家を建てる流れ

狭小住宅を建てる後悔しないための注意点とは

投稿日:

狭小住宅を建てる後悔しないための注意点とは

土地が狭い場合や土地の形状が変形(四角い状態ではなく三角形や台形など)していることで思うような間取りができない、そういった悩みを抱えながら間取りを検討されている方も多いと思います。

今回はそういう悩みの中でも、狭小住宅を建てざるを得ない方のために、後悔しないための狭小住宅の注意点を解説したいと思います。

住宅会社を絞り込む前にすること

人に得意不得意、長所短所があるように、住宅会社においても各社それぞれに特徴があります。

ろくに検討もしない状態で、適当に決めた業者にお願いすると必ず後悔しますので、そうならないためにも、まずは、どのような種類の業者があるのかを把握しておきましょう。

大手ハウスメーカー

多くの施工実績があるため、さまざまな条件に対応できる設計・施工が可能です。

しかし、支店展開しているエリアによっては、得意とする施工とあまり施工事例のない所もあり、個別対応という点では、地場の工務店や設計事務所に比べて融通が利かない場合もあります。

地元の工務店

所在エリアでの施工実績では大手住宅メーカーに劣るもそれなりの実績があります。

ただし、その工務店の社長色が強い傾向にあり、職人肌らしく施主ペースというよりは工務店ペースで計画の工程が進められてしまう傾向もあります。

築設計事務所

設計施工が同一会社、設計と施工が別会社、スタンスは2パターンですが、ほとんどは建築設計事務所は施工会社と契約を締結してタッグを組んでいます。

設計士のオリジナルな発想や、固定観念に捕らわれない斬新なアイデアも多く提案されます。

ただ、独創的な設計に偏り過ぎて施工が追い付かないというケースもトラブルとなって表れていることもあります。

業者の規模やその業者の沿革、施工実績などには差がありますが、なんといっても自分たちの状況、要望をしっかり受け止めてくれる業者かどうかの見極めが必要です。

業者絞り込みには、コンペ制を活用する

ご自身で調べたりしたうえで、ある程度の建築知識や情報収集ができた後、業者の絞り込みをすることになるのですが、コンペという言葉聞いたことはありすか?

よく大型物件(商業施設や学校、別荘等)やマンション建築においては、コンペによって業者が決定されています。

コンペとは、施主と業者が直接商談や交渉をする前に、その間に入って両者の仲介をすることを言います。

いわゆるマッチングサービスになるのですが、コンペのマッチングサービスを業務としている会社があります。

マッチングサービス会社は、施主の思いや希望、考え方をヒアリングし、その施主の思いを実現化できそうな業者を選択し、実現可能かどうかを判断します。

そして、マッチングサービス会社が絞り込んだ業者(5~10社社程度)と1業者毎に、施主と商談する場を設け、初めて施主と業者が面会します。

このコンペのマッチングサービスを利用するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 第3者的目線で業者を選択してくれる
  • 仲介することで、施主の安心感がある
  • 登録している業者は大手から個人の設計事務所まで幅広い
  • 建築に経験豊富な人材が揃っているので、話がスムーズに進む
  • 施主が常に直接業者と商談する手間も省ける

またではその反面、以下のようなデメリットもあります。

  • 業者と直接商談ではないので、相談費用が建築価格の数%発生する
  • 施主のお気に入りの業者が選択されるかはわからない

デメリットの方が少ないですが、住宅建築の総費用において、やや負担増になる点だけは覚えておいた方がいいです。

また、マッチングサービス会社が業者の絞り込みをしたからといって、そのどれかに決める必要もありません。

ご自身の建築するエリアにそういうマッチングサービス会社がない場合もあると思いますが、そういう場合でも、インターネットで仲介してくれるタウンライフ家づくりのようなマッチングサービスサイトを利用するものひとつの手です。

