40坪の土地に家を建てる間取りを徹底検証

40坪の土地に家を建てる間取りを徹底検証

以前、坪数の間取りに関する記事にて、35坪の間取りを方角別に分類した基本形となるものをご紹介しましたが、今回は、40坪の土地に家を建てる間取りを方角別に検証したいと思います。

5坪増えると、どれくらい間取りに変化(影響)があるのかを確認できると思います。

35~40坪という住宅の大きさは、平均的単世帯の間取りになりますので、ぜひ基本形を念頭に、自分たちの家づくりの間取りに役立ててみてください。

前回もお伝えしましたが、注文住宅は住宅会社が用意している企画型プランではありませんので、建築コスト(費用)が割高になることだけは覚えておいてください。

40坪の北玄関プラン(パターン①)

特長

40坪の北玄関プラン(パターン①)
  • 3LDK(間取り可変型で4LDK可能)
  • 玄関に大型収納あり収納力大
  • 1階は南側にLDK、リビング続きに北側に和室(6帖)
  • リビング・ダイニングは15帖
  • キッチン(4.7帖)は対面式キッチン、ホールから水回りが繋がる直線導線が使い易い
  • 階段は玄関から回り込んだ位置にあり、家族の出入の気配を感じられることが良い
  • 階段は踊り場もあり安全設計
  • ホールには半帖の収納があり、小物収納も可能
  • トイレと水回りが近いため使い勝手良い
  • 2階は寝室、洋室、トイレ、納戸(4帖)がある充実の間取り
  • 全室南側のため日当たり良好
  • 寝室(8帖)には4.5帖の納戸、3帖のウォークインクロゼット、バルコニー付き
  • 洋室は後間仕切り可能で2室にすることが可能で、子どもの成長に合わせて可変できる

留意したいポイント

  • 和室の収納は西側に移動し、東側に窓を取り付けることも可能
  • 同様に和室収納を北側に移動し、東側に窓を取り付け、さらにリビングとのつながりが広くなるので、より開放的な空間が取れることも良し
  • 1階のホールはやや混雑しそうな狭い通路で家族の往来には注意が必要
  • 玄関収納が大きいのは良いが、奥行を考慮して玄関側とホール側で2分するのも良し
  • 2階寝室の収納が合わせて7.5帖あるので、収納の方法を十分考慮して有効活用したい
  • その寝室の収納を一部フリースペースにしてより明るさを重視しても良い
  • 洋室の間取り可変性は大いに活用し、子どもの成長に合わせて仕切りの脱着は容易

40坪の北玄関プラン(パターン②)

40坪の北玄関プラン(パターン②)

特長

  • 4LDK、南北に長い敷地への対応間取りの総2階タイプ
  • 玄関横にはウォークインクローク(4帖分)
  • 階段はホールからの昇降、踊り場もあり安全設計
  • トイレもホールからの出入で良い
  • 収納とパントリーを中心に回遊できる使い勝手の良い生活導線
  • リビング(12.6帖)、仕切り開閉タイプのダイニング(7帖)
  • キッチンは独立型、水回りは横導線で非常に使い易い
  • キッチンにパントリー、洗面室にも収納あり大きな収納力が確保できる
  • トイレはカウンタータイプでやや広め
  • 2階は寝室、洋室3つ、トイレ、バルコニーと充実
  • 寝室(11帖)は北側、ウォークインクロゼット(3帖)
  • 洋室が3つでそれぞれの収納力も十分

留意したいポイント

  • 玄関横のウォークインクロークの利用方法によっては通路にスペースを取られ易い
  • 洗面室の収納は奥行きのあるタイプなので、奥行を考慮しホール側と2分しても良い
  • キッチンのパントリーも同じ考え方だが、棚の設置の仕方で有効活用したい
  • ダイニングは独立型だが広すぎ感があるため、仕切れるようにも開放的にもいかようにも対応した間取りを考えたい
  • 2階は洋室2つが南側でバルコニー付き、残す1つの洋室との差があり家族会議は必要
  • 2階のホールはやや暗めなので、階段の窓をやや大きめにした方が良い

40坪の南玄関プラン(パターン①)

40坪の南玄関プラン(パターン①)

特長

  • 4LDK、総2階タイプ
  • 玄関、ホールを中心に和室独立型(8帖)なので、客間として有効活用できている
  • 和室からホールへの出入ができるのは良い
  • リビングダイニングが13帖
  • 階段はリビング昇降なので、家族の出入の気配が感じられ、踊り場もあり安全設計
  • キッチンは対面式(5帖)、パントリー付き
  • キッチンと水回りは横導線で非常に使い易い
  • 2階は寝室、洋室2つ、フリースペース、トイレ
  • 寝室は10帖、ウォークインクロゼット(2帖)、バルコニー付き
  • バルコニーはフリースペースからの出入ができるのは良い

