ZEH(ゼッチ)住宅

ZEHの家を建てる最先端の省エネルギー仕様

投稿日:

ZEHの家を建てる最先端の省エネルギー仕様

ここ数年、一戸建て住宅の性能が急速に向上してきていますが、皆さんは、ZEH(ゼッチ)という言葉を聞いたことはありますか?

今回はこのZEH住宅とは何か、そして、その住宅が自分たちの生活にどうプラスになるのかを解説したいと思います。

以前、ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)住宅とはでもご紹介しましたが、改めて説明しますと、

ZEH住宅とは

ZEH(ゼッチ)とは、(Net・Zero・Energy・Houseネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字を取って付けられた略称です。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気など)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする、もしくは限りなくゼロに近づける住宅のことです。

世界レベルで地球温暖化ガスの排出量削減が課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー性能の向上が重要課題の一つです。

そこで、これまでの省エネ性能向上に加え、「創エネルギー化」(エネルギーを自ら創り出す)を導入し、自宅で消費するエネルギー量よりも自宅で創るエネルギー量を上回るような住宅をつくるという、これまでの暮らし方に変化をもたらし、新しい暮らし方を普及させようと注目が集まっています。

これが、ZEHの大きな役割で、ポイントは3つあります。

省エネ(高断熱)

高い断熱性能を保持する断熱材や窓を使用してエネルギー消費を抑える。

省エネ(制御)

LED照明や高効率エアコン、熱交換型の換気システムや高効率給湯器を利用し消費を抑える。

創エネ

太陽光発電やエネファームなどでエネルギーを創る。

政府は、「2020年までに標準的な新築住宅、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」としています。

なぜZEH住宅が良いのか?

昔とは違い、今の日本の夏はエアコンや扇風機は欠かせませんし、冬の寒い日には、電気ストーブやこたつ、石油ファンヒーターなどを使うと思います。

私たちは電気や灯油を使ってり快適な生活を送っていて、石油や石炭などの一次エネルギーを電気に変換して消費しているので、毎日エネルギーを大量に消費しています。

そのエネルギーは有限の資源であり、消費し続ければいつかはなくなってしまいます。

今すぐに枯渇するということはないようですが、過去にオイルショックがあったように、日本だけでなく世界中がパニックに陥ることも考える必要があります。

そこで日本としては、エネルギーの減少をできる限り避け先延ばしにしたいという観点から、数ある中からとくに「建築」に目を向けました。

というのも、建築関連の分野では実に日本のエネルギー消費量の3割以上を占めるほどのエネルギーを消費しているためです。

国としてはこのエネルギーの消費を抑制するために、エネルギー消費をプラスマイナスゼロにする住宅「ZEH」を推進し、ZEH仕様で家を建てる人には補助金を出しましょと提唱しているのです。

つまり、ZEH住宅を建てることで、より快適な生活を送ることができ、施主として地球環境保護の一助となっている社会貢献に参加していることになります。

そして、業者もそういう高性能なZEH住宅の建築戸数が増えることで、社会的地位が向上することはもちろん、ZEH住宅の戸数が増えるほど、国は世界的に環境保護推進国としてより国力向上にもなります。

ZEH住宅のメリット

いいとこずくめのZEH住宅のメリットを5つにまとめてみました。

1年通して快適な住空間で過ごせます(夏涼しく、冬暖かい)

ZEH住宅の基本形は断熱性能を高めることで、この断熱性を高めるために、住宅全体を断熱材で覆いかぶせるように施工します。

これにより、住宅の内部の温度、特に夏はエアコンを使った涼しい空気、冬は暖房で暖めた温かい空気を外部に逃がないようにします。

ちなみに、断熱性能の低い家と高い家では、同じ室内でも約6度以上も違うという事実のデータがあります。

また、ヒートショックという言葉がありますが、これは、急激な温度変化によって脈拍や血圧が一気に上昇し、失神や脳卒中、心筋梗塞などを引き起こしてしまう非常に怖い現象です。