当然ですが、ご自身が希望する業者を入れても構いませんし、そういう点は自由ですから、忌憚なく話をすることも必要です。

施工する前に信頼できる仲介パートナー選び、普通の家を建築するよりも大変ですが、このコンペ制を活用することをお勧めします。

コンペ制をお勧めする理由

狭小住宅というのは、通常の物件とは異なり、特殊物件の扱いになります。

大手のハウスメーカーや工務店では、ある程度の間取りのニーズに対応できる企画型プランという商品があります。

ハウスメーカーによっては100以上のプランがあり、平屋住宅、2世帯住宅、3階建て住宅など網羅されています。

ご自身の要望する間取りが最終的に数ある企画型プランの一つに収まるのであれば、通常よりも家を建てるコストが軽減され、価格も抑えることができるメリットがあります。

ところが、狭小住宅というのは、企画型プランには当てはまることがほとんどありません。

なぜなら、企画型プランを予め商品化するメリットが業者にはないからです。

そのため、狭小住宅は、注文住宅としての設計力が問われる住宅とも言え、自信のある業者が競い合うコンペ制をお勧めしました。

業者の絞り込み後の流れ

マッチングサービス会社が施主のマイホームへの思いや希望、考え方をヒアリングし、5~10社の業者に絞り込みしたという想定で解説したいと思います。

マッチング会社は、絞り込んだ業者がどこなのかを施主に伝え、初めて施主と業者の1社ずつの商談が始まります。

ここでは、施主が話をするというよりは、業者の方が会社説明や施工実績、一連の計画工程、アフターサービス、保証内容等々を説明する場となります。

業者はふるいに掛けられる訳ですから一生懸命で、次につながる商談になるために、施主にいろいろアピールしてきます。

マッチングサービス会社が絞り込んでくれた業者と一通りお見合いが終わった時点で、施主は3~5社くらいまで業者を選びます。

もちろん数の制限はありませんので全て選んでも問題ありませんが、マッチングサービス会社を活用するメリットがなくなってしまうため、頑張って絞り込みましょう。

狭小住宅は「設計力」で最初のプレゼンが鍵

業者の絞り込みをした後は、各業者に間取りの希望やどのような家を建てたいか、とくに妥協したくないことなどの優先順位を伝え、それを盛り込んだ初めてのプレゼンテーションが出てきます。

そこで、狭小住宅を建てる場合に重要ことは各業者の設計力です。

その設計力を見極めるポイントは何かを箇条書きで挙げていきます。

  • 設計士からの提案があるか?また、その提案が自分たちに大きなプラスになるか
  • 平面的空間だけではなく、立体的空間の活用を積極的にわかり易く説明してくれ、狭小ならではの生活導線が考えられている間取りになっているか
  • 打合せが「楽しい」と感じられるか

狭小住宅だからといっても、可能な限りご自身たちご家族の要望は整理しておき、設計士と打合せする中において、全て設計士の言いなりになることではいけません。

できること、できないことを明確にするためにも、ご自身たちの要望と設計士の提案は必ず擦り合わせすることが重要です。

妥協点はどこか、広さの確保は難しいけれど上下の空間(立体的空間)を上手に活用できているか、間取りの動線が上手く考えられているかがポイントでしょうか。

まとめ

狭小住宅は、施主も業者にとっても難しい特殊物件であり、失敗しない業者選定としてはコンペ制の活用と設計力が重要ということを中心に解説してきました。

ここを通過できると、あとは最終決定した間取りや仕様が形になるまでがスムーズに進むと思います。

ただし、忘れてはいけないことは、業者が決まったからといって任せっきりにするのではなく、施工現場にはできるだけ足を運ぶことです。

施工段階でしかわからないことや、変更箇所が出てくることもよくあるため、家が完成するまでは、自分たちも一緒になって建てているという意識を忘れてはいけません。

一括サービスで住宅会社を比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが無料で手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、話題のZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

提携ハウスメーカー一覧

ネットで気軽に利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収集できることがメリットです。

たった一度(3分程度で登録が終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

以下の一覧を見て比較してみてください。

タウンライフ家づくりライフルホームズSUUMO(スーモ)
資料請求  〇  ◎  〇
間取作成  ◎  ×  ×
資金計画  ◎  ×  ×
土地探し  ◎  ×  ×

他にも同じようなサービスが存在しますが、これだけのサービスが受けられるのはタウンライフ家づくりだけです。

タウンライフ家づくりが優れていることまとめ

  • 自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる
  • エリアを選択し、住宅会社を検索することができる
  • 複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる
  • しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む
  • 一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

▼完全無料で一括比較▼

タウンライフ家づくり公式

▼タウンライフ家づくりを解説▼

タウンライフ家づくりを解説

-家を建てる流れ

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.