留意したいポイント

  • 和室独立型は、普段自分たちの生活を重視すると勿体ない
  • 1階のホールが通路タイプなので、家族の往来等は気を付けたいところ
  • 2階のフリースペースがあることは、家族の深まりを作り易い点を大いに有効活用したい
  • 階段とフリースペースを分ける壁は腰高(H=700)のカウンタータイプがお勧め

40坪の南玄関プラン(パターン②)

40坪の南玄関プラン(パターン②)

特長

  • 4LDK、総2階タイプ
  • 玄関を中心にリビングダイニング、和室が独立型
  • 階段を中心として回遊できる非常に使い勝手の良い間取りになっている
  • 階段は、踊り場もあり安全設計
  • リビングダイニング(16帖)
  • キッチン(4.2帖)は独立型でホールからも出入りできるのは良い
  • 普段はリビングからホール、和室からホールのドア(和室側がふすま)は開けておくことで開放感が広がる
  • 2階は寝室、洋室2つ、フリースペース、バルコニー、トイレ、納戸
  • 寝室(10帖)にウォークインクロゼット(4帖)、広々スペース
  • フリースペースを挟んで、夫婦の寝室と洋室を分ける間取りは人気の1つ
  • バルコニーも広めなので、フリースペースと合わせると、かなり有効的かつ開放的空間が生まれる

留意したいポイント

  • 1階のトイレと洗面室の出入が混み合う点は注意が必要
  • 2階は洋室を子どもで決める上で、どちらにするか喧嘩しないように
  • ホールからの納戸、奥行が(W=1,360)なので、棚の取り付け方、可動式等考慮が必要

40坪の東玄関プラン(パターン①)

40坪の東玄関プラン(パターン①)

※このプランは、反転すると西玄関プランとしても活用できます。

特長

  • 3LDK(可変式で4LDK可能)、総2階タイプ
  • 1階はLDK、洋室とも南側に配置
  • 玄関横にウォークインクローク
  • ホールの幅は車いす対応の広さあり(W=1,135)
  • 階段はホール昇降タイプで踊り場もあり安全設計
  • リビングダイニングは12帖
  • キッチンはホールを挟んで水回りが離れているが、ドアを開放しておけば不便性は解消
  • キッチン(4.7帖)は対面式
  • 洋室は和室にすることも可能
  • 2階は寝室、洋室1(間仕切り可能型で2室にできる)、フリースペース、納戸、トイレ
  • 洋室は全て南側配置
  • 寝室(9帖)にウォークインクロゼット(4帖)、バルコニー付き
  • 洋室は子どもの成長に合わせて後間仕切り可能で、子どもが独立後は再度元に戻すことができる
  • 北東側にフリースペース(7.8帖)は広々
  • ホールに納戸(約3帖)は嬉しい

留意したいポイント

  • 玄関横のウォークインクロークをただの通路にならないように工夫が必要
  • 寝室のウォークインクロゼットも奥に長いタイプなので、活用に工夫が必要
  • バルコニーは南側いっぱいに広げても良い

40坪の東玄関プラン(パターン②)

40坪の東玄関プラン(パターン②)

特長

  • 4LDK、総2階タイプ
  • リビングダイニング(14帖)と和室(6帖)が並んでいるため開放感がある
  • キッチンは対面式
  • キッチン奥には家事室もあり、奥様に喜ばれるスペースとなっている
  • 階段はホール昇降で、踊り場もあり安全設計
  • 2階は寝室、洋室2、フリースペース、書斎スペース、納戸、トイレと充実の間取り
  • フリースペースからのバルコニー
  • 2階の洋室以外のスペースはかなり明るく、風通しも良い
  • 寝室(7帖)にウォークインクロゼットと収納があり、使い分けが充実する
  • 1階には家事室、2階には書斎と、夫婦に嬉しいスペースが確保されている
  • 2階ホールには納戸(2帖)、嬉しいスペース

留意したいポイント

  • キッチンと他の水回りが離れているので、家事仕事の生活導線がやや勝手が悪い
  • 玄関の正面に階段の昇降があるため、若干抵抗感が生まれる
  • 2階のフリースペースが広いため、収納(腰高位まで)があっても良い

まとめ

以前の35坪の間取りでもそうですが、35~40坪という広さは3人から5人家族にとっては平均的な広さということがイメージできたかと思います。

無駄なく効率的に有効活用できるスペースが確保できれば、施工のコストも比較的に割安で抑えることが可能です。

今回、解説した40坪の間取り例を参考に、ぜひ、ご自身たちの思い描いているマイホーム計画を実現してください。

【裏技】無料で複数の間取りプランをもらう方法

【裏技】無料で複数の間取りプランをもらう方法

そろそろ家を建てたい・購入したいと思っている方、今まさに情報収集をしている方に、無料で間取りプランをもらう裏技を教えます。

マイホームを持つということは、人生の中でもっとも高い買い物であり、失敗は絶対に許されません。

その失敗例でよくあるパターンがダントツで間取りなんです。

  • 間取りを考え中だけど、どんなプランがいいかわからない
  • おおまかに決めたけど、本当にこの間取りで良いのかが不安
  • 今住んでいる土地で、間取りプランをいくつか比較したい

