家を建てる価格費用

3,000万円台ではどんな家が建てられるのか

投稿日:

3,000万円台ではどんな家が建てられるのか

家を建てる計画において、皆さんは何を重視されるでしょうか?

あれもこれも考えてしまい、それら全てを実現させようとすると限度がありますが、その中でも特に、一つの壁にあたるのが住宅価格でしょう。

今回は、この住宅住宅における価格について解説してみたいと思います。

住宅計画はどこから考えるか?

家を建てる際、例えば注文住宅の場合であれば一から家を作り上げていくことですが、それには、多くの時間と心身ともに影響する大きなエネルギー、多くの打合せ、そして大きなお金がかかります。

人生の中でも1度、あっても2度の大作業となるため、失敗したくないと思うのが当然です。

その失敗しない計画を実現するためには、住宅価格(予算)をある程度の目安を決めて進めることです。

ここでは、3,000万円台を目安に話を進めていきたいと思います。

3,000万円台といっても幅がありますが、日本における平均的な概算ですと、土地付き注文住宅価格は4,000万円ほどでになります。※公益財団法人・生命保険文化センター調べ

土地付きということで、住宅本体の価格がいくらかは定かではありませんが、3,000万円台はひとつの目安になる数字ですね。

3,000万円と聞くと、「少し高いかなぁ」という印象もありますが、目安にし易い価格帯となるため、ここをスタートにしましょう。

その前に、ご自身たちの希望する大よその坪数は、ハウスメーカーや工務店などで用意されている企画型プラン集などで、目途を立てておいた方が良いと思います。

住宅価格に含まれるものは何?

今一度整理しておきたいことは、住宅価格はどこまでを含んでの価格なのかです。

家を建てるうえでは、大きく分けて2つの費用を用意する必要がありますが、それは、住宅価格と住宅を建てるうえでかかってくる諸費用です。

まず、住宅価格に含まれるものを、以下に箇条書きでリスト化します。

  • 坪数×坪単価
  • 住宅外設備工事(前面道路下に埋設されている上下水道から土地内への引込工事)
  • 住宅外設備工事(前面道路公設電線からの住宅への引込電気工事)
  • 地盤調査による地盤改良にかかる費用(地盤が弱ければ杭工事や地盤改良が必要)
  • 住宅内設備工事(土地内に引込んだ上下水道から住宅内への水回り引込工事)
  • 住宅内設備工事(住宅内の電気配線工事)
  • 坪単価に含まれない設備機器(例:エコキュート、オール電化仕様、太陽光発電等)
  • 坪単価に含まれない仕上げの仕様のグレードアップ費用(キッチンやフローリング等)
  • 照明器具

ざっと挙げてみましたが、いかがでしょうか?

その他にも、住宅の建物本体以外にかかるものがありますが、まずは、ここを抑えておかないと、後で大幅に予算オーバーになってしまいます。

そこで、この9項目の中で、住宅の坪数を決める前に理解しておく必要のある項目について解説します。

3,000万円台の予算から予め差引しておくものは何?

公道から住宅へ引込む設備工事

項目でいえば、住宅外設備工事の2つが該当します。

これはあえて2つに分けましたが、それには理由があり、電気と水回りの2つの異なる設備工事になるからです。

生活する上では電気が必要ですし、水道と下水道も当然必要になります。

この2つの設備工事は、公道に埋設されている上下水道管から土地に対して配置される住宅までの距離によって費用が変わります。

電気設備も同じですが、概算でいいので、業者選定の際にはしっかり項目が入っているかどうかを確認しましょう。

地盤調査による地盤改良工事費用

目に見えない部分の工事ですが、住宅を建てるその土地の地盤の状況を予め調査します。

これはどの業者も必ず行うもので、住宅のお引渡し後の保証対象にも関わってきますので、ここもしっかり事前に抑えたい項目です。

地盤調査の結果、改良の必要がない場合、もちろん費用は発生しませんが、改良の必要ありともなれば、確実に行わなければいけません。

地盤改良工事には大きく3つあり、ここではそれぞれの工事内容は割愛しますが、どういう工事なのかは業者に詳細説明を求めてみてください。

地下の堅い層(岩盤など)がある場合、堅い層まで杭を打込む工事、地下に堅い層がなく軟弱な層しかない場合、摩擦杭工事、ある程度の深さまでの地盤改良工事など、これらの地盤改良工事は、別途必要な経費となります。

見落としがちな必要費用、それは消費税!

あらかじめ必要な工事費用が見えてきた時、例えばそれが、300万円、500万円といった感じになりますが、土地の形状や地質によって変わるため、しっかりご自身の住宅を建てる土地のことを把握しましょう。

例として、工事費用を予算の3,000万円台から差し引いてみたいと思います。

そこで算出された価格が、実際の住宅にかけられる予算ということになります。

例:予算3,300万円、設備工事150万円、地盤改良100万円の場合

3,300万円―150万円―100万円=3,050万円

計算するまでもないですが、住宅本体にかけられる価格が3,050万円となりますが、そう思いますよね?

ところが、ここでもう1つ忘れてはいけないことがあります。

それは、消費税の10%分です。

意外に考慮されていない部分ですが、住宅の場合は価格が高い分、10%の消費税は大きく予算に影響されます。

3,050万円が内税となりますので、

3,050万円÷1.1=2,772万円(端数は切り捨て)

この2,772万円が住宅にかけられる予算になりますので、設備工事、地盤改良工事、消費税がいかに大きいかがわかりますね。

どんな住宅にするか明確にし、優先順位をつける

前述のように事例を持って解説を進めますが、自分たちにかけられる予算は、2,772万円ということがわかりました。

この予算にたどり着くまでは並行して業者の絞り込みや間取りの検討を進めていることになると思いますが、より明確な目標が見えているはずですので、方向性としては正しい計画に向かっています。

あとは、2,772万円の内容を十分に検討していくことになりますが、そこで大切なのは、

自分たちのこだわりと譲れない明確なコンセプトと優先順位をつけることです。

これなくしては、満足のいく家づくりはできません。

  • 自然素材仕様にしたい(珪藻土、無垢材仕様など)
  • キッチンはこだわりたい
  • 最先端のエネルギーゼロ(ZEHなど)住宅にしたい
  • オール電化にしたい
  • アットホームな間取りにしたい
  • プライベートな書斎が欲しい

自分たちの要望を挙げればきりがありませんが、なかなか希望通りに全てを取り込むことができないことがあるため、それが本当に必要なのかをよく検討し、優先順位をつけていくことが大切です。

「100%は求めないが80%」なら上出来というくらいの心持ちが良いと思います。

最後にひとつ冒頭でも少し触れましたが、自分たちが求める住宅の広さはある程度メドを立てておいた方が良いということでしたが、仮に38坪程度の広さならば、

2,772万円÷38坪=72万9,000円/坪

という坪当たりの計算がたちます。

つまり、1坪当たり73万円近い内容の仕様を考えて自分色の住宅を検討できるのです。

まとめ

家を建てるということは、いろいろなオプションを付けたりして予算をオーバーしてしまいがちですが、3,000万円台で家を建てる場合の内容であれば、どのように考えて進めていけばいいか、少しでも参考になったのではないでしょうか。

それと、住宅に必要な諸経費用として、建物の登記費用や銀行融資に必要な諸経費なども必要になることは忘れないで下さい。

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家を建てる価格費用

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.