家の間取り

家の間取りが簡単に作れるフリーソフトを紹介

投稿日:

家の間取りが無料で簡単に作れるツールを紹介

家づくりにおいてとても重要な間取りですが、これから自分たちが住む家をどのような間取りにしようか、悪戦苦闘している方も多いのではないでしょうか?

寸法まで表示された間取り図ともなると専門知識が必要ですが、リビング、寝室、子供部屋、キッチン、お風呂など、大雑把な配置程度であればなんとか図面化することは可能です。

とはいえ、手書きで間取りのイメージ図を書くのはちょっと面倒くさいですよね?

じつはいま、簡単に間取りをシミュレーションできる便利なフリーソフトがネットで多く転がっています。

もちろん、有料のソフトは機能も多く、かなり精度の高いものが作れると思いますが、本格的な間取り作成はまだ先にして、まずは自分たちの思い描く大よその間取りを作ってみるのも、家づくりの楽しみの一つだと思います。

家の間取りについて考える

家を建てるのに、少しでも出費を抑えたい(ローコスト住宅にしたい)方が多いため、これを参考例に説明します。

現実的なローコスト住宅は、一般的に敷地面積が狭い狭小住宅であるともいえますが、その狭いスペースをより広く見せることができるのは、間取り次第ということになります。

本来の間取りとは専門家が見る図面ですので、普通の方は簡単に作ることができないですし、作成のノウハウがよくわからないという声が多いです。

そういった中、施主は設計者に全てを任せてしまい、専門家の説明を鵜呑みにしてしまっているところもあるかもしれません。

プロに任せれば、理想に叶う家づくりができるとは限りませんので、間取り作成等においても一緒に検討する必要があるかと思います。

設計者の図面を頼りきってしまったため、いざ仕上がったときに、自分たちが思い描いていたものと違うということが起こり得ます。

そのため、事前の間取りシミュレーションという方法は、設計者との意思疎通としても非常に有効かと思います。

3Dキャドで間取りをシミュレーション

通常の間取りシミュレーションは、建築依頼をするハウスメーカーや工務店などの設計者にモデリング(3Dキャド)を依頼して作成してもらいます。

過去においては設計士が手書きで図面を起こしていましたが、現在は「3Dキャド」を活用しているケースが当たり前になっています。

簡単に3Dキャドを説明しますと、平面の図に対して「高さ」の情報を与えたもので、立体化して正確に可視化することができます。

3Dキャドによって立体的な外観や内観を見ることができるため、イメージがしやすく、非常にわかりやすくなります。

それによって、より視覚的な情報を収集することができ、実際に家づくりが完成した時には、思い描いていたものとのズレがおきにくいのが特長でしょうか。

3Dキャドによる作成は今や当たり前で、もともと設計費用に含まれているケースがほとんどですが、別途作業費用が請求される会社もあるため確認が必要です。

もちろん、建築事務所などに依頼した場合は別途費用がかかります。

無料の間取りシミュレーション

家づくりにはどうしてもお金がかかってしまうので、極力お金をかけたくないというのが本音だと思います。

そこで、無料で間取りのシミュレーションができるソフトを幾つかご紹介します。

まずは、「せっけい倶楽部」というソフトです。

このソフトは3Dではありませんので、部屋を歩いている感じで間取りを確認することはできませんが、一般的な平面図に近い内観をチェックするのにはとても有効活用することができます。

そして↑の内容ですが、少し古くてすみません。

今はなんと、3Dでリアルに再現できる機能がありました!

また、カラーで各部屋を分類することができ、より視覚的に間取りを捉えることができるので重宝します。

無料ソフトでも充分使えるため、むしろ有料のものよりも、これを利用している人たちのほうが多いかもしれません。

あと、間取りを公開して他の人と共有することができるので、何かしらのアドバイスをくれるかもしれません。

間取りをシミュレーションできるアプリ

「せっけい倶楽部」はPC版ですが、スマートフォン対応のものはあるの?ということが気になると思います。

安心してください、無料で間取り作成ができるアプリが存在します。

スマホで作成することができれば場所に関係なくできるので、ともて便利ですね。

このアプリはiPhone専用ですが、引っ越しや部屋の模様替えなどで利用している人たちも多くいるようです。

間取りTouch+」は、デフォルトで用意されているサンプルリストの中から選択して、それを改造して間取りを作ることができます。

また、使用する各パーツもパーツリストから選択することで、オリジナルとして作成することが可能です。

パーツは、設備や家具など、シンボル系も含めると700点以上あり、家づくりにおいて重要なコンセントの位置などの細かい部分もカバーできます。

一方、Android専用のアプリでは、「間取り一図」がオススメです。

Touch+と同じようなソフトになるのですが、カラーではなく白黒対応のため、少々視覚的にわかりづらい部分があるかもしれません。

背景は方眼図になっていて、設備や家具のリストはかなり少なめという感じがしますが、複雑な操作がない分使い勝手がいいです。

そして、内課金制のソフトになってしまいますが、オススメしたいのは「HOMEDesign3D」です。

このアプリは優れもので、3Dのザインをすることが可能です。

インテリアデザインなどは、あらかじめ用意しているパーツに依存することになりますが、簡単な操作で住宅デザインをおこすことができます。

画像の解像度は高く、まるで写真のようなリアルな間取りを作成することができます。

なお、無料バージョンには保存機能がついていないため注意してください。

紹介してきましたこの手のアプリで簡易的に作ったものでも、担当者との意見交換などでは十分に役に立ちますし、プロの設計士との打ち合わせでも、相手の一方的な意見にのまれないための対策にもなります。

3Dマイホームデザイナー

最後となりますが、「3Dマイホームデザイナー」という有料のソフトになります。

お値段も1万円くらいしますが、「PRO版」ではないので、購入の際にはくれぐれも注意してください。

すでに用意されている各アイテムを使っていくので、とくに専門的な知識がなくても簡単に使いこなすことができ、ゲーム感覚で楽しみながらリアルな間取りを作成することができます。

もちろん、このソフトは間取りだけではなく、家全体の外観、外構、内観までを全て3Dでイメージ化することができるため、自分たちが思い描く理想の家を具現化してくれるでしょう。

ここまで、間取りのシミュレーションツールをご紹介しましたが、他にも似たシミュレーションツールはたくさんあります。

今回ご紹介したものの中には、使用する人によっては使い勝手が悪いものがあるかもしれませんので、ご自身が使いやすいものを探してみてください。

いずれにしても、視覚化した間取りが手元にあれば、依頼する住宅会社へ自分たちのイメージを大よそでも伝えることができるかと思います。

もし本格的な間取りが欲しいという方には、以下、無料で依頼することができるタウンライフ家づくりという一括サイトがオススメです。

-家の間取り

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.