長期優良住宅にしたローコスト住宅の考え方

長期優良住宅にしたローコスト住宅の考え方

ローコスト住宅にするためには、出費を抑えるために工夫することが必要ですが、目先のことにとらわれず、丈夫で長持ちする長期優良住宅にするという考え方もあります。

長期優良住宅でコストを抑える

例えば、長期優良住宅にした場合、将来的に大きな改修や補修などをする必要がなくなるため、長期的にみれば最終的にコストを抑えることにつながります。

そして、耐久性や耐震性、省エネを考慮した家は長期優良住宅となるため、国からの減税補助や税金面でも優遇されます。

長期優良住宅として認定されるには条件があり、家の構造、屋根裏や床下の通気を確保し、防腐処理などで劣化しにくくし、他にも将来を見据えた臨機応変に変更できる間取りにしておくことなどが条件になります。

また、定期的なメンテナンスをすることも重要で、長く住み続けられる家となるため覚えておくといいでしょう。

ランニングコストを抑えた省エネ住宅

家を建てる時、同時に考えておかなければないことがあります。

それは、今後必要となるであろう子供の教育費や自分たちの老後の資金などですが、それとは別に家にはランニングコストがかかってくるということです。

家にかかるランニングコストとは、家本体の維持費や生活がスタートした時にかかる光熱費などです。

家を建てるのに必要な費用を低く抑えられたとしても、その後のランニングコストがかかってしまう家は最終的にローコスト住宅とはいえません

ランニングコストを抑えた家にするためには、自分たちが希望すること、優先したいことを設計の段階で業者に伝えることが必要です。

とくに光熱費を抑える省エネ住宅の場合は、建築構造や間取りプランにも大きく影響してきますので、設計の段階が重要ということです。

省エネ住宅で一番気を付けることは冷暖房のコストのため、断熱工事をしっかりすることが大切です。

そのため、断熱材を屋根や外壁、床下までに入れることが必要で、しっかりしている建物であれば冷暖房費用を節約でき、結露を防ぐことができ長持ちする家にすることができます。

また、断熱材だけでなく窓も重要な役割をしますので、断熱性能の優れた複層ガラスを使用し、熱損失が高いと言われている窓の断熱対策しっかりしまよう。

光熱費を節約する工夫

冬は断熱ですが、それだけでなく太陽の光を部屋に取り入れる工夫をし、夏場は熱気がこもらないよう、空気の流れがスムーズに抜ける間取りの工夫をします。

また、中庭を作ることで日当たりと採光に優れた省エネ住宅にもなります。

家が密集しているような場所では採光や風通しをどうするかが問題ですが、このような立地条件の場合は建物の中央に中庭をつくり、中庭に面した一階と二階に開口部をつくれば日差しも風通しも良くなります。

そして、水回りの設備としては効率の良い節水タイプにしたり、従来のものよりも少ない熱でお湯を沸かせる高効率給湯器を使用することで水道代が3割以上抑えられます。

また、通常の換気扇では冷暖房の空気が入れ替わってしまいますが、熱交換型の換気扇であれば室内の汚れた空気と新鮮な外気を入れ替えることができます。

LED照明でランニングコストを抑える

近年、白熱電球に代わりLEDが主流になっています。

個人的には白熱電球の優しい光の方が好みなのですが、電力を抑えられることと長期間使用できるということで、ほとんどの家庭ではLEDを使用しているのではないでしょうか。

白熱電球とLEDの価格を比較すると、単体の電球だとLEDの方が何倍も高いですが、シーリングライトなどの器具一体型であれば、白熱タイプと変わらない価格になってきています。

LEDは消費電力が少なく寿命も長いため、どちらを選ぶかは言うまでもありません。

外壁の塗り替え期間は長くする

雨風や太陽にさらされる外壁は、面積も広く内装に比べてメンテナンスコストがかかります。

家を建てる際に、見た目重視や低価格の素材を使ってしまうと、後に後悔することになるので注意が必要です。

通常、外壁の仕上げには、モルタルのような湿式法とタイルやサイディングを張っていく乾式法があり、メンテナンスがしやすい仕上げ材は、重ね塗りができるモルタルや耐久性に優れたガルバリウム鋼板です。

その一方、材料費用は安く維持費がかかるものがあります。

サイディング塗装版はコストが安く、ローコストで家を建てたい人に人気ですが、10年から15年も経過すると塗り替えが必要になります。

その費用は相場で100万円ほどかかるため、メンテナンスの期間が短く低コストのサイディングを選ぶか、錆びにくくメンテナンス期間の長いガルバリウム鋼板にするかなど、見積もりの段階で確認してみてください。

まとめ

ローコスト住宅にするための方法はいくつもありますが、このページでは主に、省エネルギー仕様の家における光熱費を抑えた考え方について触れました。

家を建てた後の長きにわたる生活費を抑えるということは、紛れもなくローコスト住宅といっていいでしょう。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する