二世帯住宅で成功させるための秘訣とは

二世帯住宅で成功させるための秘訣とは

少し前までは、「親と一緒に住むなんて」という風潮があった気がしますが、ここ数年、二世帯住宅の需要が増えているようです。

その背景としては、経済的援助や共働きであるがゆえの子供の面倒、そして、親の介護等が多くなってきたことが要因とも言われています。

やはり今の時代、背に腹はかえられない状況なのかもしれませんね。

では、じっさいに親との同居を考えたとき、どのようなことに注意して建てなければならないのでしょうか。

多くの失敗している人の声をヒントに、成功するためのポイントをご紹介します。

二世帯住宅で抑えるべきポイント

二世帯の家を建てるなら、まずは完全分離型・部分共有型・完全同居型のどのタイプにするかを考える必要があります

親世帯、子世帯ともに、事前にどのような生活スタイルになるのか、どのようなスタイルにするのか、したいのかを話し合ったうえで決めましょう。

親世帯と一緒に住む家になるため、当然失敗はできないと思います。

では、この3つのタイプの中で失敗率が少ないのはどれなのか?

総合的には完全分離型になりますが、このタイプは費用や敷地の広さによって建てられないケースがあります。

価格が他のタイプよりも高くなることや、十分な敷地の広さが必要になるため、特に都心部などは難しいでしょう。

二世帯住宅でどのタイプにするかにもよりますが、成功するポイントは、共有スペースをどのように配置するかで決まります。

玄関部分の共有はどうする?

二世帯住宅のパターンとして多いのは、玄関を共有部分にすることのようですが、これは少し考えたほうがいいと思います。

玄関部分を共有することで、二世帯の意味を持たせることができるのかもしれませんが、ちょっと買い物に出掛けるだけでも親と遭遇してしまい、わざわざ行き先や帰宅時間まで聞かれたり、伝える必要があります。

また、子供がたくさんいるケースでは、靴で玄関がゴチャゴチャしてしまうことでしょう(ちなみにわか家は子供が二人ですが、こんな感じです↓)。

靴で玄関がゴチャゴチャ

下駄箱に靴をしまおうと思っても、子供の靴で埋まっていたり、他のケースとしては、友だちを気軽に呼べないという環境を作りだしてしまうかもしれません。

玄関は別にしておけば良かったと後になって後悔するかもしれませんので、玄関の共有についてはよく考える必要があります。

玄関を共有にすることが全てダメということではありませんが、その場合、出入りに関しては干渉しないなど、ルールを決めておくといいでしょう。

リビングは共有した方がいいの?

次に多い事例としては、リビングの共有化についてとなります。

リビングを共有化することで、親世帯・子世帯がコミュニケーションを取れることはメリットがある反面、いつも親と顔を突き合わせることになるため、気疲れやプライバシーの問題もでてくるでしょう。

ちょっと気を抜きたい時や、親の手前、寝転んでテレビを観ることも難しく、玄関と同様に気軽に友人を呼びにくくなってしまいます。

また、家族だけでコミュニケーションを持ちたいと思うものの、そのような機会も断念しなければならないことになるかもしれません。

二世帯住宅にしたものの共有部分が多くなってしまうと、その分、親世帯と子世帯の境界線が曖昧になってしまいがちになります。

リビングを共有化することは、家族はいつでも一緒という本来の姿ではありますが、どのようにすれば個人のプライバシー、家族のプライバシーが守られるのかを考える必要があります。

キッチンは共有した方がいいの?

次はキッチンの共有化についてですが、一般的には嫁とお義母さんの使用頻度が高くなることでしょうか。

キッチンは毎日使用する場所になるため、使い勝手を重視した作りにすると思いますが、嫁のことだけを考えた作りにしてしまうと、お義母さんの方が使いづらくなってしまったというケースも多くあります。

別のケースでは、冷蔵庫を共有することで、自分のために買ってきたものが食べられてしまうことも起きるかもしれませんし、買い物をしてきても、たまたまお義母さんも買い物をしてきていて、冷蔵庫が満杯で入らないという事態も起きてしまうかもしれません。

この場合の対策としては、家族も多いことですし、余裕があれば2台用意して、冷蔵庫の使用ルールを決めたり、使い分けをした方がいいかもしれません。

キッチンは家の中ではある意味心臓部のため、よく利用している人を軸に、広さや高さなども話し合って決めましょう。

お風呂は共有した方がいいの?

