家を建てる流れ

初めての家づくりで納得のいく土地を探すコツ

投稿日:

初めての家づくりで納得のいく土地を探すコツ

家を建てる計画の中で、土地探しから始める方も多いでしょう。

住宅業界用語では、土地を探しから始めて住宅を建てる人のことを「住宅一次取得者」と言われています。

マンションとは違って、真の「自分たち家族の城」という意味も込められている言葉ですが、今回は良い土地を探すコツについて解説したいと思います。

住宅を建てることも大切なことですが、その住宅を建てる土地を選ぶことはある意味、それ以上に大切なことであるともいえます。

とはいえ、100%自分たちが希望としている土地に巡り合えることは、なかなか難しいのが現状です。

住宅業界や不動産業界での常識として、土地は施主の要望する条件の70%程度叶えば、良い土地として紹介するとされています。

お金はいくら出しても構わないという方は別ですが、土地購入において100%を求めてはいけません。

いきなり土地探しから入ってはいけない

家を建てるための土地がないんだから、土地探しがスタートなんじゃないの?と思いがちですが、それでは良い土地に巡り合う道が非常に遠くなってしまいます。

そして、余計な時間を費やすことになり、挙句の果てには土地探しだけで疲れ切ってしまうのが関の山です。

最終的なゴールは家を建て、そこで生活していくことですから、土地探しだけで労力を使い切ってはいけません。

では、どうすれば良いのでしょうか。

土地探しでまずやることは、

  • 自分たちが建てたい家のコンセプトやこだわり、広さなどをある程度決めておく
  • 土地と住宅本体、諸費用を合わせた総予算をある程度の幅を持って把握しておく

この2点が非常に重要で、ここを出発点にしないと予算が大幅にオーバーしまったり(住宅ローン返済の負担が想定より大きい)、土地に予算を大きく取られてしまい、思い描いていた理想の家が建てられなくて後悔することになります。

何ごとにもバランスが必要で、全体の予算の中で土地の購入費用にどれくらい予算を回すことができるのかを初めに抑えておきましょう。

2,000万円と2,500万円の土地では、どちらの条件が良いのかは価格だけでは測れませんが、500万円もの差はあとで住宅本体の予算に大きく影響してきます。

土地の探し方には2通りある

ここで一つ質問です。

あなたは、土地主導型で家を建てるのか、それとも住宅主導型で土地を選ぶのか、このどちらになるでしょうか?

この考え方の差によって土地の探し方が変わってきますが、抑えておきたいポイントを整理してみました。

土地を探すに当たっては、

  • 土地の広さや方角、日当たり
  • 土地の形状(正方形、長方形、角地など)
  • 住宅地なのか商業地域なのか、または工業団地等に隣接しているのか
  • その土地の周辺環境はどうか?(最寄の駅、商店街、学校、静か、騒々しいなど)
  • 土地の地盤はどうか?改良が必要な地域なのかどうか?

この5つが大きな要素になり、優先順位の違いはあるかと思いますが、どちらのパターンにも共通することです。

ただし、5番目の地盤については、気に入った土地が地盤改良が必要となれば、別途費用がかかることは仕方ないと割り切るしかありません。

良い土地に巡り合うまでの流れ

ここで、ご自身たちにとって、良い土地に巡り合うための流れを確認しておきましょう。

  • 住宅全体(土地+住宅+諸費用+外構工事)の総予算をしっかり把握
  • どんな住宅にしたいか大まかに抑え、住宅と土地の予算配分のバランスを捉える
  • 土地探しの上で、優先順位を付けて希望に見合う土地を見て歩く
  • いくつかの候補地に絞り決定する

このような流れになりますが、注意しておきたいポイントは、良い土地は、他に探している人にとっても同じで、早もの勝ちであり、手付までのスピードが肝心ということです。

自分たちにとって条件の良い土地というのは、他に土地を探している人にとっても良い土地なのです。

決めかねている間に、先に手付(契約前の状態で予約と同じ)を打たれしまうこともよくあることです。

大きな買い物のため、よく考えてからという気持ちも理解できますが、非常にスピード感が求められ、依頼する住宅会社の絞り込みから1社決定するまで検討するというような時間的な余裕はないのです。

しかし、良い土地に出会って悩んでいる時間はないとはいっても、他の誰かに先に決められてしまったら、また探せばいいと切り替えることも必要ですが、なかなか良い土地が出てくるものではありません。

今も昔も業者からのいち早い情報や自分たちの足で探すこと、これ以外に良い土地に巡り合う方法はありません。

良い土地を探す方法

良い土地を探すための方法をまとめてみました。

  • 始めは土地探しというよりも、土地をたくさん見て歩き土地の見方に慣れる
  • 住みたいエリアに強い不動産会社に、土地に優先順位をつけた条件を細かく伝え、いち早い情報を得られるようにする
  • 自分たちで探せる土地があるのか、業者と検討しながら並行して土地探しをする
  • 全体予算、住宅予算、土地予算のバランスを把握しておく
  • 気になる土地があれば、何度も行ってみる(時間を変えてみたり周辺環境を確認する)
  • 候補地が複数ある場合、1日程度であれば検討する時間は業者が交渉してくれるので、家族会議をして検討し決定する

難しそうに感じるかもしれませんが、自分たちの計画にある程度の方向性が見えていて、予算もしっかりと把握しておけば、土地の購入は意外に即決できるものです。

当然ですが、気になる土地が出てきた時には、並行して地盤のデータ収集や周辺の環境は業者が調査してくれます。

後書きになりましたが、土地探しには信頼できる不動産会社探しも初めに絞り込んでおきたい所です。

土地探しは、土地専門の不動産会社、ハウスメーカーや工務店と連携している不動産会社、ハウスメーカーや工務店が抱えている不動産部門を活用してみましょう。

もちろん、自分たちで探すことも必要ですが、専門的な立場でアドバイスがもらえるため、活用しない手はありません。

まとめ

自分たちにとって良い土地は、どうしても100%に近いものを求めてしまいがちですが、頭でわかっていても、実際に土地を見に行くと心が揺らぐことがあります。

しかし、忘れてはいけないことは、優先順位に沿って検討し、100%ではなく70%程度納得できれば良しということです。

そうしないと、いつまでたっても土地か買えませんし、たとえ納得のいく土地があったとしても予算オーバーになりかねません。

土地だけで満足し住宅に不満足ということだけは避けたいものです。

どうでしたか?初めての家づくり計画において、良い土地の探しのコツが少しでもわかりましたでしょうか。

住む土地を決めるということは、そう簡単に住み替えができないことでもあるため、家づくりを依頼する住宅会社を決定することと同レベルで土地探しも大切な作業です。

今回、解説した内容を参考に、納得できる土地が見つかることを願っています。

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家を建てる流れ

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.