家の間取り

家の間取りは趣味とプライバシー空間を考える

投稿日:

家の間取りは趣味とプライバシー空間を考える

家づくりで失敗しないためには間取り設計で決まりますが、生活動線をよく考えたうえで便利な間取りにしてみてください。

住み良い間取り

家を建てる場合、はじめに「LDK」ありきの間取りの発想はやめましょう。

家族みんなの生活をどうしたいのか、生活する上で何を大切にするかをはっきりすることが、住みよい間取りづくりのスタートラインとなります。

例えば、家族の安らぎや温もりをテーマにすると、お互いの気持ちを思いやる間取りのイメージができます。

ここでいう間取りとは単に部屋のことではなく、どのように家族みんなで暮らしたいかを考える間取りのことです。

間取りという言葉にとらわれず「みんなと食べる場所」「心地よく寝る場所」などを考えていくことが、理想の間取りを構成することができます。

これまでのLDKいう発想は、部屋の役割や広さが優先して境界を作ってしまうので、一度先入観の発想から外したたほうが、家族にとってよい間取りに近づけることでできます。

失敗するケースで多いのが、使いもしない部屋を無意味に作ってしまうことです。

例えば、客間や予備室などは、一年でどのくらいの頻度で使われるのでしょうか?

このような「あった方がいいかも」という、何となく作ってしまう部屋の発想はやめて、もっと家を自由に「使いこなす」ことが住みよい間取りにするためにも必要な考え方です。

家を建てるときの間取りとは、単に広さや部屋数で決めるのではなく、家族のみんなに合わせて作ることが大切です。

生活を楽しくする間取り

生活をより楽しく、充実したものとするには、空間軸と時間軸について触れたいと思います。

空間軸とは、人間には見たり、触れたり、聞いたり、匂いといった五感があり、その影響する範囲内で認識できることを指します。

誰もが同じ感覚や感性を持っているわけではありませんが、家族だからこそ分かり合える、楽しめる共有空間を持つことができます。

そこでは、家族みんなの共通点があり、家族みんなで好きなものや嫌いなものを共有でき、生活をさらに面白くしてくれます。

時間軸とは、移動や成長、変化するものでとらえられることができます。

例えば、料理ができていく過程で匂いや調理で変化する音に食欲が出てくるし、子供たちが遊ぶ姿はほほ笑みがわきます。

テラスではバーベキューやお月見、花見などを楽しむなど、パーティが場を盛り上げ、庭に実のなる木を植えると、花から実が熟すまでの成長と収穫を楽しむなどで家族は一体化します。

間取りという空間軸だけではなく、時間軸にも共有体験をもつことで、生活をより楽しむことができます。

趣味を活かした間取り

趣味は人間性を高めてくれる大切な行動です。

夢中になることで、日ごろのストレス発散や、ものを作りあげることによる達成感は、自分でできるという自信を身に付け、人に負けない力の根源となります。

とくに子どもは本来発明の天才であり発想力がとても優れていて、趣味を持つことで自分の能力をさらにアップさせることになります。

子供の創造力がつが付くように仕向け、子ども部屋に趣味を生かせるような仕掛けや飾り棚などを用意しておくことで、子ども部屋は趣味を「楽しむ」「見せる」「使わせる」場になります。

子供の素直な発想力と行動は、大人では気づかないことがたくさんあり、すくすくと成長するわが子を見守ることは親にとって感動的なものです。

また、大人の趣味は子供にとって尊敬と模倣の学習にもなるで、せっかく家を建てるのであれば、家族で趣味を生かす間取りを考えた場所を作るべきだと考えます。

ゾーニングについて

ゾーニングとはパブリックな場とプライベートな場といった「場の決め方」のことをいいます。

家族の行動にはほぼ毎日決まったことがあり、家の中ではその行動による混乱を起こさせる訳にはいきません。

それぞれの空間の役割と、どこから入ったらどこに行きつくかなどの動線を決めることも含まれ、これには優先順位と必然順位があり、もちろん敷地環境や自然環境も考慮しなければなりませんが、それはいかに快適な家になるか、無駄な行動をとる家かなど家づくりにとって重要なことです。

例えば、都市部では周辺が密集している場合、風通しや十分な日光を確保するため、二階にリビングを設けたほうがいいこともあります。

また、寝室は一階にあった方がセキュリティ的にも良いといえますが、その場合、家事のことを考えると、水回りは一階がいいのか二階がいいのかを必ず迷います。

このような様々な条件や周囲の環境を考慮し、どんな暮らしをしたいかを間取り作成の前にゾーニングをしていくことが理想です。

プライバシーを考えた間取り

昔と今のプライバシー観点は全く異なり、現在では、いかに家族であっても何かとプライバシーという言葉が目立っています。

これを踏まえると、家族同士の中において、プライバシーとは何かをよく考えてみる必要がありますが、本来、家族間であればあまり考えなくてもいいと思っています。

ライフサイクルにも大きく関わってきますが、子供の成長の中で大人の仲間入りする時、大人たちの行動や言動に少なからず秘密めいたものを感じたことはあるかと思います。

だからといってプライバシーを重んじることばかりを考えた間取りは閉鎖的になりがちです。

例えば、子供たちにそれぞれ1つの部屋を与えてしまう場合、反対に多くの秘密を持ちすぎて、必要以上に家族内でプライバシー感覚が生まれてきます。

もちろんこの考えには賛否があり、家族のプライバシーの捉え方は他人の考えと違うことが多いので、家を建てるのであればよく話し合って間取りを決めましょう。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家の間取り

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.