35坪の土地に家を建てる方角別の間取り事例

35坪の土地に家を建てる方角別の間取り事例

35坪の土地に家を建てる間取りを、平面図と一緒に解説してみたいと思います。

そもそも35坪といえば、平均的な家を建てる坪数でいうと決して広いとはいえません。

広さをイメージしやすく例えるならば、約115平方メートルほどになるため、マンションの場合に置き換えると、少し広めの3LDKか4LDKに該当します。

4人家族でも十分だという家庭もあれば、もう少し大きくしておけばよかったという家庭もあり賛否両論ですが、それは上手な間取りの設計によって大きく左右されます。

オーソドックスな間取りにはなりますが、注文住宅ともなれば、基本となる間取りをアレンジして自由設定することになります。

間取りは真っ白なキャンパスに一から描き上げていくことになりますが、自分たちの描く間取りを踏まえ、各ハウスメーカーや工務店、設計事務所の腕の見せ所になりますね。

しかし、注意しておきたいことは、企画型プラン(商品化された住宅)ではありませんので、建築コスト(費用)は割高になることだけは心得ておく必要があります。

これから紹介する間取りは、玄関の方角をメインにした特長と留意したいポイントをそれぞれまとめてみました。。

北玄関の35坪の間取り(パターン①)

北玄関の35坪の間取り(パターン①)

特長

  • 3LDK(客間なし)の総2階タイプ
  • 玄関ホールから直接リビングとシューズクローク、家事室からリビングの2方向導線
  • 水回りは横導線となり使い勝手よし
  • 対面式キッチン(5帖)とダイニング、リビング(13帖)(横導線で全て南向き)
  • 階段はリビング経由(家族の出入りがわかる設計)かつ踊り場があるのは安全設計
  • 2階は寝室(7帖)、洋室2つ(5帖)、納戸(2帖)、フリースペース、トイレ、バルコニー
  • 各部屋には収納もあり、納戸もあるので収納力が十分
  • 個室はプライベート確保
  • 1階、2階とも風通しの良い窓配置が良い

留意したいポイント

  • 玄関横の収納は2か所出入ドアがあるため広い割に収納力が少ない
  • 1階トイレ出入口と階段の昇降口との配置(トイレ出入はホールからでも良いのでは?)
  • 2階フリースペースは有効活用したい

北玄関の35坪の間取り(パターン②)

北玄関の35坪の間取り(パターン②)

特長

  • 5LDK(独立型和室)の総2階タイプ
  • 玄関左横にトイレ、ホールからの階段昇降、踊り場もあり安全設計
  • ホール~客間(和室6帖)
  • ホール~ダイニング・リビング(11帖)
  • 対面式キッチン(5帖)
  • キッチン後ろに水回りがあり生活導線も水回り重視
  • 2階は寝室(8.7帖)+ウォークインクロゼット(2.5帖)+バルコニー、洋室3、トイレ
  • 各部屋に収納あり

留意したいポイント

  • リビングと和室は繋げることも可能で、繋げた方が解放感がある広くスペースを使える
  • リビングと和室を繋げることでホールから和室への出入口は収納(仏間等)として利用
  • 和室西側にも窓があると尚風通しが良くなる
  • 2階のホールはやや暗めになるので階段部の窓は大きめが良いのでは?

南玄関の35坪の間取り(パターン①)

南玄関の35坪の間取り(パターン①)

特長

  • 3LDK(4LDK対応可能型)+フリースペースの総2階タイプ
  • 玄関~リビングの一方向(玄関突当りの収納幅を狭くして階段方向へのドア取付可能)
  • リビング中心の生活導線、踊り場もあり安全設計
  • ダイニング・リビング(11帖)
  • 和室(4.5帖)と階段を挟んでキッチン(5帖)と洗面、浴室が別々
  • キッチンは独立型
  • 2階は寝室(8帖)+ウォークインクロゼット(3帖)、洋室1、納戸、フリースペース
  • 洋室は子どもの成長に合わせて後間仕切り可能となり、4LDKへの変更可能
  • 北側にフリースペースとトイレあり、2階のホールの明るさも確保できる

留意したいポイント

  • 玄関からリビングの一方通行導線がどうか?ライフスタイルに適性するか?
  • リビング繋がりの和室は3枚引き戸で解放感を持たせたい
  • キッチンには窓が欲しい
  • キッチンと洗濯等の水回りが離れている
  • 2階は非常にまとまり効率的な間取りになっている
  • 南側バルコニーを洋室全体にまで伸ばしてみてはどうか?

