家を建てる流れ

家のタイプで迷うなら木造住宅と鉄骨住宅を比較

投稿日:

家のタイプで迷うなら木造住宅と鉄骨住宅を比較

家を建てるとき、あなたなら木造住宅かそれと鉄骨住宅か、どちらを選びますか?

各々に長所と短所がありますが、まずは、木造住宅と鉄骨住宅とは何か、そして具体的にどのような違いがあるかを比較してみましょう。

木造住宅とは

木材を使って家を建てる方法には様々な方法がありますが、柱や土台などの骨組みが木でできている家のことです。

メインとなっているのは「軸組み工法」で、柱と梁を組み立てていく方法で、骨組みに使用する構造材は耐震性に優れてなければなりません。

木造住宅は日本の環境に適応し、家全体としても温もりを感じるでしょう。

鉄骨住宅とは

鉄骨住宅はマンションのイメージが強いですが、近年では軽量鉄骨を使っての鉄骨住宅が一般でも多く作られるようになりました。

ただし、鉄骨とはいっても骨組みの全てに鉄骨を使用しているわけではありません。

その割合はハウスメーカーや工務店によって変わるので、どのような構造になるかは依頼する業者に確認してみてください。

鉄骨住宅は構造体に鉄骨を使い、耐震性は地震を想定した非常に高いものとなっているため、地震の多い日本には合っています。

木造住宅と鉄骨住宅の比較

木造住宅と鉄骨住宅の違いを一覧でまとめてみました。

工法工法の説明工法の特徴
木造軸組古くからある日本の伝統的な工法で、在来工法とも呼ぶ。柱と梁で建物を組み斜めの筋交いを入れて補強することで、地震などの衝撃にも耐える構造となっている。間取りの自由度が高い工法で、柱と梁以外は移動しやすく、将来のリフォームでの間取り変更ができるなど自由が高い。
2×4(ツーバイフォー)2インチ×4インチの角材を使用する工法で、今では世界に広がる木造住宅のスタンダートな工法でもある。アメリカの2×4工法は壁や床などの「面」で建物を支える。ツーバイフォー住宅の優れた特徴は「面構造」が基本となっており、地震や台風に強い面構造になっているが、間取りの自由度は低くなる。
鉄骨造木造軸組工法の素材を木材ではなく鉄骨で作る工法。柱や梁の部分に軽量鉄骨、筋交いの部分にブレースという部材が使用されため、鉄骨ブレース工法とも呼ばれる。木造よりも柱と梁の間隔を広くとれるため、大きな空間をつくることが可能。性能が均一であり工期も比較的短い。

木造住宅のメリットとデメリット

鉄骨住宅と比べるとコストが安くなり、間取りを自由に考えることができます。

また、家の開口部を大きく取ることができ、将来的には増築や改築をすることが可能です。

住宅で重要な間取りにこだわるのであれば、木造住宅の方が柔軟な設計ができるのでオススメで、その他の点としては、外装についても色々なバリエーションを施すことができます。

デメリットについては素材自体の耐久性が低いことが挙げられます。

例えば、シロアリなどの害虫に柱が食われたり、雨で穿たれた天井の木から雨漏りをしたりなど、劣化が早いというデメリットがあります。

また、湿気にも弱いため定期的なメンテナンスが必要になり、鉄骨住宅と比較すると防音機能についても乏しい欠点もあります。

鉄骨住宅のメリットとデメリット

鉄骨住宅のメリットは耐震性と遮音性にあります。

木造と比べると火に強いため燃えにくく、音を遮断する鉄骨住宅はとても魅力で、木造より自然環境に強く、寿命が長いということが最大の長所です。

また、建設の工期が短いため、仮家に住む期間も短くて済みますが、デメリットはコストの高さにあります。

かかる金額は木造建築の1.5倍以上と言われており、使用する材料費が高いので、建築コストが多くかかり、他の設備に資金が回せないことも考えられます。

また、気温の変化に左右されやすいため、構造設計をよく考えないと夏は暑く冬は寒い家になってしまうこともあります。

木造住宅と鉄骨住宅の違いを理解し、自分たちにとってどちらが理想の家かを検討してみてください。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家を建てる流れ

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.