2,000万円台で家を建てるにはまず予算を決める

2,000万円台で家を建てるにはまず予算を決める

自分の城を築きたい!誰もがそう思う夢のマイホームですが、それはいろいろな角度から考える大変な作業になります。

その中で今回は、住宅の価格をまず先に決めることをスタートとして、計画の立て方をご紹介します。

『そもそも住宅の価格はどこまで含まれているのかよくわからない』

『建築途中でどんどんオプションが増えてしまい計画当初の価格より大幅に予算オーバーしてしまう』

このような話しをよく耳にしたりします。

ご自身の家づくり計画では失敗したくないですし、大幅な予算オーバーにならないために、知っておくべきポイントを4つに分けて解説します。

本記事のキーワードは、2,000万円台で家を建てるです。

ただし、2,000万円台といっても、2,000万円から2,999万円までと幅が広いため、まずは、ご自身の目安を立てておいて頂きたいことを前提に、目安となる前後100万円から200万円の幅があると、気持ち的にも余裕が生まれるのかなと思います。

家を建てるエリアの平均坪単価を知る

住宅の坪単価というのは住むエリアによってまちまちで、例えば、北海道と東京とでは相場が違いますし、同じ東京でも、23区内と立川市や八王子市では異なります。

そのため、まずは、自分の住むエリアでは、平均の坪単価がいくら位なのかを事前に調べることが重要になります。

マイホーム計画の際には、モデルハウスや完成建物見学会などに出かけたりもしますが、ハウスメーカーや工務店、設計施工会社によって坪単価はさまざまなため、「御社では平均坪単価はいくら位でしょうか?」と質問してみて下さい。

そこで、しっかりとした説明や回答が得られなければ、その時点でその会社をアウト判定していいと思います。

そして次に、その坪単価の中にはどこまでの標準仕様(施工)が盛り込まれているのかを知ることです。

後から追加費用がかかるものがあるのか、坪単価とその他の施工に必要な費用の区別があるのかどうかなどです。

これらをしっかり情報収集し、モデルハウス等に出かけた際には必ず確認しましょう。

予算内でどれくらいの広さの家が建てられるのかを知る

大よその坪単価とそこに含まれる施工、付属で必要な施工内容などを把握できれば、次は予算内で収めるために、どれくらいの広さを確保できるのかを知ることです。

例えば、予算を2,400万円として、坪単価が60万円とします。

この予算を坪単価で割れば広さが算出できますので、この場合は40坪ということになります。

それから、その40坪の内容を整理します。

玄関、リビング、キッチン、バスルーム、トイレ、客間、寝室、子ども部屋、クローゼットなど、欲しいものはたくさんありますよね。

ご自身の家族構成や将来的なライフスタイルをシミュレーションし、必要なスペースを書き出しておくことをお勧めしますが、この時点では、まだそれぞれの広さを考慮していなくても大丈夫です。

ただし、ここでポイントになることは、今現在、10年後、20年後位までのライフスタイルの変化を見据えることです。

広さの大小よりも、必要の有無を間取り作りの基本にし、後々になって影響が出ないように家族でしっかりと話し合ってみてください。

予算、広さを把握した上で、業者の絞り込みを行う

住宅を施工する業者はいくらでもありますが、大手ハウスメーカーから地元の工務店、設計と施工が別会社で進める業者など、どの住宅会社が良いのか、依頼すればいいのかわかりませんよね。

各社のほとんどはホームページを持っていて、インターネットで検索すればいくらでも情報収集ができますが、その記載されている情報が全てが正しいとは言えません。

そのため、業者の選定にはまず、ご自身が好きな住宅メーカーや工務店から入ってもいいですし、施工実績や売上げ規模、その会社の経営理念、住宅に対する取り組み方が自分たちにピッタリなのかを確認してみてください。

どこでも同じだろうと業者任せにすることが一番危険です。

そして、業者の絞り込みの目安は、5~7社が適正かと思っています。

それ以上ともなると、打ち合わせすることが目的となってしまい、体力的にも疲労が蓄積され、拘束される時間、本当に自分たちが求めていた家づくりなのかが見失ってしまいがちになります。

逆に5社未満となると比較対象が少なく、検討から外れる業者がでてくると、すぐに枯渇してしまいます。

候補の業者と予算や間取りバランスを考え打合せを重ねる

自分たちの予算枠が大よそ決まり、平均的な坪単価と住宅の仕様(施工)も理解しました。

その予算の枠内である程度求める住宅の広さがうっすらと見えてきて、それに見合った業者も5社程まで絞り込みができました。

ここからがいよいよ大詰めで、一番大変で大きな決断を下す大切な道になります。

絞り込みされた業者は、当然ですが、家を建てる敷地の調査や近隣の環境、生活インフラ等の確認をします。

その上で、自社で建築申込みを頂くために、お客からの要望となる間取りや住宅に対する思い、どういう家にしたいのか、どういう生活を思い描いているのかなどを細かくヒアリングします。

ヒアリングしているうちに、ご自身の考えが変わったり、希望が増えたり、業者から提案を受けたりと、一業者当たりおよそ、3~5回の打合せが必要で妥当な所でしょうか。

そのなかで業者は、いろいろなプレゼンテーションや魅力的なサービス、オプション等の話しを持ち掛けてきますが、それらの甘い誘惑に負けない冷静な心を持ってください。

そうして重ねてきたことを理想の「カタチ」にしてくれた業者、ご自身のマイホームを心から一緒に築き上げてくれるパートナーを1社に決定することになります。

これは、ご自身たちにとっても大きな決断でもあり、業者も残るか落とされるかの2つに1つですから、それは大変必死です。

お互い思いをカタチにする打合せを重ねてきた中で、情が生まれてしまうこともありますが、決めるのは1社だけで、非情ですが割り切らなければいけません。

さて、業者を1社に決定したので、ここからが一番大切な時間です!

本格的に思い描いてきたマイホームを「カタチ」にする詳細な打ち合わせになります。

1社に決定する時点ですでに、お互いに信頼関係ができているため、わからないこと、疑問や不安などは全て業者に話し確認しましょう。

家の本体となる標準装備の色、形、デザイン等々の決定、施工スケジュール、地鎮祭や上棟式、引き渡しまでの工程、引き渡し後にやるべきこと、それまで業者の決定前にしていなかったことを確実にチェックしていきましょう。

まとめ

すでに出来上がっている建売り住宅とは異なり、注文住宅の家を建てるということはとても大変な作業になりますが、今回は例として、2,400万円という予算を決めてから坪単価を割り出し、その後の流れを簡単にお伝えしました。

ここでは紹介していない業者の選び方、間取りを先に決めてから業者に相見積もりを取る方法などもありますが、予算を決めてから業者を決めるという方法がもっとも現実的だと思います。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

 公式リンク ↓

家づくり計画書を依頼する