人気があるハウスメーカーはここで決まり!

人気があるハウスメーカーはここで決まり!

家を建てようと決めたとき、工務店に依頼すのか、またはどのハウスメーカーに依頼すればいいか迷うはずです。

どのような家を建てるのかによって選択肢が狭まるかもしれませんが、世間で評価されている人気のハウスメーカーはどこなのか、ちょっと気になりませんか?

後悔しない家づくりの参考として、人気のある住宅会社のリサーチをしてみるのもいいですね。

ハウスメーカーと工務店といっても各社様々ですが、着工数だけでいうと圧倒的にハウスメーカーが多いのが現状です。

その多くの人たちがハウスメーカーに依頼する理由はなんなのでしょうか。

ハウスメーカーに任せられる理由

一般的に工務店よりもハウスメーカーの方が、品質や価格のバランスが整っていると感じるのではないでしょうか。

ハウスメーカーでは、まとまった着工棟数を契約しているため、高品質の建材でも安定した価格で仕入れることができるメリットがあります。

また、企業規模が大きいほど仕入れのルートも広く、それだけ施主の住宅に関しての選択が広がります。

大手ともなると、全国規模のネットワークを持ち合わせ、どの地域の人たちでも安心して依頼することができます。

ハウスメーカーは進化している

もう数十年前の話しですが、あるハウスメーカーで決められた仕様を変更し、個性的な家を建てた知り合いがいました。

その結果、工事費(総額)が想像以上に高くなってしまったということを聞いたことがあります。

それを聞くと、ハウスメーカーは標準仕様の組み合わせしか対応できないのでは?というイメージがありますが、実際はそうではありません。

もちろん、標準仕様で間取り等が変更できない商品もありますが、初めからプランを考えて作り上げていくという、ユーザーの様々な要望に応えられる「自由設計」の商品もあります。

デザイン素材も好きに選ぶことができ、このような商品を扱っている三井ホーム、三菱地所ホーム、アキュラホームなどが人気となっています。

人気のハウスメーカー「ポラス」

いま注目されているハウスメーカーの一つにポラスという会社があるのですが、ここは埼玉県に本社を構え、埼玉、東京、千葉を主に展開しています。

関東圏だけだと思いますが、「ポラスで暮らそう♪」というフレーズのCMでも有名です。

ポラスは「生産量」と「精度」の面において、日本トップクラスを自負する自社プレカット工場を持ち、木材加工を高いレベルで行っています。

良い暮らしの環境を作りだすのは「デザイン」「構造」「住環境」ですが、ポラスでは、このデザイン・構造・住環境に対しての専門的研究所を設立し、家づくりに真剣に向きあっています。

地盤改良の研究もしっかりしていて、設計から販売、その後のメンテナンスまで全てグループ内で管理していることも魅力です。

また、ポラスでは人材育成にもかなり力をいれていて、優秀な数多くの人材を輩出し、地域に深く浸透した評判のハウスメーカーでもあります。

人気のハウスメーカー売上げランキング

数多くあるハウスメーカーの中から人気のある会社はどこなのか?

様々な指標があり、それぞれの家庭では完成した家に対して求めているものも違いますし、主観なども入ってきますので、これに対する明確な回答は難しいです。

実際に家を建てた人は、依頼した会社のことしかわかりませんので、あの人にとってはA社かもしれませんが、あなたの場合はそうでないかもしれません。

そこで、人気度を計るバロメーターとして最も説得力のある「売上げ」で判断したいと思います。

売上げがトップクラスに位置しているということは、それだけ企業規模が大きいということです。

大手に依頼するメリットは潤沢な資金力にあり、家づくりが始まって完成するまでの間に会社が倒産してしまうようなこともなく、安心して任せられます。

稀に建設段階で倒産してしまう住宅会社もありますので、規模が小さければ小さいほど緊張状態が続き、ストレスを抱えてしまうかもしれません。

そのようなことがないよう、せめて「瑕疵保険」に入っている住宅会社に依頼することをお勧めします。

さて、売上げ規模の多いハウスメーカーの話しに戻りますが、2019年度の5位までをご紹介します。

売上げ1位は大和ハウス

ここ数年間、ダントツでトップをひた走っている最大手のハウスメーカーです。

大和ハウスでは主に分譲住宅を扱っていて、その他に賃貸住宅や土地の売買も展開しているため、総合的に売上げ規模が大きい要因となっています。

売上げ2位は積水ハウス

テレビコマーシャルでもよく見かけ非常に知名度が高く、家を建てるなら真っ先にここに依頼をしようと思っている方も多いのではないでしょうか。

積水ハウスは、年間での太陽光発電システム搭載棟数、燃料電池(エネファーム)搭載棟数、スマートタウン展開数、リフォーム売上高などの分野で常にトップランキングに入っています。

売上げ3位は飯田グループHD

飯田グループHDは、一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームの6社が統合してできた企業です。

最近では、テレビコマーシャルでの宣伝も積極的に取り入れ、知名度もアップしてきているのではないでしょうか。

売上げ4位は住友林業

住友林業は、日本国土の900分の1もの山林を保有し林業を営んでいて、木材や建材の質と流通事業に真剣に取り組んでいる企業です。

売上げ5位は旭化成(ヘーベルハウス)

一戸建てであれば、旭化成というよりもヘーベルハウスのほうが馴染みがありますね。

ヘーベルハウスは、重量鉄骨造で、耐久性と耐震性に優れている家づくりをしてくれます。

川が決壊し、濁流の中でもビクともしなかったニュースは記憶に新しいのではないでしょうか。

このように見ると、人気のあるハウスメーカーというのは資金力があり、広告等で広く認知されたブランド力のある企業が多いことになります。

年間着工棟数ランキング

年間の売上げベースだけでなく、年間着工棟数が多いこともそれだけ支持があるということなので、間違いなく人気のハウスメーカーになります。

年間着工棟数ランキングで見ると、大和ハウスではなく、積水ハウスが1位となっています。

2位との差はなんと倍近くあり、それだけ支持されているということで人気度は本物と言っていいでしょう。

その第2位はセキスイハイムで、3位は大和ハウスと続きます。

そのセキスイハイムは積水ハウスと似ていますが、全く別の会社のため注意してください。

家づくりは一生に一度のことなので、どのハウスメーカーに依頼しようかと決め兼ねるのは仕方ありません。

時間をかけて慎重に、様々な視点から検討してください。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する