限られた予算で理想の家を建てる方法

限られた予算で理想の家を建てる方法

家づくりでもっとも頭を悩ませることは、予算と理想が混在した家との兼ね合いです。

このページでは、土地や業者探しの段階から将来的なランニングコストまでを考えた、家づくりにおける賢い費用のやりくり方法を紹介します。

家にかけられる予算は限られていますので、知恵と工夫を駆使して家を建てた人のアイデアを参考に、世界に一つのだけのマイホームを手に入れてください。

スポンサーリンク
  1. 土地探しと業者選びの時期
    1. 譲れること譲れないことを話し合う
    2. 家のサイズをあらかじめイメージする
    3. 相見積もりを取るなら総合的に比較
    4. 土地探しは人気エリアの周辺を探す
    5. 家を建てると決めたら頭金を貯める
    6. 金利の違いで大損するケースもある
  2. 初期に考えたい費用のやりくり方法
    1. 外観をシンプルな箱形にする
    2. 屋根の形も単純にすればローコスト
    3. 小さな窓を2つより大きな窓を1つに
    4. 施主支給するならあらかじめ相談する
    5. コストで選ぶなら引き戸より開き戸に
    6. 図面変更はコストアップになる
    7. 本格的な和室より洋室風の畳コーナーに
    8. 2階のトイレと洗面台について
    9. 構造や断熱に関わる部分はケチらない
    10. 業者が渋るプランはコストアップの可能性あり
  3. 打ち合わせ後期までに考える費用のやりくり
    1. 壁塗りや床の塗装は自分でやる
    2. 設備機器は適切なグレードのものを選ぶ
    3. 無垢材の床も種類によって安く手に入る
    4. 収納は扉をつけずカーテンで代用
    5. 個室はペイント壁を選ぶ
    6. 壁紙や塗料は1種類に絞る
    7. カーテンは手作りすれば費用が激減
    8. 外構工事もDIYに挑戦する
    9. 細かいパーツは自分で手に入れる
    10. 外壁はメンテナンスまで考える
    11. まとめ
  4. マイホームを検討している方は必見!
  5. 住宅業者によって価格が異なる
  6. 自分たちのプランに合った業者を選ぶ
  7. 工務店に依頼した場合
  8. ハウスメーカーに依頼した場合
  9. 理想の住宅業者を探すにはどうするの?
  10. 無料の一括比較サービスを使ってみる