南玄関の35坪の間取り(パターン②)

南玄関の35坪の間取り(パターン②)

特長

  • 4LDKの総2階タイプ
  • 玄関、ホールを中心に玄関には大型収納
  • ホール~リビング入り、踊り場もあり安全設計
  • ダイニング・リビング(13帖)
  • 対面型キッチン(4.7帖)、水回り横導線で使い勝手考慮
  • 階段はリビングを回っての昇降となり、家族の出入りがわかるタイプ
  • 2階は寝室(8帖)+ウォークインクロゼット(3帖)、洋室2、納戸、フリースペース
  • フリースペースからのバルコニー
  • 2階にはトイレも設置

留意したいポイント

  • 玄関ホールにある収納は3帖。かなり広いので有効的な活用を考えたい(例:可動式棚等)
  • 2階南西角に納戸2帖、日当たりが良い場所のため勿体ない

東玄関の35坪の間取り(パターン①)

東玄関の35坪の間取り(パターン①)

特長

  • 3LDK(5LDK対応可能型)の総2階タイプ
  • 玄関~ホールを中心に、LDKを南側に、階段・水回りを北側にしたタイプ
  • ダイニング・リビング(13帖)
  • 対面型キッチン(5帖)に収納スペース確保(食品庫として利用価値大)
  • 階段はホールからの昇降、コーナー(曲がり)は2つ割りなので安全設計
  • 2階は寝室(6.5帖)+バルコニー
  • 洋室3つ(内2つは後間仕切り対応型)、フリースペース
  • トイレの出入口を変えることで、フリースペースは洋室への変更可能

留意したいポイント

  • 1階ホールが暗め。LD側から光がこぼれる工夫(嵌め込みステンドグラス、スリット等)
  • 2階は客間スペースも可能。かなりいろいろな可能性のある間取りの可変性がある
  • 寝室の収納は充分か?

東玄関の35坪の間取り(パターン②)

東玄関の35坪の間取り(パターン②)

特長

  • 2LDK(3LDK対応可能型)の総2階タイプ
  • 玄関とホールにやや大きめの収納
  • LDKは南側に、ダイニング・リビング(11帖)、タタミスペース(4帖)も魅力
  • 階段はホール、踊り場もあり安全設計
  • 対面型キッチン(5帖)
  • 2階は寝室(8帖)+ウォークインクロゼット(4帖)+バルコニー、納戸、トイレ
  • 洋室は後間仕切り可能型で2室に分けることが可能
  • 2階は洋室は全て南向き

留意したいポイント

  • 畳スペースはリビングと段差なしも段差付けてアクセントをつけるも良し
  • 玄関ホールから階段スペースやトイレのある廊下への出入口があっても良い?
  • 2階ホール(廊下)はやや狭いので階段の昇降に特に注意が必要
  • 北東角にある納戸4帖、利用価値が大きいだけに無駄にスペースを使わない工夫が必要

まとめ

35坪で家を建てる場合の方角別の間取りを解説してみましたが、どれくらいのスペースが確保できるのか、少しでも参考になったでしょうか。

例えば、注文住宅の場合であれば、自由な間取りを検討し、実現できることが最大のメリットです。

現在と未来の家族構成の変化に対応できる間取りにすること、同じ北玄関でも全く違う間取りにすること、たとえ35坪でも、間取りの工夫次第では十分なスペースを確保することができます。

【裏技】無料で複数の間取りプランをもらう方法

【裏技】無料で複数の間取りプランをもらう方法

そろそろ家を建てたい・購入したいと思っている方、今まさに情報収集をしている方に、無料で間取りプランをもらう裏技を教えます。

マイホームを持つということは、人生の中でもっとも高い買い物であり、失敗は絶対に許されません。

その失敗例でよくあるパターンがダントツで間取りなんです。

  • 間取りを考え中だけど、どんなプランがいいかわからない
  • おおまかに決めたけど、本当にこの間取りで良いのかが不安
  • 今住んでいる土地で、間取りプランをいくつか比較したい

