トヨタホームの坪単価相場

トヨタホームの坪単価相場

トヨタホームの坪単価相場について触れる前に、この住宅メーカーについて少しだけ説明したいと思います。

トヨタホームはトヨタグループの系列会社ということもあり、グループの総合力を活かした住まい、長期優良住宅、地震に強い安心の住まいを提供してくれます。

また、2020年の1月に共同の出資会社を立ち上げ、トヨタ自動車とパナソニックが住宅関連事業を統一するという発表がされました。

つまり、住宅事業のトヨタホームとパナソニックホームズが移管(統合?)することになり、住宅業界のシェアでも変化が生まれることになります。

世界に誇るこの2つのメーカーが手を組むことになるので、今後の日本の住宅は飛躍的な進歩を遂げることでしょう。

トヨタホームの坪単価

トヨタホームで家を建てる方は、やはり価格が気になるかと思いますが、坪単価は60万円~70万円が相場となっているようです。

実際にトヨタホームで家を建てた方を例に、どのくらいの価格かを見ていきましょう。

坪数タイプ価格坪単価
Aさん(2012年)33.8二階建て2,638万円59.2万円
Bさん(2011年)35二階建て2,830万円65万円
Cさん(2011年)33二階建て2,549万円66.6万円
Dさん(2013年)40二階建て3,120万円62.5万円

※オプション含まず

このように4人のケースを見れば、購入した年や時期によっても変わりますが、平均的な坪単価は63万円を少し超えるというのがわかります。

全国のハウスメーカーが建てた平均的な家の広さが約43坪となっているので、トヨタホームで建てるとなると、値段が約2,800万円ほどになると思われます。

しかし、この値段は建物だけの価格のため、これ以外にも駐車場や塀の周辺施設、照明器具や電化製品などの設備の諸経費を合わせると、400万円以上は用意しておく必要がでてくると思います。

つまり、これらの諸経費のことも考えると、総額3,200万円程度が必要になってきます。

トヨタホームの注文住宅

トヨタホームはこれまで環境や家計に気を使った住宅を目標に、トヨタグループの技術を駆使した家を提供してきました。

トヨタホームはユニット工法の「シンセシリーズ」と鉄骨軸組工法の「エスパシオシリーズ」という二つの工法を使っています。

ユニット工法は約85%を工場で生産しており、建築現場では約半日で屋根までを作り上げ、短い期間で高い耐震性と耐久性のある住宅にすることが魅力で、鉄骨軸組工法はその人の希望や敷地の条件に合わせた住宅に対応しています。

都会に住む人をターゲットにする「エスパシオ」シリーズは、鉄骨軸組系である「EST工法」を用いており、自動車メーカーのTOYOTA系列会社であるトヨタホームは、鉄を使うことに関してノウハウがあるため高い評価を得ています。

子育て世代に評判のよい「シンセ・はぐみ」の魅力は、家族のことを考えた家造りをしているので、若い世代の親が喜ぶポイントがたくさんあります。

「はぐみダイニング」という広々とした空間を設けていて、これは家族で食事をする空間だけでなく、子どもが遊ぶスペースや勉強をする場所にも変化させることができます。

外壁についても様々なタイプを選択できるようになっていて、他の家との違いをだしたい人からの評判も良いようです。

シンセシリーズでは「シンセ・ソレスト」が人気で、この商品のスローガンは次世代に引き継げる家となっています。

耐久性や耐震性を強くし、最長60年保証の家として提供していて、次世代に引き継ぐことができるようにリフォームがしやすい家の構造をしています。

トヨタホームの間取り

トヨタホームの特徴の一つとしては間取りを作るコンセプトに、自由に過ごす、家族とのつながりを大事にする、賢く暮らす等、様々なケースでの暮らしに応えています。

実際にトヨタホームで家を建てた人の間取りを例に見てみましょう。

Aさんの家のケース

コンセプトは一人ひとりが自由に過ごしながらも、ゆるやかにつながる家。

この家の間取りのプランはLDKと和室、中庭が繋がった一階と、吹き抜けを通して階下の雰囲気を感じられる二階を設計し、家族それぞれが好きな場所で、思い思いの時間を過ごしていても家族のつながりを感じられる家です。

また、一階部分は67.87㎡で二階部分は61.37㎡となっています。

そして、どのように家族が繋がっているように感じられるのかというと、一階部分のLDKと和室、中庭の空間が繋がっているので広く空間を使うことができ、食後の団欒に和洋空間をまたぐようにテーブルをレイアウトすればゆったり広々とくつろぐことができます。

天気のいい休日には中庭のデッキに出て、爽やかな光と風を存分に楽しみながらアウトリビングを満喫することができます。

Bさんの家のケース

コンセプトはプライベートのくつろぎ、家族団欒も大切に。ほどよいつながりが心地よい家。

この家の間取りのプランはLDKと和室が、中庭を囲むようにしてつながる、開放的な設計です。

一人ひとりがそれぞれのペースで過ごしたり、家族みんなでゆったりくつりだりできます。

そのようなライフシーンに合わせた暮らしから、家族に心地よいつながりが生まれるような家です。

この家は一階が60.95㎡、二階が59.02㎡となっています。

このプランの最大の魅力はLDK空間と和室が、中庭を囲むようにしてつながる開放的な設計で中庭にいる家族、LDK空間にいる家族、和室にいる家族が同じ空間でつながっているような開放的な家となっていることです。

このようにトヨタホームの家の間取りは、家族の繋がりを大切にした設計が多いように感じます。

トヨタホームの特徴

冒頭でも触れましたが、トヨタホームは世界的に自動車で有名なTOYOTAグループの系列会社ということもあり、鉄を使った鉄骨系の家づくりがメインです。

工場で生産する割合が約85%と占めており、全体で建設期間の短縮や規格化がスムーズにいっているということで品質の向上にも関係しています。

トヨタホームは鉄骨ラーメン構造による耐震というのが魅力で、鉄骨のフレームを組み上げる際に溶接などで接合部を剛接合する方法です。

そこにはTOYOTAが車作りで培った技術が凝縮されており、制震に関しては自動車メーカーとして特徴的な技術を使用しています。

それはT4シスステムというもので、一般的な同業他社は制震に関して樹脂製のダンパーを使用していますが、このシステムはオイルを入れたダンパーを使用します。

カチオン電着塗装も魅力の一つで、これも自動車の作りで使われる技術で樹脂塗装を電着させることで錆が付くのを防ぎます。

この塗装方法は鉄骨全体を電着槽に沈める手法を取っていて、小さい部品や鉄骨の裏側などにもむらなく塗ることができるそうです。

また、トヨタホームは防犯対策にも力を入れていて、対策のための商品としてあげられるのが「ラ・ロック」というものです。

ラ・ロックはTOYOTAスマートセンターと提携して、外出先から施錠しているかどうかや、閉め忘れていた場合の施錠操作がスマートフォンでできます。

鍵を携帯していればタッチセンサーに触れるだけで施錠や解錠ができ、これにも自動車の鍵の仕組みが利用されています。

このようにトヨタホームは、自動車で培った技術を最大限に発揮してそれを売りにしています。

トヨタホームのキャンペーン

トヨタホームでは、キャンペーンや見学会等のイベントを定期的に全国各地で開催しているので、もし自宅から近ければ、足を運んでみるのも情報集にはもってこいです。

参考:トヨタホームのキャンペーン・イベント

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

 公式リンク ↓

家づくり計画書を依頼する