今度はお風呂の共有についてですが、人数が多ければ多いほど、好きな時間に入ることができなくなってしまいます。

さらに脱衣所と洗面所が兼用ともなれば、誰かがお風呂に入っている時には誰も入ることができません。

親世帯と子世帯の生活ライフスタイルは異なりますので、お風呂の入浴時間に関してもずいぶんと違うのではないでしょうか。

何気ないお風呂のことだけで毎日時間を気にしてしまうようでは、これから先の長い共同生活でストレスも溜まってしまいますので、お風呂を共有化にしたい場合、このようなことが起こりうることしっかり理解しておくことが必要です。

対策案としては、お風呂とは別にシャワールームだけを作ることだけでも解決するかもしれないですね。

お金と食事の問題を考える

二世帯住宅での最大のメリットは総合的に経済面で楽になることですが、その反面、お金に関するトラブルが多くあります。

例えば、光熱費を折半にするといった場合、仮に共働きをしている夫婦であれば少々不満が出てきてしまうかもしれません。

しかし、そのような夫婦も、自分たちが仕事をしている間、小さな子供さんを親に任せることができます。

食費についても同様ですが、誰がいつどれくらい食べるかなどはチェックがしづらいため、折半することがなかなか難しく、誰が朝食や夜食を作るかについても話し合っておく必要があります。

日々の生活の中で、いつどのようなシーンで不満が溜まり爆発するかわかりませんが、その代わり親にはこれをお願いしよう、自分たちはこれをしようという役割分担をしてみてはどうでしょうか。

そもそも一緒に生活することを考えると、光熱費などの折半という概念すらあってはならないのかもしれませんが、具体的な毎月の支出額をチェックして、親世帯に少し甘えてみては?(笑)

二世帯住宅は適度な距離間が重要

二世帯住宅で問題が起こりうるケースを4つほど挙げましたが、それは物理的なもので、精神的なものではありません。

家族間でもあるように二世帯ともなると、コミュニケーションとプライバシーのバランスがより重要となります。

建てる前によく話し合い、どのタイプが自分たちの生活スタイルに合っているのか、時には依頼する業者に平等なアドバイスをもらうのもいいでしょう。

妥協や遠慮はせず、このタイミングで言いたいことを言わなければ、後で後悔してしまうことになります。

とはいえ、実際にはパートナーの親に対して、何かと遠慮しなければならないことも出てくると思いますが、事前にメリットとデメリットを洗い出し、デメリットの部分を解決しておくことが成功の秘訣です。

プライベートの問題は、個別の部屋をそれぞれ持つことができれば解決しますが、では部屋をいくつ用意すればいいんだ?ってなりますよね。

家族分の部屋を作ることは現実的に難しいと思うので、プライベート空間を一つだけでも用意してみるというのはどうでしょうか。

マイホームを検討している方は必見!

マイホームを検討している方は必見

家を建てるということは、人生において一番高い買い物だと思います。

それだけに、家づくりは失敗したくないという不安や悩みがあるのではないでしょうか。

例えば、

  • 家を建てても住宅ローンを支払っていけるか
  • 生活がしずらい間取りになってしまわないか
  • 希望の予算でこだわりの家を建てられるか
  • 立地のいい土地がなかなか見つからない

など、悩みや希望は尽きることがありません。

そしてなんといっても、「少しでも安く済ませたい」というのが本音ではないでしょうか?

ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、住宅業者はたくさん存在します。

その中から『自分たちが思い描く理想のマイホームづくり』をどこにお願いするのか、不安を解消し、少しでも安く良い業者を見つけるにはどうすればいいのかをお教えします。

住宅業者によって価格が異なる

まず、家を建てる前の流れとして、事前に頭に入れておきたいポイントが2つだけあります。

1つ目は、住宅業者によって価格の設定が異なるということです。

家の内訳を大まかに分けますと、

  • 間取り
  • 外壁と屋根
  • 内装とデザイン
  • 設備(トイレ、キッチン、お風呂、冷暖房など)
  • 収納設備
  • 住宅性能(耐震・免震、ZEH(ゼロエネルギー住宅)、断熱など)

このような内容がありますが、各項目の金額の差を一つずつ比較していくと、合計で数百万円もの価格差が出てきます

自分たちのプランに合った業者を選ぶ

家づくりにおいてとても重要なことが次の2つ目です。

住宅業者によって価格設定が違うため、自分たちのプランにマッチする業者選定が必要不可欠になります。

例えば、以下のように、自分たちの要望によって業者が変わってくることを念頭に入れておくことが大切です。

ハウスメーカー工務店設計事務所
コスト(安さ)重視 〇
住宅性能を重視   〇
内容やデザイン重視  〇
間取りプランを重視   〇
土地も探して欲しい   〇 〇

この項目だけではなく、それぞれの業者には得手不得手がいくつもあります。

どこの業者にお願いすべきなのか迷いますが、ここを間違えると後悔することになるので、慎重に検討する必要があります。

じゃあ、どこにお願いすればいいの?」ってことになりますよね?