土地探しと業者選びの時期

初期段階のこの時期では、どのような家にしたいかを明確にしておくことが必要です。

そして、住宅ローンや返済計画についてもしっかり考えておくことで、あとになってから余計な費用がかかるのを避けることができます。

譲れること譲れないことを話し合う

どうしても実現したいもの、予算内でできるなら実現したいもの、あったら便利だと思うもの、なくてもいいものなど、外観や間取り、設備、素材への思いがあると思います。

それを家族でしっかりと話し合い、こだわりたいことから優先順位をつけておきます。

そのうえで依頼する業者に話せば、自分たちが思い描く住まいのイメージがスムーズに伝わるため、予算内でどんなやりくり方法があるのかを提案してもらうことができます。

家のサイズをあらかじめイメージする

大きな家を建てるとなると、施工費や材料費などの費用がかさむため、コンパクトに建てることが最大のコストカットにつながります。

図面ができてから面積を削ろうとするとバランスがおかしくなるため、自分たちに必要な坪数がどのくらいかをあらかじめ考えておきましょう。

4人家族であれば延床面積が30坪あればLDKと個室が3つ確保することができ、1階に和室を設けるのであれば35坪は欲しいところです。

そして、同じ坪数だとしても廊下を無くせばそれだけ部屋を広くすることができます。

相見積もりを取るなら総合的に比較

業者選びで迷ったとき、複数の業者から見積もりを取って比較することが効率のいい方法です。

しかし、詳細設計前のこの段階での費用はあくまで概算のため、見積もり価格や各業者の仕様を比較することは困難です。

そこで見るべきポイントは、大枠として予算内におさまっているか、伝えたイメージをどのくらいくみ取ってくれているかを見極めることです。

依頼する業者になる可能性があり、これから長いつき合いになるため、プランナーとの相性も重要なポイントになります。

駆け引きなく本音で話せそうな相手なら、その後のコスト面の相談もしやすくなるでしょう。

土地探しは人気エリアの周辺を探す

人気のある地域は、当たり前に地価が高い傾向にあります。

それを踏まえ、少しだけ範囲を広げるだけで、同じような環境や利便性のいい安い土地が見つかることがあります。

人気エリアから前後1駅ずらしたり、駅やスーパー、小学校などを中心に行き来できる範囲で円を描いてみるのもオススメです。

また、地価の高い土地は、その後の固定資産税も高くつくため注意が必要です。

家を建てると決めたら頭金を貯める

借り入れ金額をできるだけ抑えることで、総返済額に大きな違いが出てきます。

金利や返済年数にもよりますが、頭金を100万円増やして借り入れを減らせば、月々の返済は約3,000円の減額になります。

利息も余分に支払わずに済み、そのぶん欲しかった設備にお金をまわすことができるため、まずは頭金を貯め、借り入れ後も節約して繰り上げ返済の活用をしましょう。

金利の違いで大損するケースもある

例えば、35年返済で3,000万から3,500万円の借り入れする場合、金利が0.1%違えば総返済額に60万~80万円の差が出てきます

結果的に損をしないよう、各銀行のローンの金利はしっかりと比較しましょう。

将来において低金利が続きそうであれば変動金利にし、3年~10年の固定金利が上がりそうなら長期固定金利が(現在は)お得かと思います。

初期に考えたい費用のやりくり方法

業者が決定したら、具体的なプランニングに入りますが、打ち合わせの初期は、外観や間取りについての話がメインになります。

ここは費用に大きな影響が出る重名な部分ですので、納得しながら慎重に進めてください。

外観をシンプルな箱形にする

同じ延床面積なら、シンプルな箱形の総2階建てにすれば、基礎と屋根の大きさを最大限に使え、工事の効率もよくなり建築費用を抑えることができます。

しかし、1階を広く確保したい場合には、それに合わせて2階も大きくすると施エ面積が増えてしまい、コストが高くついてしまいます。

