ローコスト住宅

ローコスト住宅は住宅構造と内装を考える

投稿日:

ローコスト住宅は住宅構造と内装を考える

初めからローコスト住宅を建てる検討をしているなら、住宅における知識も必要ですが、事前のプランニングが重要になります。

あれもこれもと贅沢しなければ、かなり削減することができると思います。

さっそく、コストを抑えることができる部分であったり、コストをコントロールするにはどうするかを解説していきます。

床面積を減らす

ローコストにすることができる効率的な部分は、床面積を減らすことが一番です。

床面積を減らすことで、基礎部分、外壁、屋根などが小さくなるため、その分のコストを減らすことができます。

家を建てる際、敷地のすべてを建物で収めようとする人がいますが、家族構成を考えた場合、無理に面積を広くとる必要はありません。

プランの工夫次第では不便を感じることがないスペースを確保することができますし、将来において余った敷地は増築することができます。

家づくりで効率よくコストを抑えることができるのは人件費です。

つまり、床面積を減らすことで人件費である工賃を減らすことができるため、家づくりにかかる費用を削減できるということです。

建物の形状をシンプルにする

住宅の形状が複雑になればなるほど住宅コストは高くなります。

例えば、外周に凹凸が多いタイプは外壁の面積が多くなってしまい、シンプルな構造の箱型に比べ割高となります。

住宅の外観のデザインに拘りがなければ、凹凸をなるべくなくしシンプルにすることで、下地材の材料代や工数の短縮によりローコストにすることができます。

そうはいってもどこまで妥協するかにもよりますし、家を建てる敷地の条件などにも左右されます。

あまりコストダウンのことばかり気にしていては、納得のいく理想の家から離れて行ってしまうので、バランスが重要かと思います。

総二階建てにする

同じ面積であれば、部分二階建てよりも総二階建ての方が費用を抑えられます。

部分二階建てとは、一階の床面積より小さくした建物で、総二階建てとは、一階と二階の床面積が同じ建物のことです。

部分二階建ては建坪が広くなり、基礎工事や材料が増えるため割高になるということです。

屋根は勾配をゆるく単純に

屋根のデザインは様々ですが、費用を安くするためには単純な片流れや切り妻屋根がお勧めです。

屋根の大きさもそうですが、形状が複雑になればそれだけ材料費もかかるため、コストが上がることは言うまでもありません。

しかし、屋根の勾配(角度)がきつい場合、作業をする際に足場が必要となるため、その分の費用がかかってしまいます。

理想は、一枚板で作った片流れの勾配の少ない屋根ということになります。

部屋数を極力減らす

時代の流行にもよりますが、ここ最近はオープンな間取りにすることでコストダウンをしているようです。

手っ取り早い方法は、部屋数についてですが、最初から多く作るのではなく、少なくすることで開放的な間取りにし、必要な場面で仕切りをするなどでケースに応じて使い分けています。

部屋が多くなると仕切り壁が増えるため、材料費に上乗せされることはもちろん、照明器具や暖房器具などの出費もかさみます。

同じ家族でもプライベート空間が欲しいという考えがあるかもしれませんが、中途半端な子供部屋を複数作るよりも、将来のことを考え、使い道がなくなる部屋を残すよりはいいかもしれません。

リビング階段にする

二階へ上がる階段をどこに設置するかで費用にも差がうまれます。

人気がありオーソドックスなタイプは玄関で、各スペースへのアクセスがスムーズで便利になります。

反面、廊下などに階段を作る場合、階段を壁で囲う必要があるためコストが上がり、リビングなどの部屋の中に階段を設置する場合、壁の材料費を節約できるメリットもあります。

狭小住宅のタイプに多いかもしれませんが、思い切って廊下を作らずに玄関から直接部屋に入る設計にすると、床面積を減らすことになるのでローコスト住宅にすることができます。

水回りは近くにする

お風呂や洗面、トイレなどの水回りについては、できるだけ近い位置に設計すると、排水管などの設備の節約にもなり、コストを抑えることができます。

トイレとキッチンが近いとさすがに敬遠するかと思いますが、水回りの設備がまとまっていると、後のメンテナンス作業の効率もよくなるメリットがあります。

例えば、住み回りをオールインワンタイプにすれば、トイレ、浴室壁や扉など、照明設備も各スペース分を用意する必要がなく、材料費や手間などの工事費もローコストで済ますことができます。

しかし、海外であればお風呂・洗面室・トイレが一緒のケースが多いと思いますが、日本では少し抵抗がある人もいるかもしれませんね。

そのような場合、お風呂は別にして、トイレと洗面室を一緒にするなどの工夫をしてみてください。

トイレの数を1つにする

二階建ての場合、通常は各階にトイレを設置していると思いますが、トイレを一つ作るのにいくらかかると思いますか?

価格にして20万円から30万円ほどかかるということですので、一つにすれば設備費用と工事費用のコストダウンが可能になります。

トイレの数を減らすことで余ったスペースを有効活用もできますので、予算が厳しい場合は検討してみてもいいかもしれません。

もちろん、家族が多い場合は二つは必要でしょうから、将来の家族構成も考えたうえで決めましょう。

住宅コストを抑えるためには総合的に判断することが必要ですが、どこを妥協するかしないかは優先度を決めましょう。

そうすることで最終的にはローコスト住宅に近づきます。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-ローコスト住宅

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.