実際に工務店とハウスメーカーの場合を例に挙げてみます。

工務店に依頼した場合

具体的なケースとしては、安さを重視するため、工務店にお願いするパターンが多くあります。

工務店の安さの秘密は、そこまで複雑でない間取りや、必要最小限にとどめた建材・設備などが要因として挙げられます。

つまり、オリジナリティー溢れる間取り設計や自分たちの要望を100%加味していくと、当初の予算よりも大幅にオーバーしてしまい、いきなりハイコストの家となってしまいます。

これでは、工務店にお願いする意味がなくなってしまいます。

もちろん、予算はあまり気にしないということであれば、ハウスメーカーよりも融通がきく工務店の選択はいいかもしれません。

ハウスメーカーに依頼した場合

その一方、ハウスメーカーに依頼した場合はどうでしょうか。

ハウスメーカーのいいところは、長年培ってきた実績とノウハウがあるため、様々なデータをもとに、新しい技術の導入や生活動線(間取り)などを研究しつくしています。

言い方を変えると、間取りをフルオーダーで設計・変更することはできませんが、自分たちの思い描く間取り(プラン)が必ずあるということです。

工務店と比べると建築実績数が桁違いに多いため、ハウスメーカーはどのような間取りが理想なのか、考え抜かれたプランを提供してくれます。

つまり、無駄がないため、追加で何かをプラスしたり変更する必要がなく、余計な出費がかさむことがないということです。

理想の住宅業者を探すにはどうするの?

例えば、ハウスメーカーといっても、大和ハウス、積水ハウス、住友林業、ヘーベルハウス、セキスイハイムといった、誰もが一度は聞いたことのある大手から、中堅クラスでも、住友不動産、クレバリーホーム、ミサワホーム、東急ホームズ、ヤマダホームズなど多く存在します。

また、地元に根付いた工務店ともなれば、ハウスメーカー以上に数が存在します。

そのため、各業者に個別で連絡して資料請求したり、自分たちの建てる家の要望を伝えるのはとても非効率なんです。

それが簡単な方法で、最適な業者を探すことができる方法があるんです。

その方法というのが、一度の問合せで複数の業者にアプローチできる「一括比較サービス」を利用することです。

自分たちがイメージしている間取りや土地探しまで、大よその予算を入力していくだけで、その内容に対応したハウスメーカーや工務店に一括で問合せすることができます。

夏や冬ですと展示場に行くことが億劫になりますし、特に営業マンにつかまってしまうと、何社も回ることができず、じっくり検討することもできません。

「一括比較サービス」であれば、一回の問合せだけで複数社の情報がまとめて入ってくるため効率がいいのです。

そして、その手に入れた情報というのは、最強の武器にもなります!

例えば、仮見積りのような情報を手に入れた場合、他社との比較ができるため、どこにお願いすれば安くすむか一瞬でわかります。

それに、どの業者も嫌う「相見積もり」というものがありますが、それに近い情報を手に入れることができるため、他の業者との交渉や、値引き・オプション追加などで有利に進めることができるのではないでしょうか。

無料の一括比較サービスを使ってみる

使い方はすごく簡単で、必要情報を入れるだけで、地元の工務店や大手のハウスメーカーに一括で依頼することができます。

  • 最適な間取りプラン
  • 効率のいい資金計画
  • 立地のいい土地探し

これらが無料で、しかもたったの3分程度で比較が可能です。

また、自分たちが希望とする内容を要望欄に詳しく記載することで、以下のような間取りの提案が貰えたりもします。

タウンライフ家づくりで貰えた間取り

今まさに家を建てたい方、まだ情報収集の段階でじっくり検討したいという方でも、無料で利用することができます

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、数百万円もの差が出ることもあるので驚くと思います。

各ハウスメーカーからの資料比較で、最もお得で価値ある提案を選ぶ!

これは家を購入するにおいて大切なことで、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することが重要ということです。

≫≫≫毎月5,000人が利用する一括サービスを試してみる