ハウスメーカー選び

何が違う?ハウスメーカーと工務店を徹底比較

投稿日:

何が違う?ハウスメーカーと工務店を徹底比較

家を建てるとき、ハウスメーカーに依頼する一方、工務店に依頼するという方も大勢います。

ハウスメーカーとは何か、そして工務店とは何か、よく聞くことはあっても多くの方は詳しく知らないのではないでしょうか。

家を建てるとき、どちらに依頼するかが大きなポイントになります。

ハウスメーカーでも工務店でも、依頼をすれば要望通りの設計プランを立て、家の完成まで担ってくれますが、はたして違いは何なのでしょうか。

そもそも工務店とは何なのか

工務店のイメージですが、小規模で営業をしていると思っている方が多いと思います。

工務店は社長が自ら経営・営業活動を行い、さらに自身でも、第一線の職人として現場で腕を振るい、オールラウンドで家づくりに関わったりします。

地元密着型の工務店が多いこともあり、また、その街のことを昔から知っているからこそ、安心して工務店に依頼する方も多いようです。

昔から続いている工務店の場合、地元の人たちとの付き合いを大事にしているため、小さな修繕など大手リフォーム会社には頼みずらいものでも気楽に依頼でき、気分よく引き受けてくれるでしょう。

しかし、工務店といってもじつに様々で、昔と違いずい分と様変わりしてきて、小規模で街に関わる業者というイメージではなくなってきました。

ここで、工務店を以下の3つのカテゴリーに分類、まとめてみました。

街の小さな工務店

工務店には、街で小さな営業展開をしているという意味合いがあり、域密着型で施工業務を行っています。

社長以下、数名という小規模で行っているため、広範囲・案件数的にも大々的に営業展開ができないからこそ、より地域の人たちとの深い関わり合いを大事にして生計を立てています。

フランチャイズの加盟店

工務店にはフランチャイズ加盟店というものがあります。

もとになる本部があり、開発や指導を徹底、その技術(工法)や規格を使用し、それぞれの工務店がフランチャイズ加盟店として施工をします。

工務店はこのようなスタイルを取ることで、本部で一括して仕入れた材料を使用することができるため、コストを大きく抑えることができるメリットを得ることができます。

小さな工務店だとしても、本部の力を借りて技術などの情報を共有しあうことができるため安心です。

地域と向きあう中堅ビルダー

工務店本来のスタイルは地域密着型ですが、他の工務店と比較しても着工棟数を多くこなしているようなところもあります。

大手ハウスメーカーであれば、モデルハウスなどの展開を積極的にして集客していますが、中堅ビルダーとしての工務店でも、ハウスメーカー並みの展開を行っているということです。

ハウスメーカーとそれほど大差がないような、ブランド力を持つ工務店もあります。

最大手といえば、一条工務店や木下工務店、穴吹工務店などがありますが、その他にも広い地域に営業展開をしている工務店もあります。

工務店とハウスメーカーの違いは何か

中堅ビルダーや大手の工務店であれば、ハウスメーカーとの違いの区別がつかなくなってしまうかもしれないですね。

小さな工務店でも生き残りをかけて試行錯誤(全国の工務店ネットワークであるジャープネットに参加)している結果で、違いの見分けがつかないものに進化したというニュアンスで捉えていいのかもしれません。

つまり、あえてハウスメーカーと工務店の区別をつける必要もないということです。

ただ、工務店の基本は小規模の営業スタイルであり、営業拠点が多く存在していても、施工するエリアは市内や県内、もしくは近隣の県あたりに留まっているケースがほとんどです。

ハウスメーカーと比較をすれば規模(施工対応範囲が狭く)が小さいのは事実であり、地域密着型には変わりありません。

対象にハウスメーカーとは、全国規模で展開している住宅会社のことを言い、広いエリアに支社や支店、営業所があり、テレビCMや折り込みチラシ、インターネット広告や住宅展示場のモデルハウスを大々的に公開しています。

住宅プランの自由性

家を建てる依頼をする際、より自由性がある住宅にしたいと思うのではないでしょうか。

そこで、ハウスメーカーと工務店であれば、どちらに自由性が存在しているかということになりますが、工務店の場合は、間取りや外観のデザインなど、プランを施主と一緒に考えてくれるところが多いです。