また、平屋だと欲しい延床面積分の広い基礎と屋根が必要になり、総2階にすればどちらも2分の1で済むぶん安くなります。

屋根の形も単純にすればローコスト

屋根の形状は、片流れや切り妻などのシンプルなデザインほど費用が安く済みます。

屋根に小さな空間を設けるドーマーや、カーブのある屋根などは構造的にも手間がかかるため、材料費がアップしてしまいます。

また、勾配の強い屋根も、内部の施工や屋根自体の面積が増え、工事用の足場が必要になるぶんコスト高になってしまいます。

反面、単純な形の屋根だと雨もりなどのリスクが少ないため、将来的なメンテナンスコストを抑えることができます。

小さな窓を2つより大きな窓を1つに

窓は採光や通風、外観などを考えてプランニングしています。

そのため、コストダウンの目的というだけで減らすのは避けたいところですが、小さな窓をいくつも設けるよりも、大きな窓1つにまとめるほうが費用を抑えることができます。

例えば、人目につかない場所は、グレードを下げた安価な窓にするのも一つのアイデアで、費用がオーバーしたときには施工業者に相談してみるのもいい手です。

施主支給するならあらかじめ相談する

施主支給(自分で購入・調達すること)を受け入れてもらえる業者かどうか、またどの程度のものまでOKかは、初期段階で確認しておきましょう。

小物はいいけれど設備機器や内装材などはNGという場合もあるため注意が必要です。

また、欲しいものを伝え、依頼する業者経由で仕入れてもらったほうが安く済むこともあります。

コストで選ぶなら引き戸より開き戸に

引き戸は戸袋やレールの材料費、造作の手間賃などがかかるため割高となり、使用する建具にもよりますが、開き戸にくらべると2割~3割のコストアップになります。

LDKの一角に和室を設ける場合、サニタリーなどの普段は開放したまま使いたい場所だけ引き戸にし、その他の場所は開き戸にするのがオススメです。

クローゼットなどの扉は、家具の配置とも関係してくるため、どちらにするかはよく考える必要があります。

図面変更はコストアップになる

設計図面を何度も描き直してもらうと時間がかかり、不要に工期が増してコストアップになるケースがあります。

迷いや悩みがあれば、担当者に相談して一緒に考え、決定したことはなるべく覆すことのないようにしましょう。

特に施工後の変更は大幅なコスト増になるため注意してください。

本格的な和室より洋室風の畳コーナーに

子どもの昼寝場所や来客時の宿泊用として和室を希望する人が多いですが、本格的な和室にするには決まり事が多く、材料費や工事費も洋室と比べると3割ほどアップします。

壁や天井を洋室仕上げにした和室であれば割安で設けることができ、LDKの一角に置き畳を敷いて畳コーナーにする方法であれば用途が広がります。

2階のトイレと洗面台について

2階にも水まわりを作るとなると、配管や造作などの工事費や設備などの材料費が倍になります。

掃除の手間やメンテナンス費用等も考慮し、本当に2つも必要かを充分に検討してみてください。

もし作るなら1階と2階で同じ位置に揃え、配管工事の手間を減らしてコストダウンを図りましょう。

構造や断熱に関わる部分はケチらない

各業者は、構造・気密・断熱などの性能について、自社の仕様に合わせて総合的に考えてプランを作成しているため、基本的な部分はいじらないほうが無難です。

断熱に関しては、地域の気候に合っていればそのままにし、温暖な地域でのトリプルサッシや北欧仕様の断熱材など、過剰対策となっている場合は採用せず、費用を抑えるのもいいでしょう。

業者が渋るプランはコストアップの可能性あり

大きな開口部をとり、1階全体を柱のない広いワンルームにしたいなどの希望は、業者によっては実現してくれるかもしれません。

そのために構造部分に補強を施すなど、見えない部分にコストがかかることもあるため、希望のプランに対して業者側が難色を示すときは耳を傾け、費用や工期がどう変わるかを確認してください。

