの自社保有林を持っているため、資材不足の心配もなく、ふんだんに木の家をつくることができます。

そのため、木の長所を活かした住宅を得意とするハウスメーカーで、自然との調和と敷地条件に合わせた構法でユーザーニーズに応えてくれます。

その構法とは「マルチバランス構法」、「ビッグフレーム構法(オリジナル工法)」、「ツーバイフォー構法」で、この中から選ぶことができます。

また、最大の特長は、外観と内装のイメージから商品を選ぶことができ、一軒ごとに自由設計ができることです。

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)が得意として取り入れている住宅は、鉄骨住宅です。

皆さんは、旭化成といつよりも「ヘーベルハウス」という名称の方が馴染みがあるのではないでしょうか。

人気がある都市部では、狭く限られた土地での住宅も多く、そのような場所での3階建てでは、鉄骨とALC(軽量気泡コンクリート)を使用した工法でつくっています。

「へーベル」とは軽量気泡コンクリートの厚型パネルのことで、強度と耐火性に優れ、断熱性と耐久性も持ち合わせた素材のことです。

この素材を外壁や床にも使用し、強靭な鉄骨構造で支えているため、長期にわたり住み続けることができる家となります。

コンクリートと鉄筋というと、固く冷たいイメージがありますがそうではありません。

外観はモダンで温かみがあり、周りとの調和がとれたデザインが人気です。

最大の特長は、なんといっても都市部での狭小地や細長い敷地(変形地)にも対応できることです。

三井ホーム

東急ホームズと同様、工法はツーバイフォーを採用しています。

この工法は厳しい自然環境の北米で発祥したもので、日本の風土に合わせ進化させた技術です。

湿気の多い日本でも結露しにく、高品質な素材を使用して、基礎、壁、屋根を組み合わせることで強い耐久性も可能にしています。

また、木造は火に弱いとされますが、火に強い木造住宅の防火構造の研究に力を入れていて、湿式外壁仕上げによる耐火木造建築を実現してます。

商品ラインナップがとても豊富で、白を基調としたスタイリッシュな外観と居住空間は様々なニーズに対応できます。

個人的には他のハウスメーカーと比べ、住宅としてのデザインは好きです。

ミサワホーム

ミサワホームが得意とする住宅工法は、木質系パネル住宅、鉄骨系ユニット、木造軸組工法です。

創立から50年以上も経っている老舗のハウスメーカーであり、常に住宅業界のトップ10には入っています。

過去には23年連続でグッドデザイン賞をとっており、デザイン性には絶対の信頼性があると思います。

日本の環境にふさわしい木質系の住宅が主力の「GENIUS(ジーニアス)」や「CENTURY(センチュリー)」、鉄骨系では「HYBRID(ハイブリッド)」シリーズの商品が豊富です。

ミサワホームは、様々なプランのバリエーションがあり、ユーザーの多様なライフスタイルやニーズに対応しています。

また、高い耐震性と優れた住宅性能を実現する、独自技術の木質パネル接着工法を採用しています。

トヨタホーム

トヨタホームが得意とする住宅工法は、鉄骨系プレハブ工法になりますが、2018年6月のニュースで木造住宅に参入するとの発表がありました。

商品名は「MOKUA」で、価格もなんと1千万から2千万円ほど安いようです。

世界のトヨタ自動車のグループであるため、木造住宅の参入には少し驚きましたが、工業製品で培ってきた技術が家づくりにも活かされるのでしょうか。

住宅全体の約80%以上を工業で生産し、車の生産と同様に厳しい監理体制の中でつくられるため、品質という安定は保証できます。

また、他のハウスメーカーも同じところはありますが、アフターサービスの期間が60年という長期保証で、定期的なメンテナンスと、それ以降も点検してくれるようです。

東急ホームズ

東急ホームズが得意とする住宅工法は、2×4(ツーバイフォー)で、アメリカやカナダの木造住宅では、約9割がこの工法で建っているほど世界では主流なものです。

東急ホームズの最大の特長は「輸入住宅」に特化しており、代表的な商品ではオープンプランニングの「ミルクリーク」が人気です。

ツーバイフォー工法による木造住宅は天然の木を使用し、デザインはアメリカでよく見られるデザイン様式で、「マスターズ・パリス」は、パリの街並みをした商品です。

各商品とも、家族のふれあいを重視した空間デザインで、さらに全館空調システムを採用し、24時間の計画換気と全館冷暖房によって、いつでも均一な温度に保ってくれます。

マイホームを検討している方は必見!

マイホームを検討している方は必見

家を建てるということは、人生において一番高い買い物だと思います。

それだけに、家づくりは失敗したくないという不安や悩みがあるのではないでしょうか。

例えば、

  • 家を建てても住宅ローンを支払っていけるか
  • 生活がしずらい間取りになってしまわないか
  • 希望の予算でこだわりの家を建てられるか
  • 立地のいい土地がなかなか見つからない

など、悩みや希望は尽きることがありません。

そしてなんといっても、「少しでも安く済ませたい」というのが本音ではないでしょうか?

ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、住宅業者はたくさん存在します。

その中から『自分たちが思い描く理想のマイホームづくり』をどこにお願いするのか、不安を解消し、少しでも安く良い業者を見つけるにはどうすればいいのかをお教えします。

住宅業者によって価格が異なる

まず、家を建てる前の流れとして、事前に頭に入れておきたいポイントが2つだけあります。

1つ目は、住宅業者によって価格の設定が異なるということです。

家の内訳を大まかに分けますと、

  • 間取り
  • 外壁と屋根
  • 内装とデザイン
  • 設備(トイレ、キッチン、お風呂、冷暖房など)
  • 収納設備
  • 住宅性能(耐震・免震、ZEH(ゼロエネルギー住宅)、断熱など)

このような内容がありますが、各項目の金額の差を一つずつ比較していくと、合計で数百万円もの価格差が出てきます

自分たちのプランに合った業者を選ぶ

家づくりにおいてとても重要なことが次の2つ目です。

住宅業者によって価格設定が違うため、自分たちのプランにマッチする業者選定が必要不可欠になります。

例えば、以下のように、自分たちの要望によって業者が変わってくることを念頭に入れておくことが大切です。

ハウスメーカー工務店設計事務所
コスト(安さ)重視 〇
住宅性能を重視   〇
内容やデザイン重視  〇
間取りプランを重視   〇
土地も探して欲しい   〇 〇

この項目だけではなく、それぞれの業者には得手不得手がいくつもあります。

どこの業者にお願いすべきなのか迷いますが、ここを間違えると後悔することになるので、慎重に検討する必要があります。

じゃあ、どこにお願いすればいいの?」ってことになりますよね?

実際に工務店とハウスメーカーの場合を例に挙げてみます。

工務店に依頼した場合

具体的なケースとしては、安さを重視するため、工務店にお願いするパターンが多くあります。

工務店の安さの秘密は、そこまで複雑でない間取りや、必要最小限にとどめた建材・設備などが要因として挙げられます。

つまり、オリジナリティー溢れる間取り設計や自分たちの要望を100%加味していくと、当初の予算よりも大幅にオーバーしてしまい、いきなりハイコストの家となってしまいます。

これでは、工務店にお願いする意味がなくなってしまいます。

もちろん、予算はあまり気にしないということであれば、ハウスメーカーよりも融通がきく工務店の選択はいいかもしれません。

ハウスメーカーに依頼した場合

その一方、ハウスメーカーに依頼した場合はどうでしょうか。

ハウスメーカーのいいところは、長年培ってきた実績とノウハウがあるため、様々なデータをもとに、新しい技術の導入や生活動線(間取り)などを研究しつくしています。

言い方を変えると、間取りをフルオーダーで設計・変更することはできませんが、自分たちの思い描く間取り(プラン)が必ずあるということです。

工務店と比べると建築実績数が桁違いに多いため、ハウスメーカーはどのような間取りが理想なのか、考え抜かれたプランを提供してくれます。

つまり、無駄がないため、追加で何かをプラスしたり変更する必要がなく、余計な出費がかさむことがないということです。

理想の住宅業者を探すにはどうするの?

例えば、ハウスメーカーといっても、大和ハウス、積水ハウス、住友林業、ヘーベルハウス、セキスイハイムといった、誰もが一度は聞いたことのある大手から、中堅クラスでも、住友不動産、クレバリーホーム、ミサワホーム、東急ホームズ、ヤマダホームズなど多く存在します。

また、地元に根付いた工務店ともなれば、ハウスメーカー以上に数が存在します。

そのため、各業者に個別で連絡して資料請求したり、自分たちの建てる家の要望を伝えるのはとても非効率なんです。

それが簡単な方法で、最適な業者を探すことができる方法があるんです。

その方法というのが、一度の問合せで複数の業者にアプローチできる「一括比較サービス」を利用することです。

自分たちがイメージしている間取りや土地探しまで、大よその予算を入力していくだけで、その内容に対応したハウスメーカーや工務店に一括で問合せすることができます。

夏や冬ですと展示場に行くことが億劫になりますし、特に営業マンにつかまってしまうと、何社も回ることができず、じっくり検討することもできません。

「一括比較サービス」であれば、一回の問合せだけで複数社の情報がまとめて入ってくるため効率がいいのです。

そして、その手に入れた情報というのは、最強の武器にもなります!

例えば、仮見積りのような情報を手に入れた場合、他社との比較ができるため、どこにお願いすれば安くすむか一瞬でわかります。

それに、どの業者も嫌う「相見積もり」というものがありますが、それに近い情報を手に入れることができるため、他の業者との交渉や、値引き・オプション追加などで有利に進めることができるのではないでしょうか。

無料の一括比較サービスを使ってみる

使い方はすごく簡単で、必要情報を入れるだけで、地元の工務店や大手のハウスメーカーに一括で依頼することができます。

  • 最適な間取りプラン
  • 効率のいい資金計画
  • 立地のいい土地探し

これらが無料で、しかもたったの3分程度で比較が可能です。

また、自分たちが希望とする内容を要望欄に詳しく記載することで、以下のような間取りの提案が貰えたりもします。

タウンライフ家づくりで貰えた間取り

今まさに家を建てたい方、まだ情報収集の段階でじっくり検討したいという方でも、無料で利用することができます

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、数百万円もの差が出ることもあるので驚くと思います。

各ハウスメーカーからの資料比較で、最もお得で価値ある提案を選ぶ!

これは家を購入するにおいて大切なことで、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することが重要ということです。

≫≫≫毎月5,000人が利用する一括サービスを試してみる