ほんの一部ですがこのように、間取りで不安になる気持ちがあると思います。

そして、いくつもの間取りプランを比較せずに家づくりを進めてしまった場合、後悔するケースが非常に高くなるということです。

そうならないためには、間取りプランを手に入れ、事前によく検討するしかありません。

本来、間取り図を手に入れるためには、住宅会社や展示場に行くことになりますが、無料で間取り作成や見積もり、土地探しまでしてくれるサイトがあるんです。

いろいろ探してみたところ、無料で間取りプランをもらうには、タウンライフというサイトを利用することが一番いいという結論に至りました。

このサイトは、無料で作成できるどんなアプリやソフトよりも優れていると言えます。

事前に間取りがあると以下のようなメリットがあり、それが「無料」で手に入るなら、利用しない手はありません。

  • 間取りプランを比較し、好みの間取りを選ぶことができる
  • 色んな間取りプランがもらえるので、家づくりの参考資料になる
  • 今の間取りに足りない部分を修正し、より良い間取りにできる

複数の間取りプランを無料でもらう流れ

タウンライフの利用方法はとても簡単で、3~5分程度あれば完了します

まずは、都道府県と市区町村を選んで「無料依頼スタート」をクリックします。

次に入力フォームが表示されるので、必須項目を自分の希望通りにアンケート方式で入力していくだけです。

STEP1

1点、ここでの注意点としては、「要望欄」にできるだけ詳しく自分たちの希望を書き込むことです。

全ての項目を入力後に「会社選択ページ」に進むと、条件に見合った住宅会社が表示されます。

エリアによって何社もの会社が表示されますが、その中から気になった会社を選択するだけです。

STEP2

あとは選択した会社から間取りが来るのを待つだけで、例えば、以下のような間取りが送られてきます。

もちろん、正式な間取りともなると、何度も打ち合わせを重ねて完成するものなので、現時点でもらえる間取りは「ラフプラン」だと思ってください。

本来であれば、住宅展示場や営業事務所などに出向き、営業マンから長い話を聞かされ、しかも何社も同じことを繰り返してやっと手に入るものです。

それが自宅にいながら手に入るのは、とても大きなメリットがあるのではないでしょうか。

タウンライフのQ&Aコーナー

しかし、どんなにメリットのあるサイトでも、初めて聞くサイトで不安があるかと思います。

気になった質問を実際に運営会社に質問し、回答のあったものをまとめてみました。

Q:本当に利用は無料なの?

サイトの利用料や送られてくる資料などの費用は一切かかりません。
もし営業電話がかかってきて断ったとしても、何か請求されることはありませんので安心してください。

Q:利用したら契約を迫られるの?

あくまで無料で利用できるサービスのため、契約を迫られることは一切ありません。
もし自分たちの思い描いている条件で見合った会社がない場合、きっぱりと断ってしまってOKです!

Q:もし契約したら仲介手数料は取られるの?

提携会社(全国600社以上)の広告料でまかなっているため、当社から仲介手数料を請求することは一切ありません。

Q:何社からも営業電話は来るの?

必ずかかってこないとは言いきれません。それは一括サービスのため、見込み客を他社に奪われたくないからです。
しかし、カタログやパンフレットといった資料だけが欲しい場合や、メールでのやり取りを希望ということを記載すれば、かかってくることはありません。

とのことです。

また、補足となりますが、第三者の調査機関によるアンケートモニターで、ユーザーによる「利用満足度」「知人にお薦めしたいサイト」「使いやすさ」で堂々の3冠を達成しているのも安心です。

無料プレゼントの特典が凄い!

タウンライフでのお問合せ後に確認用のメールが送られてきます

そこにはURLが記載されていて、『家づくり成功の7つの法則(PDF)』が無料で貰えます

毎月99名とありますが、おそらく全員にプレゼントしていると思います。

家づくりの知識がなくても間取りやデザイン考案の参考になり、役立つ情報が満載です。

ちなみにこの冊子は、1級建築士が執筆したものになるので、信頼性はバッチリです。

無料のソフトやアプリを使って、自分なりに思い描く間取りを作るのも面白いですが、所詮は素人です。

せっかくならプロ目線で作られた、ちゃんとした間取りを手に入れてみませんか?

自分たちの要望を取り入れた間取り図のほか、見積もりや土地情報、カタログ等も一緒にもらえるので、家づくりの情報収集としても役立つと思います。

▼ 無料で間取りプランを一括依頼 ▼