打ち合わせ後期までに考える費用のやりくり

打ち合わせ後期に入ると、具体的な設備や内装などを決めていきます。

たとえ1つあたりの節約金額が小さくても、積み重なれば大きな金額差になるため、よく精査したうえで、少し手間はかかりますがご自身で対応しましょう。

壁塗りや床の塗装は自分でやる

壁や床の塗装を自分たちでやれば人件費の節約になるうえ、またとない家づくりの思い出にもなります。

しかし、塗装前のヤスリがけや養生などに手間がかかり道具代もかかるため、ある程度まとまった面積を施工しないとコストダウンにならない場合もあります。

また、DIYに不慣れですと時間がかかってしまい、工期が延びる原因になるため注意が必要です。

設備機器は適切なグレードのものを選ぶ

高機能の上位機種は魅力的ですが、高価でオーバースペックのものがほとんどです。

例えば、トイレのタンクレスで自動洗浄機能付き便器は、タンクありタイプの1.5倍~2倍の価格になり、別個に手洗い器も必要になるため費用もかさみます。

メーカーや機種にこだわりがないなら、業者の仕入れルートがあるため、安く仕入れられるものを聞き、その中からセレクトするのが賢いやり方です。

無垢材の床も種類によって安く手に入る

無垢の床材ではパインは安く、オークやメープルは比較的高価になります。

床は部屋全体のイメージを左右する大きな要素となるため、慎重に決めてください。

同じ木種でも幅の狭いものや長さの短いもの、節などのあるものは安く手に入るため、こだわりがなければコストダウンの要素になります。

ご自身で安いものが見つけられるならそれもひとつの手ですが、施工面積に対して多くの仕入れないと足りなくなるので、必要な量は業者確認をしたほうがいいです。

収納は扉をつけずカーテンで代用

廊下の収納部やウォークインクローゼットの入り口、洗面台下、キッチン下などは、カーテンで目隠しすることで扉代を減らせます。

また、子ども部屋や洗面コーナーなどの入り口も枠だけ付けてもらい、本当に必要になるまではオープンにしておくのもいいアイデアです。

いずれ必要になるタイミングがきますので、その時に好みのドアを取り付ければいいだけです。

個室はペイント壁を選ぶ

少し殺風景となりますが、ペイント壁にすれば、材料費と施工費とも漆喰の塗り壁の約2分の1に抑えることができます。

メリットは簡単に塗り替えができるので、子ども部屋や寝室などに施し、落書きもできるため、遊び心をプラスしたい部屋にオススメです。

石こうボードにパテを塗った塗装下地に直接塗るため壁紙は不要で、また、最近の水性塗料は色数が豊富で、あなた好みの色が見つかると思います。

ちなみにコスト的に一番安く済むのは壁紙ですが、おしゃれな輸入壁紙にした場合は、ペイントより高くつくことがあります。

壁紙や塗料は1種類に絞る

個室それぞれに壁、床、扉の色、壁紙のデザインに変化をつけることは魅力的ですが、たくさんの種類の材料を用意しなければなりませんのでコスト増となります。

統一できるところは、なるべく同じもので揃えることでコスト安となり、住まい全体の雰囲気をまとめるのにも効果的になります。

そうはいっても、単調すぎるのもつまらないので、シンプルなクロスに、所々にアクセントクロスを足すといったやり方で変化をつけるのも面白いと思います。

カーテンは手作りすれば費用が激減

好みに合うカーテンを探すのは時間もかかりなかなか決まらないため、いっそのこと手作りにしてみるのもひとつの手です。

好きな布を直線縫いするだけでもいいし、小さな窓ならキッチンクロスやストールなどでもカーテンの代わりに使えます。

カーテンレールはつっぱり棒で代用可能で、大きな窓だけオーダーすれば、全てオーダーする場合の3分の1程度の費用で済みます。

外構工事もDIYに挑戦する

DIYするなら、比較的簡単にしやすいのが外構です。

板塀作りや塗装、アプローチのレンガ敷きなどを自分たちでやれば、大きくコストダウンすることができます。

しかし、自分で作ったものならメンテナンスが楽ですが、耐久性や安全性を考えれば、塀の基礎や主柱、アプローチの下地などはプロに頼んだほうが安心です。

細かいパーツは自分で手に入れる

スイッチカバーやフック、取っ手、水栓金具といったパーツ類は選択肢が無数にあるため、業者にイメージを伝えても希望に合ったものを探してもらえるとは限りません。

施主支給が可能なら、安くてイメージに合うものを自分で探すのがいちばんの早道です。

しかし、似たようなものでも価格の幅が大きいため、ホームセンターやアウトレットショップを活用したり、古道具屋さんで掘り出し物を探してみるのもいいでしょう。

外壁はメンテナンスまで考える

立地条件によって差がありますが、外壁が塗り壁や塗装壁の場合、汚れたり色あせたりする目安が約10年~20年でメンテナンスが必要になります。

光触媒入りの塗料を使ったり、塗り壁に光触媒コーティングを施したりすれば費用はかさみますが、メンテナンスが不要のため長い目で見ればお得になります。

塗り壁風のサイディングを使って外壁はシンプルにし、内装にこだわるのもいいでしょう。

まとめ

さて、具体的なケースについて解説してみましたが、いかがでしたでしょうか?

家を建てるには限られた予算というものがありますが、予算がオーバーするからといって本当に必要なものまで諦める必要はありません。

今回ご紹介したケースを参考に、自分たちでも上手くコストコントールできる方法を見つけてみてください。

マイホームを検討している方は必見!

マイホームを検討している方は必見

家を建てるということは、人生において一番高い買い物だと思います。

それだけに、家づくりは失敗したくないという不安や悩みがあるのではないでしょうか。

例えば、

  • 家を建てても住宅ローンを支払っていけるか
  • 生活がしずらい間取りになってしまわないか
  • 希望の予算でこだわりの家を建てられるか
  • 立地のいい土地がなかなか見つからない

など、悩みであったり希望は尽きることがありません。

そしてなんといっても、「少しでも安く済ませたい」というのが本音ではないでしょうか?

ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、住宅業者はたくさん存在します。

その中から『自分たちが思い描く理想のマイホームづくり』をどこにお願いするのか、不安を解消し、少しでも安く良い業者を見つけるにはどうすればいいのかをお教えします。

住宅業者によって価格が異なる

まず、家を建てる前の流れとして、事前に頭に入れておきたいポイントが2つだけあります。

1つ目は、住宅業者によって価格の設定が異なるということです。

家の内訳を大まかに分けますと、

  • 間取り
  • 外壁と屋根
  • 内装とデザイン
  • 設備(トイレ、キッチン、お風呂、冷暖房など)
  • 収納設備
  • 住宅性能(耐震・免震、ZEH(ゼロエネルギー住宅)、断熱など)

