東急ホームズの坪単価相場

東急ホームズの坪単価相場

東急ホームズといえば北米式の家で有名です。

輸入住宅を建てたいと考えているのであれば、その高級感あふれる外観の特徴と豊富なラインナップで、きっと気に入った家が見つかるでしょう。

そんな輸入住宅専門の家を扱っている東急ホームズの坪単価はどれくらいなのでしょうか。

東急ホームズの坪単価

家を購入する決め手となるのは価格ですが、その基準になるのが坪単価になります。

この坪単価を面積にかけて計算することで、かかる費用が分かるというものですが、土地価格というものは年度によって変化するものであり、さらに家というものには定価が存在しませんので、大よその目安として考えるのが妥当です。

もちろん、追加オプションを付けて設備をグレードアップすれば価格は高くなりますし、使用する部材のランクを落とせば安くなります。

東急ホームズの坪単価は50万円~60万円といわれていますが、一般的なハウスメーカーと比較すると少し高めになります。

東急ホームズで家を建てる場合、値引きしてもらえるかどうかは購入時期や購入商品によりますが、大々的に値引きを行っているわけではないようです。

もちろん、他のハウスメーカーと比較しているという交渉は有効ですので、東急ホームズだけではなく、他も複数調べておくことが事前準備として必要になります。

東急ホームズの相場

冒頭に記載した通り、東急ホームズの坪単価の相場は50万円~60万円で、単純に坪数に対し坪単価を掛ければ大よその価格がわかります。

例えば、ミルクリークという商品の家を建てる場合、キャンペーン期間中に購入すれば安くなるようです。

しかし、少し気になることは、ホームページを閲覧すると「東急ホームズ新築住宅サイトへ統合」となっており、ミルクリークのリンクがなくなっていることです。※輸入住宅自体の事業を撤退しているかもしれません

棟数限定ではありますが、延べ床面積27坪で1,300万円の設計となり、坪単価に戻すと一坪あたり48万円になります。

このキャンペーンは定期的に行われているようなので、気になる方はチェックしておいた方がよいかもしれません。

定期的に行われるキャンペーン期間を狙うほかに、値引きとしての有効的な方法は決算時期を狙うことと、他のハウスメーカーと競合させることです。

特に複数会社の見積もりを提示することで値引きに応じてくれる場合もが多いようです。

なお、複数社から見積もりを取るということは、値引き以外でも大きなメリットがあります。

それは、複数の見積りを比較することで、見積もり項目における各社の差を知ることができ、少しでも費用を節約できるポイントが見つかるからです。

少し手間が掛かり面倒だと思いますが、安い買い物ではないため慎重に、なるべく多くのハウスメーカーから情報を仕入れるようにしまよう。

東急ホームズの評価

東急ホームズは東急不動産100%出資の会社で、大手ということもあり、着工実績も充分で信頼のおけるハウスメーカーです。

東急ホームズの優れている点として、北米式の2×4(ツーバイフォー)住宅は高気密・高断熱で冷暖房効率が良く財布にやさしく、全館空調システムはオプションですが設置する人が多く評判も良いようです。

フィート・インチモジュール(欧米式計算法で日本よりも広い感覚で設計する)を採用しているので、インテリアなどの輸入部材本来のバランスを活かした、見た目の整った北米住宅にすることができます。

また、防犯システムなども全体の景観を損なわないようにプランニングされており、細かな部分にまでにこだわることが可能です。

東急ホームズは契約前に、実際に居住されている家に訪問することが可能で、自分の家の外観や内装、間取りなどの参考にもなり、具体的に自分の家のイメージがしやすくなります。

東急ホームズの評判

東急ホームズの最大のアピールポイントはなんといっても輸入住宅です。

一部のハウスメーカー以外は輸入住宅を扱っておらず、北米スタイルのデザインということもあり購入者からは高評判を得ているようです。

輸入住宅のような家を建てることは、例えば地域密着型の工務店でも可能かと思いますが、建築実績も少ないことから、不具合が目立つ可能性が高くなります。

その点東急ホームズであれば、輸入住宅に特化しているため安心して任せることができます。

自社製品の知識についても詳しく、購入予定の場合にはかなり頼りになると思います。

営業面については東急不動産が開発した分譲地での営業がメインとなっているため、一般的な注文住宅の販売比率はそこまで多くはありません。

東急ホームズの評判な点を3つにまとめてみました。

  • 高気密・高断熱仕様のため冷暖房効率が良く経済的である。
  • 加えて全館空調システムによる温度差の調整も可能である。
  • 細かな部分にこだわった本格的な北米式の家を作ることができる。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する