タマホームの坪単価相場

タマホームの坪単価相場

タマホームは他のハウスメーカーに比べ安い価格設定にありますが、その価格に似合わず標準装備が充実しているハウスメーカーです。

タマホームでは人件費を極力抑えることに加え、標準に定めた仕様を設けて家ごとに共通した材料を大量に一括発注するなど、企業努力によってコストの削減を実現しています。

タマホームの坪単価相場

坪単価の相場ですが、タマホーム側の提示では一坪約25.8万円となっています。

しかし、残念ながらこの価格で家を建てることは難しいのが現状で、坪単価についての計算は総額を面積で割る方法と、建物価格を面積で割る方法とでかなりの差異があります。

ちなみに、タマホームの坪単価計算方法は後者で、建物価格を面積で割って坪単価を計算しています。

そのため、付帯工事費や施工管理、さらに保証にかかる部分は計算されていないため、実際の総額は高くなる計算になり、それらを踏まえると、実際は坪単価40万円~50万円くらいになります。

最終的に支払う総額から計算した坪単価と、建物価格自体から計算した坪単価があることは、これから家を購入するのであれば、知識として覚えていた方がいいかもしれません。

では、計算されなかった金額はどこに書いてあるのかというと、確認申請や図面作成費用、性能保証機構登録料、仮説費用、オール電化対策費用、諸検査費用などは分かれて計算され、別項目として表示されているはずです。

タマホームの坪単価

以前の記事でも述べましたが、タマホームの坪単価は25.8万円という低価格を前面に押し出した戦略をしていました。

そのイメージが残っているため、いまも稀に誤解をされる人がいるようですが、坪20万円台で家を建てることはできません。

冒頭でも触れましたが、現在のタマホームの坪単価は40万円~50万円が相場ですが、それでも大手ハウスメーカーと比べるとまだ相場としては安い方だといえます。

そうはいっても、オプションなどを付けていけばあっという間に料金が上がってしまい、必然的に坪単価も上がってしまうことになるので注意が必要です。

また、他のハウスメーカーでも共通していることですが、坪単価は一年の土地の価値変動によって変わりますので、あくまで相場は目安としてとどめておいてください。

そのタマホームですが、さらに値引き交渉で安くなるケースもあるようです。

その値引きのポイントはやはり他社との比較につきます。

家電製品や車の購入時と同様ですが、例えば「他のハウスメーカーにしようか迷っています」といったトーンで交渉を始める事です。

「他のハウスメーカーと比べている」「もう少し安くしてくれたら・・・」など、あくまで即決することなく、あたかも買う意思があるように思わせる演技が必要です。

さらに割引きが確実なのは、決算時期を狙うことです。

契約を早く取り、決算月に売り上げ見込みとしてねじ込みたいと考えてているので、根気よく粘ってみることをお薦めします。

また、具体的な時期は決まっていませんが、各ハウスメーカーともに値引きキャンペーンをやっていることもあるので、重要なことは常にアンテナを張って情報収集をすることです。

定期的にホームページを見に行ったり、資料請求をしてみたりと、積極的に常にアンテナを張っておくことが必要です。

タマホームの特徴

ひと言でいってしまえば「低価格で長期優良住宅」が建つということです。

建物本体は500万円から建てることができて、標準の仕様もかなり丈夫なもののようです。

具体的に挙げると、基礎に使用される鉄筋の間隔や太さが一般的な仕様よりもワンランク上となっており、換気システムでもセントラルの熱交換テ型換気システムが使用されています。

熱交換テ型換気シスムとは、給気と排気両方をダクトに配管し、リビングに新鮮な空気を送り込み、トイレなどから排気するシステムのことで、ダクトに収集された汚れた空気は、熱交換素子の中で熱を新鮮な空気に受け渡して捨てられます。

総合的にタマホームの設備の評判は悪くなく、耐震等級3を獲得しているため、地震に強い家ということです。

耐震等級3を説明すると、耐震等級1が、震度6強~7の地震でもすぐには倒壊しないレベルなのに対し、等級1の1.5倍の耐震性能があり、同レベルの地震でも軽い補修程度で住み続けられるレベルです。

標準仕様でこのような設備となっているため、ローコスト狙いで家を手に入れたいと人にとって、タマホームは魅力的だと思います。

もちろん、妥協することなくこだわりたいという人は、焦らず他のハウスメーカーの情報も集めて比較・検討すべきです。

タマホームの家

タマホームで家を建てる場合、ベースが安いためか金銭的に何かを諦めたり我慢することはがないという話をよく聞きます。

タマホームの標準品は良質で、他のハウスメーカーと比較してもじゅうぶん勝てる仕様だといえます。

例えば、外壁はニチハ製品を使用し、建具は永大産業、水回りはTOTOやタカラ・LIXILなどから選ぶことができ、低価格でこれだけ有名な企業から設備を選べるのはなかなかありません。

そうはいっても気を付けるべきはオプションで、あれこれ多くを付けると、ローコストで建てた意味がなくなるくらいの金額に膨れ上がるので注意してください。

タマホームのキャンペーン

タマホームでは、キャンペーンや見学会等のイベントを定期的に全国一斉に開催している時もありますので、情報を知りたければ探してみてください。

参考:タマホームのキャンペーン・イベント

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する