セキスイハイムの坪単価相場

このページでは、セキスイハイムの坪単価相場について説明したいと思います。

家を建てることの悩みどこは価格だと思いますが、家というものは予想もしないところで費用がかかることがあるため、慎重に検討していきたいところです。

さて、セキスイハイムで家を建てたい人は、坪単価がどれくらいなのかを事前に把握しておく必要があります。

セキスイハイムには多くの商品があり、それぞれの坪単価の相場が異なるので見ていきましょう。

セキスイハイムの坪単価

セキスイハイムの坪単価は65万円~75万円で、商品ごとの坪単価は「鉄骨系2階建て」が65万円~80万円、「鉄骨系3階建て」が70万円~85万円、「ツーバイシックス」が70万円~80万円、「ツーバイフォー」が65万円~75万円となっています。

この相場が高いか安いかは人それぞれですが、一般的にセキスイハイムはハウスメーカーの中では高い方だといえます。

大手は品質の高いものを至る所に使用していて、人件費や広告費などで上乗せされてしまい、どうしても価格が高い傾向にあります。

そして、気になるセキスイハイムの値引きについて調べてみると、値引きが一切なかったという口コミもあれば、10%以上も値引きしてもらえたという情報もありました。

基本的にハウスメーカーでは、3%~5%程度の値引きが相場だといわれていますので、10%ともなると破格的な値引き率です。

キャンペーン中などは200万円以上の高額な値引きや、10%以上の値引き額が可能になることもあるようで、とくに決算時期は値引きのタイミング的に一番いいようです。

セキスイハイムの評価

セキスイハイムといえば、「あったかハイムが待っている~♪」の歌を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

阿部寛さんがテレビCMで演じる「ハイムさん」で有名なセキスイハイムは、積水化学工業が運営するハウスブランドです。

セキスイハイムは環境に優しい近代的なエコ住宅が好調で、設備の良さ、快適度の高さ、仕上がりの安定感が高く評価されています。

大手メーカーの安心と安定感があり、北海道など、雪の降る住宅といったような地域別の気候に合わせた住宅建設にも定評があります。

自社工場で8割の部材を作っておき、ユニットを組み立てるといった形で家を建てるため、品質に差が出てしまいやすい工務店任せのメーカーと違い、仕上がりなどにブレがなく、質の高い住宅を短い期間で建てることができます。

実際の現場では組み立て作業なので、部材が雨風に晒されている時間も少なく、高品質が保たれるという高い評価もあります。

その反面、ユニット構造で組み立てていて、設計の自由度が低くなってしまうという点があるため、建材や設備などの変更をしたい時は事前に交渉が必要となります。

セキスイハイムに依頼する前に、その会社がどのような評判なのかを知ることは、不安要因を取り除くためにも必要です。

いくつか実例を挙げますので参考にしてみてください。

値段は少し高いが、その分不安要素がない

注文住宅だったため、確認することが多く契約までは大変だったが、何かあるとすぐに相談にのってくれて不安がなかった。

また、当初から希望していた間取りも実現でき、質の良いオプション製品には満足している。

快適で合理的な家

無駄が無く快適で合理的な家にしたため、あまり面白味はないが、深夜や早朝に帰宅してもウォームエアリー(床下に蓄熱暖房機を置いたようなもので、深夜に熱を貯めておく)のおかげで、冬でも家が暖かくて嬉しい。

