セキスイハイムで家を建てる価格

セキスイハイムで家を建てる価格

セキスイハイムで家を建てる場合の価格はどれくらいするのでしょうか。

大手ハウスメーカーですから価格はそれなりにかかるとは思いますが、坪単価である程度計算することができます。

セキスイハイムの価格

セキスイハイムの坪単価は、65万円~78万円が相場です。

もちろん、商品によっては価格の上下はありますが、木質系のグランツーユーホームは同様の価格帯で、ハウスメーカーの中では比較的高めの価格設定にあたるでしょうか。

仮に40坪程度の土地に家を建てる場合ですと、単純計算で3,000万円程度の価格ということになり、決して安い価格とはいえません。

しかし、その価格に充分に値した、納得のいく家が出来上がることは間違いありません。

少しでも安く家を建てたい場合、重要になってくるのが値引きですが、セキスイハイムでは大体が3%~5%程度の値引きが相場だといわれています。

決算などの時期を狙ったり、値引きキャンペーンなどを利用してみたり、他社と比較して交渉した場合など、10%以上の値引きに成功したという人もいるようです。

セキスイハイムの注文住宅

注文住宅を建てる場合、あれこれ思考しながら間取りを決めていくことが一番楽しいのですが、セキスイハイムの注文住宅は、そのような点においてあまり自由度がないといった見方があるようです。

セキスイハイムは自社工場で基礎となる家の8割をユニット単位で建てることから、品質に差の出やすい工務店などとは異なり、仕上がりに大きな差やブレもなく、精度の高い住宅を短い期間で建てることが可能です。

建材や設備などの変更をしたい場合は事前に交渉が必要となり、注文住宅最大のポイントとなる自由度の観点からすると飛びぬけてよい訳ではないようです。

口コミでの書き込みを見ると、設計図に面白味が感じられない、真四角のようでつまらないといったマイナスの意見がありましたが、機能性を重視する人にとっては相性が良いく何よりも安心を求めるのであれば最良のハウスメーカーです。

セキスイハイムで満足のいく家を建てるには、何よりも交渉が重要で、どのような家を建てたいかを営業担当に具体的に伝え、しっかりとした打ち合わせを行って納得したうえで後悔のない家づくりをしましょう。

セキスイハイムの間取り

セキスイハイムの商品はたくさんあるので全て紹介はできませんが、間取りには収納スペースを設けたプランや介護のことも考えたプランがあります。

鉄骨系住宅「パルフェ」は、玄関まわりが優れており、こどものスポーツ用品や小物を収納できる大型の納戸を設置可能です。

水周りは1ヶ所に集約し洗面所やお風呂を階段近くに設けることで、家族にも気兼ねなく利用できる設計になります。

鉄骨系住宅の「デシオ(3階建て)」は、親世帯が一緒に生活する一階には、来たる介護や車椅子での生活も考え廊下を大きく広めに作ることができます。

また、二世帯生活でストレスの要因になりがちな洗濯スペースなど、親世帯と子世帯がそれぞれ別で置けるスペースができ、それぞれのプライベート空間を残しつつ、二階には共有のコミュニケーションスペースを確保できます。

間取りにはいくつかの重要なポイントがありますが、セキスイハイムの方式ホームページによると、以下のような記載がありました。

「要望には目的を書き添えること」

一見不可能でも要望は他の形で叶えられる可能性があります。

「できるだけ写真を」

言葉だけでは伝わらないことがあり、形容詞のみだと持っているイメージが人によって異なるので齟齬が生まれやすくなってしまいます。

「間取りに動きを」
生活を思い浮かべながら室内の動き、すなわち動線を書きましょう。

「目線も書き込む」
窓がどちらを向いているか、どう見えるかといったことにも注目しましょう。

セキスイハイムの特徴

冒頭にも少し触れましたが、セキスイハイムは住宅構造の組み立てを自社工場で終えてしまいます。

安心した場所で作業ができるので、部材に狂いが生じないことや工期短縮や素材に雨が降りかからず作業ができ、高品質を保つことができます。

また、部材をコンピューターで一括管理していることも特徴で、コンピューターで管理することによって人的ミスを未然に防ぐことが可能です。

耐震性などは耐震等級3を実現していて、東日本大震災の時にネットで倒れない家として拡散された映像を思い出した方もいるのではないでしょうか。

多くの家が跡形もなく崩落したなか、セキスイハイムの家だけが原型を留めた形で残っていたあの画像です。

環境面についても、セキスイハイムはエコについて考慮していて、大容量の太陽光発電ソーラーや、リチウムイオン蓄電器などを付けることで光熱費削減のシステムを導入し、光熱費を抑える未来志向の家を提供しています。

断熱性能については高断熱住宅としてかなり高いレベルで、基礎断熱は熱損失のしにくいL字断熱を使用し、床下から熱を逃さずに室内の温度を維持しています。

またアルミ樹脂複合サッシは窓からの熱損失も少なく、大手ハウスメーカーならではの高気密な家を作れることも特徴です。

家という高い一生ものの商品を手にするためには、可能な限り依頼する住宅会社や候補となる住宅の構造、それに使用される部材など、事前にあらゆる情報を入手して検討することが必要です。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する