ZEH(ゼッチ)住宅

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)住宅とは

投稿日:

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)住宅とは

住宅業界で最近注目を集めている「ZEH(ゼッチ)」という言葉があります。

まだ聞きなれない言葉だと思いますが、ZEHとは「Net Zero Energy House」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。

通常は、ゼロエネハウスなどと呼ばれ、年間の一次エネルギー消費が正味でゼロ以下になる住まいのことを言います。

経済産業省の定義では「住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅」としています。

経済産業省は地球環境にやさしい人の生活を目指し、ZEHの普及に向けた取り組みを行っています。

経済産業省が「2020年までにハウスメーカー等の建築する戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標にしているということから、ZEHに着目していることが伺えます。

そのため、今後はより一層の限りある資源の有効活用が考えられていますが、どうしてそこまで環境に配慮した住宅が必要なのかというと、消費するエネルギーが明らかに増えているからです。

家庭部門における最終エネルギー消費量は石油危機以降の約2倍に増加し、全体の約15%を占めています。

東日本大震災後の電力需要の危機やエネルギー価格の不安定な部分から各家庭で使用するエネルギーが注目されるようになり、そこからさらにエネルギー消費を抑えたZEHが着目されているのです。

ZEHを簡単にいうと、効率的な住宅設備と自然エネルギーなどを利用することで得たエネルギー創出量と、使用するエネルギー消費量が年間で概ねゼロになる住宅のことです。

自家発電をして、自分たちが消費する電力に使用するエコ住宅というイメージで、以下の3点が重要視されています。

  • 高断熱でエネルギーを極力必要としないこと
  • 高性能設備等で、エネルギーを上手に使用すること
  • 自家発電等でエネルギーを創ること

これらはムダを省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」と、蓄電池に貯める「蓄エネ」などをうまく有効活用することで、家庭で使用されるエネルギーが年間で0以下になることにつながります。

省エネ、創エネ、畜エネに加えて着目されている「HEMS」(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)がありますが、これは家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムのことです。

家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。

HEMSは、思った以上に家庭のエネルギー管理に必要で、各部分の電力消費が少なくなったり、発電でエネルギーを得たとしてもそれが効率的に管理されなければ価値がありません。

うまく電力を使用することによってZEH化することを考えてもいいでしょう。

ZEH(ゼッチ)の家を建てる

ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)住宅とは

注目すべきは、ゼロエネルギー住宅になると補助金の対象となることです。

補助金の対象範囲ですが、新築戸建でも、中古住宅のリフォームでも、ZEH住宅の条件に達していれば対象ということになります。

中古物件のリフォームでも可能なの?と驚いた人もいるかもしれませんが、つまり、エネルギー生産量と消費量を工夫することで、概ねゼロの住宅を目指せば誰でも申請が可能なのです。

この工夫とは、断熱材などをいれて住宅のエネルギー効率を高めることや太陽光発電などでエネルギーを生産することになります。

また、エネルギーの生産には発電器具のみだけではなく、燃料電池の設置も必要です。

エネルギー効率を高める商品としては、断熱高性能サッシや、断熱商材、エコな空調設備、給油設備等があります。

これらの設備をうまく活用して、エネルギーの生産量と消費量が概ねゼロになれば補助金の対象住宅になり、ZEH住宅になりうるのです。

意外と重要な断熱材

設備機器だけでなく、住宅そのものの省エネ化も重要です。

省エネ化によってZEH住宅にまた一歩近づくことができ、少ないエネルギーでも家全体を快適な温度に保つことができるからです。

断熱性能は住宅を建ててから変更することが難しいですが、しっかりとした断熱性能などの基本技術、設計により空調費用を抑えることができると考えると、断熱性能の確認は思った以上に重要です。

補助金の対象商品を確認

補助金の対象となる設備は「省エネ設備:空調設備・給湯設備・換気設備・照明器具など」「建物の断熱化」「蓄電システム」などが含まれています。

太陽光発電に対する国や都道府県の補助金とは別にネット・ゼロ・エネルギー・ハウス建築主に対する補助金制度が経済産業省により発せられました。

これらのことから、太陽光発電システム、HEMSなどの補助金については、住んでいる場所によって補助金が異なる場合があります。

ZEHの補助金とは対象外になってしまう商品もあるので各省庁、自治体に確認することをおすすめします。

補助金意外のメリット

ZEHについては補助金が対象外のものもあるため、あまり得した気分にならない人もいるかもしれません。

しかし、初期費用はかかってしまうものの、長期的な視点で考えるとZEHの住宅の方がお得になることもあります。

一般の住宅とZEHの住宅を比較する時に長期的か短期的か基準を決めておくことが望ましいでしょう。

太陽光発電システムなどでつくったエネルギーは電力会社に売電することも可能になりますので、初期費用のコスト、長期的な電力消費などと比較して、住みやすい未来について考えてみることもいいかもしれません。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-ZEH(ゼッチ)住宅

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.