家を建てる坪単価

土地の坪単価と価格相場を知るには

投稿日:

土地の坪単価と価格相場を知るには

家を建てる場合、通勤や通学のことを優先に考えて、どこのエリアに住みたいかをあらかじめ決めてしまう方が多いと思います。

また、新しい地域に住むために、いま住んでいる土地を売って資金にしたいと考えている方も多いでしょう。

その時に気になるのは土地の価格ですが、その価格を簡単に調べる方法をご紹介します。

焦って先に土地は買わない

家を建てると決めたとき、前提となることはどこに家を建てるかということです。

いま住んでいる家を取り壊して新たに建て替える場合や、同じ敷地の余ったスペースに新築を建てる場合は別として、先に土地を選ぶことを始める人が多いと思います。

しかし、住宅プランや家を建てる予算を決める前に土地を買ってしまうことだけは避けましょう

理由は簡単で、土地に予算をかけすぎてしまい、肝心な建物費用に回せる予算が少なくなり、希望としている家の仕様を断念するケースが多いからです。

そうならないためには、家プランにかける予算も考慮したうえで決めることです。

不動産サイトで調べる

土地の価格を知りたいときに一番手軽に、短時間で調べられる方法として、不動産サイトを利用して簡単に調べることができます。

また、Yahooなどでも気軽に検索することができるので、建てたい地域を検索して詳細条件を入力するだけで、その地域で売られている家の価格や坪単価が分かります。

注意点としては、住宅の価格が含まれているものといないものがあったり、表示される価格はあくまで売り手の希望価格だったりするため正確な情報はわかりませんが、参考指標としては有効です。

路線価を使って調べる

路線価とは市街地を形成する地域の道路に面する宅地の「1m2当たりの評価額」のことを指します。

本来は相続税や贈与税の計算に使用されるものですが、土地価格を調べる際にも役に立ちます。

路線価は国税庁が例年7月に1月1日時点の価格を公表し、インターネットで確認することが可能です。

公示価格を目安に調べる

土地の広さや条件が同じでも、エリアによって価格が大幅に異なりますが、土地を選ぶときに参考となるのが「公示価格」です。

公示価格を簡単に説明すると、土地の取り引き価格の相場がわかるもので、国土交通省が毎年発表します。

仮に相場がわかり、すごく安い土地を見つけた場合は注意が必要です。

例えば、擁壁で補強した高低差の敷地は、構造計算書がないと危険とみなされ、基礎工事の改修のの際に費用が掛かる場合があります。

その他にも井戸があったり、地中に障害物があった場合も処分代がかかります。

安いものには必ず理由があり、とくに家や土地はある意味高額商品のため、相場よりも安いと思ったら理由を調べましょう

路線価から土地の価格を算出する方法

路線価は税金関連の計算をするときに使われるもので、時価公示価格とは異なります。

路線価は時価公示価格の約7.5割となるため、計算式は以下のようになります。

路線価(円)×土地の広さ(㎡)×0.7=公示価格

ただし、路線価には奥行きや形状、環境の良さによっても価格は変動しますので、こちらお参考程度にとどめておいてください。

土地の価格・坪単価は、あくまでも「みずもの」ということを忘れないでください。土地の価格は需要と供給の関係で常に変動し、その時の経済状況によっても大きく変化します。

上記の方法でだけで土地の価格を調べるだけでなく、複数の不動産会社に見積もり依頼をすることが正確な情報を引き出すことができます。

その土地で家を建てたいと考えている方は、複数のハウスメーカーや工務店から検討し、見積もりをもらうことが大切です。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家を建てる坪単価

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.