家を建てる坪単価

大手ハウスメーカー6社の坪単価を比較

投稿日:

大手ハウスメーカー6社の坪単価を比較

家を建てる際に一番気になるのは価格だと思います。

価格といっても注文住宅の場合であれば、建物本体の価格と土地の価格、その他もろもろの諸経費などを加算した総額で考える必要があります。

住宅本体の価格は見積もりの段階で工夫すれば予算を抑えることができますが、土地そのものの割引はないと考えておいた方が無難です。

そうならないため、まずは事前に各ハウスメーカーの坪単価の相場を把握しておきましょう。

タマホームの坪単価

テレビCMでもお馴染みのタマホームの坪単価は、40万円~50万円が相場といわれています。

ローコストハウスとして展開していましたが、最近はそのイメージが薄れつつあります。

ひと昔前であれば坪単価が25.8万円ともいわれていましたが(この金額にするための仕組みがありましたが)、現在はこの金額では建てられません。

ローコストハウスのイメージを持っている人にとっては少々高いと思うかもしれませんが、それでも他のハウスメーカーと比較しても、比較的安い金額設定になっています。

大和ハウスの坪単価

住宅業界でトップになってからも勢いは止まらず、伸び続けているメーカーです。

大和ハウスの坪単価は55万円~65万円が相場となっていますが、この価格は規格住宅としてのプレハブ住宅に限ります。

規格住宅を多く半面、間取りなどは変更ができませんが、例えば、注文住宅ということであれば坪単価は70万円~80万円ほどまで上がるようです。

住友不動産の坪単価

価格の幅が少々ありますが、比較的安価で、耐震性や外観のデザインにこだわっているメーカーという印象があります。

住友不動産の坪単価は商品によって異なりますが、40万円~60万円が相場だそうです。

商品のひとつである「Jアーバンシリーズ」だと50万円~65万円でしょうか。

積水ハウスの坪単価

積水ハウスの坪単価は50万円~80万円が相場で、他のハウスメーカーに比べると価格帯の降り幅が大きいです。

大手ハウスメーカーということもあり、宣伝費などの価格が坪単価に上乗せされている部分もありますが、販売実績が多く安心して任せられます。

トヨタホームの坪単価

トヨタホームの坪単価は工法によって変わります。

ユニット工法は60万円~65万円、鉄骨軸組工法だと65万円~70万円が相場となります。

ちなみにユニット工法とは、工場でほとんど完成させたものを運んでくる工法で、鉄骨軸組工法は実際の家をその場で建てる工法です。

パナソニックホームズの坪単価

パナソニックホームズの坪単価は70万円~80万円ほどで、ハウスメーカーの中でも少し高めとなっているようです。

また、パナソニックグループということもあり、住宅設備はパナソニック製品を勧められることが多いようです。

6社の大手ハウスメーカーの坪単価は以上となりますが、坪単価は建てる地域よって変化し、設備をグレードアップしたりするとそれだけお金がかかります。

もちろん決算時期によっては値引きもありますが、購入時期のリアルな価格を知るためには、複数のハウスメーカーに一括で問い合わせることができるサイトを利用するのが便利です。

大手ハウスメーカーの坪単価まとめ

上記6社のハウスメーカーを一覧にまとめてみましたので、ご参考まで。

坪単価

概要

タマホーム

40万円~50万円

テレビCMでもよく見かける木造住宅を扱う会社。福岡、大阪、東京都と本社を移し全国展開をしている。

大和ハウス

55万円~80万円

大阪と東京に本社を置く住宅の総合メーカー。工業住宅ではパイオニア的な存在で、住宅・建設業界では最大手である。

積水ハウス

50万円~80万円大阪に本社を置く住宅メーカー。数多くの住宅を手掛けており、3階、4階建ての住宅も得意としている。

住友不動産

40万円~65万円

東京の新宿に本社を置く住友グループの不動産会社。個人の住宅も扱いつつ、主にオフィスビルの建設を得意としている。

トヨタホーム

60万円~70万円

株主は世界のトヨタ自動車で自動車で培った技術を活用したユニット工法と鉄骨軸組工法を得意としている。

パナソニックホームズ

70万円~80万円

家電メーカーであるパナソニックグループの住宅メーカー。住宅には自社製品の家電製品が標準装備されている。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家を建てる坪単価

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.