住友不動産の坪単価相場

住友不動産の坪単価相場

このページでは住友不動産の坪単価相場について説明したいと思います。

住友不動産で家を建てたい人が気になるのは、なんといっても坪単価ではないでしょうか。

住友不動産の坪単価は40万円~60万円で、少し相場の開きはありますが、比較的ローコストの価格帯となっています。

他のハウスメーカーには坪単価が80万円~円90万円のところもあり、家を建てる人の平均坪単価は大よそ70万円ともいわれていますので、タマホームと同様、もともとローコストメーカーとして発足しただけあって、他のホームメーカーと比べると安めといえます。

安く家を建てたいのであれば、例えば、四角い総2階の家にすることでシンプルにし、材料費をカットして無駄な資材を使わないことです。

同じように、L字型の家でも資材の無駄が出にくいため、オプションを付けすぎなければ、コストを抑えることができます。

しかし、安さばかりに気を取られていては理想の家を建てることはできません。

家は多くの人にとって一生に一度の買い物であり、とくに注文住宅であれば、自分のこだわりを形にし、好みの満足できる家を建てられます。

せっかくなら、自分が作りたいものやこだわりを我慢せずに、いったん全てを盛り込んで見積もりを取ってみることが重要です。

高いと思っていたハウスメーカーでも、自分の要望とそのメーカー独自の商品などの相性が良ければ、安く建てられるケースもあります。

そのためには、複数のハウスメーカーから見積もりを取ってみて、さまざまな視点から比較・検討することが必要です。

住友不動産の住宅価格

冒頭でも触れましたが、住友不動産の坪単価は40万円台~60万円台が相場となっています。

坪単価とは、家を建てるときの1坪当たりの建築費だと皆さん知っていると思いますが、[坪単価]×[面積]で出た値が[住宅価格]ということになります。

坪単価は、住宅価格として一番わかりやすい目安になるためよく使われますが、注意すべき点が2つあります。

面積が指すもの

面積とありますが、ベランダや地下室、玄関ポーチなどを含む施工床面積なのか、これら全てを含まない延べ床面積なのかによって値段は大きく変わります。

どちらで計算しなければいけないという明確な指針がないため、ハウスメーカー、さらには、営業店ごとに異なった計算をしている場合があるため、見極めることが大切です。

値段の他に諸経費が掛かる

坪単価を計算するときに使う価格は本体価格のことであることが多く、地域や敷地の条件によって、別途工事費や水道を通すための工事費用などは含まれないケースもあるため、坪単価だけで考えるのは危険です。

住友不動産の家

住友不動産と聞くと、分譲マンションや賃貸を行う会社というイメージが強いかもしれませんが、家を建てた人からは非常に高い評価を受けています。

住友不動産の構造

住友不動産は木造住宅を専門として行っています。

木は昔から住宅に使われており、日本の風土に適しているといわれています。

2×4(ツーバイフォー)や2×6(ツーバイシックス)工法を採用していて、耐震性を強化しているため、地震が多い日本を考えた住宅構造を実現しています。

住友不動産の商品ラインナップ

J・アーバンは2003年のグッドデザイン賞を受賞して以来、シリーズ4種で同賞を得ている住友不動産の定番商品です。

近代的でスタイリッシュな外観と機能的な内装となっており、各商品それぞれに特徴がありますが、共通していえるのは大きな窓を設置した大空間を実現していることです。

これは長い間、ビルやホテルの建設をしてきた住友建設だからこその技術力といえるでしょう。

邸宅型住宅シリーズ

世界各国の伝統的な外観スタイルを表現した住宅シリーズで、アルプスを思わせる自然豊かなかわいらしい住宅から、ドイツのシックな住宅まで幅広い国々をモチーフとした住宅ラインナップとなっています。

主にヨーロッパとアメリカの住宅が多いのですが、日本の伝統的な住宅もこのシリーズに含まれます。

さらに、三階建て住宅のラインナップもあり、小さいころからあこがれていたような素敵な家を建てることができます。

住友不動産の口コミ情報

家を建てるうえで、建てた人の成功談や失敗談は貴重な情報源となります。

今回、住友不動産で成功した人の情報を集めてみました。

口コミ例1

土地契約をしてからハウスメーカーを選んでいる時に住友不動産に出会った。

迅速に対応してもらうことができ、ローンから図面の提案や見積もりまで、何回も提案していただいた。

こだわりを全部入れた家が建てられ満足している。

口コミ例2

東日本大震災の時に同じ地域では被害が大きかったが、我が家ではあまり揺れを感じず、物も一つも落ちず、まったく被害はなかった。

それなのに、海の近くだからと塩害や地盤の配慮をしてもらえて、きめ細かいサービスに感動した。

口コミ例3

営業が知識豊富で、どんな相談でも対応してくれたので頼りになった。

なんでも、住友不動産では「設計の経験がある人」が営業マンになれるという独自のシステムをとっているとか。

住友不動産の営業マンであれば、営業的な費用の面だけでなく、設計の面からもいろいろな話を聞けたのでスムーズに事が運んだ。

担当営業やアフターサービスについては、見かける投稿記事によって意見が分かれていましたが、対応の良い会社か、良い営業担当者かを見分けるためにも、たくさんのハウスメーカーにアプローチしてみることも大切です。

住友不動産のキャンペーン

住友不動産では、キャンペーンや見学会等のイベントを定期的に全国各地で開催しているので、情報を知りたければ探してみてください。

参考:住友不動産のキャンペーン・イベント

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

 公式リンク ↓

家づくり計画書を依頼する