外見が綺麗のまま

近所の家も同じくらいの時期に建てもう2年半経ちますが、その家は壁が汚れてきているのに、自分の家のタイルはまだきれいのまま。

当時、使われるタイルの質は調べませんでしたが、オリジナルの製品で「磁器タイル外壁」とのこと。

親水性で雨が外壁に着くと、タイル表面に薄い水の膜を作りだし、付着した汚れが自然に流れて行くみたいです。

上限予算に合わせた見積もり

希望のトータル予算を3,800万円と伝えていたためか、担当者がいろいろなパターンで提示してきた見積もりは、イメージしていた要望と近いものだった。

それとは別に、オプション追加が盛りだくさんの見積もりも提案としてもらいましたが、とても手が出せませんでした。

セキスイハイムの住宅性能

セキスイハイムは、自社工場でほとんどの部材を作り終えているため、実際の工期短縮や素材に雨が降りかからず作業ができ、高品質を保ったまま完成を迎えます。

その部材はコンピューターで一括管理しており、コンピューターで管理することで人的ミスを未然に防いでくれています。

また、耐震性にも優れており、耐震等級3を実現しています。

東日本大震災の時に、ネットやテレビニューズで拡散された画像を見た人もいるのではないでしょうか。

多くの家が跡形もなく崩落した中、セキスイハイムの家だけが原型を留めた形で残っていたという映像です。

環境面においてもエコに力を入れていて、大容量の太陽光発電ソーラーや、リチウムイオン蓄電器などを付けることが可能で、光熱費削減のシステムを導入し、光熱費を抑える近代的な家を提供しています。

断熱性能については高断熱住宅としてはかなり高く、基礎断熱は熱損失のしにくいL字断熱を使用し、床下から熱を逃さずに室内の温度を維持しています。

アルミ樹脂複合サッシは窓からの熱損失が少なく、大手ならではの高気密な家を実現しています。

どのような家にでも共通して言えることですが、自分の建てる住宅の構造や必要な部材、作業工程に関することなど、ある程度の予備知識を入れておくことをお勧めします。

セキスイハイムのキャンペーン

セキスイハイムは、全国各地でさまざまなキャンペーンやイベントを開催しているので、希望とするマイホームの目的に合わせて、見たい、聞きたい、体験したいを見つけてみてください。

参考:セキスイハイムのキャンペーン・イベント

まとめ

最後に、冒頭でも触れましたが、セキスイハイムの坪単価相場は少し高めとなっていますが、とても人気のあるハウスメーカーです。

じつは、住宅メーカーは月ごとに受け入れ可能な(受注)件数があるため、例えば、問い合わせが多くなればなるほど「待ち状態」になる可能性が高いのです。

もっと分かりやすく説明しますと、地域密着型の工務店で例えますと、月に2~3件の受注が入ってしまうと、とてもさばき切れるものではありません。

つまり、人気のあるハウスメーカーで家を建てるということは、早い者勝ちといっていいでしょう。

以下でご紹介する一括比較サービスですが、セキスイハイム及び複数のハウスメーカーと提携しています。

私自身、実際に定期的に確認しているのですが、セキスイハイムが表示されている期間がとても短いと感じます。※人気のハウスメーカーということもあり、月の序盤で規定に達し、非掲載になっているのかもしれません。

もしセキスイハイムが掲載されていなくても諦めず、他のハウスメーカーと比較するため他社情報を収集してみてください。

今はネットの時代!住宅展示場へ行くのは時代遅れ

タウンライフ家づくり

せっかくの休みの日、疲れた体にムチ打ってまで住宅展示場へ足を運ぶのは効率が悪いです。

今は昔と違い、スマホで気軽に情報収集することができるようになりました。

そうなるともはや、丸一日かけて住宅展示場に行く必要もありません。

では、それに代わるものとして何があるのか?

それは「タウンライフ家づくり」という、誰もが無料で利用できるネットサービスです。

例えば、何ができるのかというと、

① 自宅に居ながら各住宅会社の情報収集が一度でできる

② 自分たちにピッタリの間取りを無料で作成してもらえる

③ 各社の住宅商品やプラン内容・価格相場が比較できる

④ 営業担当と顔を合わせないため、売り込みが回避できる

⑤ 一括申し込みができるため、依頼時間の短縮ができる

複数のハウスメーカーや工務店のカタログを取り寄せ、理想の家をイメージするのも良し、希望の間取り図や資金計画書が無料で手に入ります。

提携ハウスメーカー一覧

タウンライフ家づくりは、複数の大手ハウスメーカーと提携しています。

また、同じようなサービスがいくつか存在しますが、以下の一覧を比較してみてください。

他社サービス比較表

一目瞭然、これだけのサービスが受けられるのはタウンライフ家づくりだけです。

マイホームを持つということは、人生の中でもっとも高い買い物であり失敗は許されません。

これから家づくりを検討し始めようとしている方、今まさに情報収集をしている方は利用してみて損はないと思います。

▼タウンライフ家づくり公式▼

タウンライフ家づくり公式