この現象は、温度差が激しい時期における住宅内の場所に起きやすく、とくに冬場のお風呂やトイレなどでのヒートショック事故が毎年多く発生しています。

近年は全室冷暖房の設備が普及してきていますが、これは、まだまだ日本全体の30%にも満たないそうです。

日本の価値観として、「夏は暑くて当たり前、冬は寒くて当たり前」がいまだに根強く残っていますが、今後さらに世界的な規模で地球温暖化が進行する観点から、住宅エネルギーの考え方を改めないといけない時代になってきています。

つまり、住宅の断熱性能を高めることは、地球も家族の命も守ることになります。

健康な体を保ちます

住宅内部の断熱性能を高めることで、室内温度変化を少なくすることができ、嫌な結露や湿気を防ぎやすくすることができます。

また、ぜんそく、風邪、肺炎、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、手足の冷え性、目のかゆみ等、じつにたくさんの問題があります。

結露や湿気をコントロールすることで、カビやダニの増殖を抑え、それらを原因とする多くの病気からの予防対策にもなります。

光熱費が抑えられ、家計にやさしい

太陽光発電や高性能省エネ仕様にするには、それなりに建築コストが高くなることは間違いありません。

業者によってはバラつきがありますが、おおよそ300万円から500万円位でしょうか。

しかし、「省エネ」や「創エネ」で光熱費をゼロにするZEH住宅ならどうでしょう?

ある程度建築費が高くなっても光熱費が0円になるなら、長い目(生涯コスト)で考えた場合には、ZEH住宅は割安になります。

毎月、毎年必要な光熱費は生活していく上では必ず必要な家計費のため、例えば、光熱費が毎月30,000円とほぼ0円ですと明らかです。

国土交通省や大手住宅メーカーの試算では、一般的な新築住宅140㎡(約40坪)で年間光熱費は約270,000円となっています。

人によっては長いと思うかもしれませんが、ZEH仕様の住宅にするのに500万円の初期追加費用がかかったとしても、光熱費が0円なら18年6か月後には元が取れる計算になります。

災害対策にも一躍です

太陽光発電システムを標準仕様となるZEH住宅は、災害などの時の突然の停電にも対応できます。

停電によって電力供給がストップしても、太陽光発電により電力を蓄電しているからです。

ZEH住宅は、ご近所の家が真っ暗でもご自身の家はいつもと変わらない電気を使った生活が可能です。

また、設備の整った大型のマンション等で見かけますが、「エコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯機)」という省エネ機器が優れものです。

これは、空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯機のことです。

エコキュートはお湯を沸かすために「水」を貯水していますので、断水になってしまった時、貯水を使うことができるのです。

価格は初期費用で約50~80万円程度はかかりますが、光熱費を抑えることができる高性能な省エネ設備です。

このように、ZEH住宅は災害により停電や断水が起きても、数日間は平常と変わらない生活ができます。

補助金により初期費用の一部に充当できます

ZEH住宅は国が推進しており、国から補助金が出ます。

平成30年度(2018年度)「ZEH支援事業」の補助金額(環境省)ですが70万円、「ZEH+仕様」の場合は補助金定額115万円、蓄電池設置3万円/kWh(上限45万円)の補助金額(経済産業省)となっています。

ただし、補助金の額は毎年見直されていて、上記の金額は変動があると思いますので、詳しくは業者に確認したり、環境省や経産省のHPで確認してみてください。

ちなみに、ZEH住宅の補助金は「ZEHビルダー」に登録されている業者で建てた場合にのみ受け取ることができますので、事前に業者に確認する必要があるためお忘れなく。

まとめ

ZEH住宅の内容とメリットを解説してきましたが、確かに初期費用はプラスαされてしまいます。

しかし、必ず数年後にはZEH住宅が当たり前の時代がやってきます。

生涯でかかる光熱費のコストを考えた場合なども踏まえ、補助金制度を利用してZEH住宅を検討対象に加えるのも十分価値はあると思います。

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-ZEH(ゼッチ)住宅

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.