このような内容がありますが、各項目の金額の差を一つずつ比較していくと、合計で数百万円もの価格差が出てきます

自分たちのプランに合った業者を選ぶ

家づくりにおいてとても重要なことが次の2つ目です。

住宅業者によって価格設定が違うため、自分たちのプランにマッチする業者選定が必要不可欠になります。

例えば、以下のように、自分たちの要望によって業者が変わってくることを念頭に入れておくことが大切です。

この項目だけではなく、それぞれの業者には得手不得手がいくつもあります。

どこの業者にお願いすべきなのか迷いますが、ここを間違えると後悔することになるので、慎重に検討する必要があります。

実際に工務店とハウスメーカーの場合を例に挙げてみます。

工務店に依頼した場合

具体的なケースとしては、安さを重視するため、工務店にお願いするパターンが多くあります。

工務店の安さの秘密は、そこまで複雑でない間取りや、必要最小限にとどめた建材・設備などが要因として挙げられます。

つまり、オリジナリティー溢れる間取り設計や自分たちの要望を100%加味していくと、当初の予算よりも大幅にオーバーしてしまい、いきなりハイコストの家となってしまいます。

これでは、工務店にお願いする意味がなくなってしまいます。

もちろん、予算はあまり気にしないということであれば、ハウスメーカーよりも融通がきく工務店の選択はいいかもしれません。

ハウスメーカーに依頼した場合

その一方、ハウスメーカーに依頼した場合はどうでしょうか。

ハウスメーカーのいいところは、長年培ってきた実績とノウハウがあるため、様々なデータをもとに、新しい技術の導入や生活動線(間取り)などを研究しつくしています。

言い方を変えると、間取りをフルオーダーで設計・変更することはできませんが、自分たちの思い描く間取り(プラン)が必ずあるということです。

工務店と比べると建築実績数が桁違いに多いため、ハウスメーカーはどのような間取りが理想なのか、考え抜かれたプランを提供してくれます。

つまり、無駄がないため、追加で何かをプラスしたり変更する必要がなく、余計な出費がかさむことがないということです。

理想の住宅業者を探すにはどうするの?

例えば、ハウスメーカーといっても、大和ハウス、積水ハウス、住友林業、ヘーベルハウス、セキスイハイムといった、誰もが一度は聞いたことのある大手から、中堅クラスでも、住友不動産、クレバリーホーム、ミサワホーム、東急ホームズ、ヤマダホームズなど多く存在します。

また、地元に根付いた工務店ともなれば、ハウスメーカー以上に数が存在します。

そのため、各業者に個別で連絡して資料請求したり、自分たちの建てる家の要望を伝えるのはとても非効率なんです。

それが簡単な方法で、最適な業者を探すことができる方法があるんです。

その方法というのが、一度の問合せで複数の業者にアプローチできる「一括比較サービス」を利用することです。

自分たちがイメージしている間取りや土地探しまで、大よその予算を入力していくだけで、その内容に対応したハウスメーカーや工務店に一括で問合せすることができます。

夏や冬ですと展示場に行くことが億劫になりますし、特に営業マンにつかまってしまうと、何社も回ることができず、じっくり検討することもできません。

「一括比較サービス」であれば、一回の問合せだけで複数社の情報がまとめて入ってくるため効率がいいのです。

そして、その手に入れた情報というのは、最強の武器にもなります!

例えば、仮見積りのような情報を手に入れた場合、他社との比較ができるため、どこにお願いすれば安くすむか一瞬でわかります。

それに、どの業者も嫌う「相見積もり」というものがありますが、それに近い情報を手に入れることができるため、他の業者との交渉や、値引き・オプション追加などで有利に進めることができるのではないでしょうか。

無料の一括比較サービスを使ってみる

使い方はすごく簡単で、必要情報を入れるだけで、地元の工務店や大手のハウスメーカーに一括で依頼することができます。

  • 最適な間取りプラン
  • 効率のいい資金計画
  • 立地のいい土地探し

これらが無料で、しかもたったの3分程度で比較が可能です。

また、自分たちが希望とする内容を要望欄に詳しく記載することで、以下のような間取りの提案が貰えたりもします。

タウンライフ家づくりで貰えた間取り

今まさに家を建てたい方、まだ情報収集の段階でじっくり検討したいという方でも、無料で利用することができます

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、数百万円もの差が出ることもあるので驚くと思います。

各ハウスメーカーからの資料比較で、最もお得で価値ある提案を選ぶ!

これは家を購入するにおいて大切なことで、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することが重要ということです。

≫≫≫毎月5,000人以上が利用する一括サービスを試してみる