ほんの一部ですがこのように、間取りで不安になる気持ちがあると思います。

そして、いくつもの間取りプランを比較せずに家づくりを進めてしまった場合、後悔するケースが非常に高くなるということです。

そうならないためには、間取りプランを手に入れ、事前によく検討するしかありません。

本来、間取り図を手に入れるためには、住宅会社や展示場に行くことになりますが、無料で間取り作成や見積もり、土地探しまでしてくれるサイトがあるんです。

いろいろ探してみたところ、無料で間取りプランをもらうには、タウンライフというサイトを利用することが一番いいという結論に至りました。

このサイトは、無料で作成できるどんなアプリやソフトよりも優れていると言えます。

事前に間取りがあると以下のようなメリットがあり、それが「無料」で手に入るなら、利用しない手はありません。

  • 間取りプランを比較し、好みの間取りを選ぶことができる
  • 色んな間取りプランがもらえるので、家づくりの参考資料になる
  • 今の間取りに足りない部分を修正し、より良い間取りにできる

複数の間取りプランを無料でもらう流れ

タウンライフの利用方法はとても簡単で、3~5分程度あれば完了します

まずは、都道府県と市区町村を選んで「無料依頼スタート」をクリックします。

次に入力フォームが表示されるので、必須項目を自分の希望通りにアンケート方式で入力していくだけです。

STEP1

1点、ここでの注意点としては、「要望欄」にできるだけ詳しく自分たちの希望を書き込むことです。

全ての項目を入力後に「会社選択ページ」に進むと、条件に見合った住宅会社が表示されます。

エリアによって何社もの会社が表示されますが、その中から気になった会社を選択するだけです。

STEP2

あとは選択した会社から間取りが来るのを待つだけで、例えば、以下のような間取りが送られてきます。

もちろん、正式な間取りともなると、何度も打ち合わせを重ねて完成するものなので、現時点でもらえる間取りは「ラフプラン」だと思ってください。

本来であれば、住宅展示場や営業事務所などに出向き、営業マンから長い話を聞かされ、しかも何社も同じことを繰り返してやっと手に入るものです。

それが自宅にいながら手に入るのは、とても大きなメリットがあるのではないでしょうか。

タウンライフのQ&Aコーナー

しかし、どんなにメリットのあるサイトでも、初めて聞くサイトで不安があるかと思います。

気になった質問を実際に運営会社に質問し、回答のあったものをまとめてみました。

Q:本当に利用は無料なの?

サイトの利用料や送られてくる資料などの費用は一切かかりません。
もし営業電話がかかってきて断ったとしても、何か請求されることはありませんので安心してください。

Q:利用したら契約を迫られるの?

あくまで無料で利用できるサービスのため、契約を迫られることは一切ありません。
もし自分たちの思い描いている条件で見合った会社がない場合、きっぱりと断ってしまってOKです!

Q:もし契約したら仲介手数料は取られるの?

提携会社(全国600社以上)の広告料でまかなっているため、当社から仲介手数料を請求することは一切ありません。

Q:何社からも営業電話は来るの?

必ずかかってこないとは言いきれません。それは一括サービスのため、見込み客を他社に奪われたくないからです。
しかし、カタログやパンフレットといった資料だけが欲しい場合や、メールでのやり取りを希望ということを記載すれば、かかってくることはありません。

とのことです。

また、補足となりますが、第三者の調査機関によるアンケートモニターで、ユーザーによる「利用満足度」「知人にお薦めしたいサイト」「使いやすさ」で堂々の3冠を達成しているのも安心です。

無料プレゼントの特典が凄い!

タウンライフでのお問合せ後に確認用のメールが送られてきます

そこにはURLが記載されていて、『家づくり成功の7つの法則(PDF)』が無料で貰えます

毎月99名とありますが、おそらく全員にプレゼントしていると思います。

家づくりの知識がなくても間取りやデザイン考案の参考になり、役立つ情報が満載です。

ちなみにこの冊子は、1級建築士が執筆したものになるので、信頼性はバッチリです。

無料のソフトやアプリを使って、自分なりに思い描く間取りを作るのも面白いですが、所詮は素人です。

せっかくならプロ目線で作られた、ちゃんとした間取りを手に入れてみませんか?

自分たちの要望を取り入れた間取り図のほか、見積もりや土地情報、カタログ等も一緒にもらえるので、家づくりの情報収集としても役立つと思います。

▼ 無料で間取りプランを一括依頼 ▼