例えばキッチン一つにしても、施主が気に入るかそうでないかが基準になりますので、気に入るまでオリジナルキッチンの設計をしてることもしてくれる可能性が高いです。

他にも施主が床には無垢材を使いたいというリクエストを出せば、それを実現しようと頑張ってくれます。

では、ハウスメーカーではどのような対応をしてくれるのかといえば、自由性の高い自由設計型の商品を提供してくれます。

いくつかの間取りパターンや標準仕様の設備から選択していく形式で、オリジナル型の提案もありますが、工務店ほどの自由性はないという見方が一般的です。

ハウスメーカーでいう自由設計型の間取りとは、一定のパターンに対して変更を加えることができるものです。

例えば、キッチンや浴室などの設備に対して内装材や外壁材といったものには標準仕様のバリエーションがあり、その中から決めていくことになります。

ハウスメーカーは扱っているが規模が大く、材質から住宅プランまで、幅広い選択肢があり満足することができます。

ハウスメーカーは長く積み重ねてきたノウハウと着工数の実績があるため、標準仕様のバリエーションでもその仕様に至った根拠と安全性が伴っています。

これが完全なフルオーダーの住宅ともなると、もし不具合があったとき、何が原因なのか、究明するのに難しい状況となって時間もかかり、保証やメンテナスの問題も難航してしまいます。

ハウスメーカーについてまとめると、提供されている住宅商品やプランに対しある程度の制約があるものの、満足のいく家を建てることができるのが、ハウスメーカーの特長でもあります。

ハウスメーカーと工務店、施工精度はどっちが上?

では、ハウスメーカーと工務店では、どちらが精度の高い家づくりをしてくれるのでしょうか。

ハウスメーカーの場合、建築資材の加工や組み立てといったものは建築現場ではなく、各パーツを工場内でほとんど完成させてしまいます。

そのため、天候の悪い日が続く時期などでも資材等がさらされることなく、質を保ったまま、しかも、工期を短くすることができ、住宅性能は均一の仕上がりになります。

それと比べ工務店の場合、全ては職人の腕次第ということになり、可能性としてはレベルの低い職人が建築に関わることもあります。

もちろん、住宅の価格も大いに気になるところではありますが、いつ完成するのかという工期に関しては、全体の流れが上手くシステム化されているハウスメーカーに軍配があがります。

仮に延べ床面積が35坪程度の住宅を建てようとすれば、工務店は約4カ月から5カ月ほどかかってしまい、ハウスメーカーの場合であれば約3.5カ月で完了させることができます。

更に完成後のメンテナンスでは、工務店ごとによってサービス内容や機関などの差が出てきてしまうことに対し、ハウスメーカーでは同じです。

もちろん、工務店でも定期点検や保証の制度を設けるところもあり、それ以外でも依頼があれば、すぐに駆けつけてくれるスピード感は持っているでしょう。

ハウスメーカーの場合、そこには徹底したルール(契約内容)があるため、平等な対応をしてくると思います。

注意点としては、もし工務店に依頼する場合、建築レベルの低いところもあるので、地域での評判やインターネットでの口コミなどをしっかりチェックしてみてください。

工務店まとめ

フランチャイズ加盟店中堅の地域ビルダー小規模工務店
特徴本部が規約や宣伝をし、施主に加盟工務店を紹介するシステムで、ハウスメーカーと同様に企画型の商品を販売する。地域情報を把握する工務店と、総合的なサポートをするハウスメーカーとの中間で、両方の強みを持っている。家族経営の小規模な工務店で、直接の取引になるためコストが削減できる。
メリット・本部からの指導により安定した高品質
・単体の工務店では不可能な商品開発や新工法が取り入れられる
・加盟前は地元の工務店のため、施工が安心
・直接施工のため経費コストが少ない
・地域全体の住環境づくりに積極的
・規模が大きく経営が安定している
・自社商品の開発をしている
・住宅展示場やイベントなどが豊富
・品質が高く提案力がある
・古くからの伝統技術を継承している
・一丸となって対応してくれる
・アフターサービスが安心
・職人連携が強く責任者も明確
・直接依頼の施工のため総額費用が軽減できる
デメリット・メンテナンス等の保証は加盟店のみで行う
・部材や設計方法などは加盟店ごとに異なる
・各加盟店の特徴を見極める必要がある
・請負範囲が限られ会社数が少ない
・各担当が分散化していているためトラブルが出やすい
・営業担当と現場監督の能力の違いで対応や施工に差が出る
・伝統技術を継承している
・総規模であるが故、経営面で少々不安
・最新の技術やデザインが弱い
・書類作成のスピードや事務対応が弱い場合もある
業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-ハウスメーカー選び

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.