1,000万円の家を建てることはできるのか

1,000万円の家を建てることはできるのか

家を建てたいけれど、少しでも価格をおさえたいと思うのが本音だと思います。

しかし、そのようなローコストで建てた家ですと、自分たちが思い描いている理想の家どころか、満足度の低い家になってしまい、後悔する可能性が大きいです。

そうはいっても、安い家はとても魅力ではありますが、そもそも、1,000万円(土地を所有していることが前提)という価格で家を建てることはできるのでしょうか。

1,000万円の家の希望は捨てたくない

1,000万円で家が建てられるのであれば、それは破格の価格なのは間違いありません。

では、賃貸暮らしで毎月の家賃を支払い続けるのはどうなのか?

そのような疑問があれば、すぐにでも今ある資金や今後支払い続ける家賃を、マイホームに充てたいという気持ちもあるでしょう。

結論として、1,000万円台の価格であれば家を建てることは可能です。

しかし、注意しなければならない問題点や制約があることをよく認識したうえで納得しなければなりません。

1,000万円台の家の返済プラン

1,000万円の家でも高額な買い物には違いありませんので、計画的な月々の返済プランをシミュレーションする必要があります。

変動金利、固定金利の選択肢がありますが、変動金利はその言葉の通り、融資側(銀行)が市場動向を踏まえ毎月変動させる方法で、固定金利よりも利子が安くなります。

一方の固定金利は、一定の期間(5年や10年など)の金利が固定されていますが、変動と比べると倍、もしくはそれ以上の高い利子を支払い続ける必要があります。

1,000万円の住宅を建てる場合、仮に35年ローンのボーナス払いなし、変動金利が0.5%ですと、月々の返済額が25,958円で総額は10,902,385円となります。

固定金利の場合、仮に1.5%ですと毎月の返済額が30,618円、総額が12,859,535円になります。

これは既に土地を所有していて土地の購入費を含めいない前提ですが、この金額であれば家計の負担もかからないため、現実的に1,000万円の住宅は夢ではないことになります。

そして、土地なしの場合はどうなるかというと、以下のような感じになります。

土地代が1,000万円かかったなら、住宅の建設費用を合わせると2,000万円となり、状況は一変することが容易に想像できるかと思います。

更に1,000万円の住宅とはいうものの、建設費用や土地の購入代金といったもの以外にも、別途費用がかかるものがあります。

土地の地盤強度が低ければ着工前に地盤改良をしなければなりませんし、外構工事(建物本体以外の庭や玄関、塀や門、カーポート)などがありますので注意が必要です。

この別途費用ですが、目安としては本体価格の2割程度を意識するようにしてください。1,000万円の家とはいうものの、実際に1,000万円ピッタリの価格で家を建てることは難しいのが現実です。

坪単価20万円の罠

ローコスト住宅を扱うハウスメーカーでは、売り出し文句として「坪単価20万円の家」と書かれているのをよく見かけます。

坪単価20万円だとすると、1,000万円あれば50坪の家が建てられ、持ち家一戸建ての平均の40坪を上回る大きな家が建てられるように思いますよね。

しかし、こういったローコストを勧めている住宅メーカーの坪単価にはカラクリがあります。

そもそも、坪単価はどのように計算するのでしょうか。

坪単価とは家を建てるときの1坪当たりの建築費のことで、建物の本体価格を床面積(坪)で割った数値のことを指します。ゆえに、

[坪単価] = [建物の本体価格] ÷ [床面積(坪)]

という計算式が成り立ちます。

床面積とは

建物の面積を見る時に「延べ床面積」と「施工床面積」というものがあります。

「施工床面積」というのは、ベランダ、車庫、玄関ポーチなどを含む、全体の大きさのことで、どこまで施工床面積に含むかは各住宅メーカーによって異なります。

「延べ床面積」とは、それらを含まない純粋な床の広さです。そして、「施工床面積」で計算した方が坪単価は安くなります。

「施工床面積」と「延べ床面積」のどちらで計算するかは各住宅メーカーによって異なりますが、ローコストの住宅メーカーは「施工床面積」で計算することが多いようです。

坪単価がどのように計算されているかを見ずに、価格だけで判断しては大きな勘違いを生むことがあります。

家の建築費について

建築費は安ければ安いほどよいと思っている方がいますが、よい家を建てるためには、やはりそれなりの予算をかけなければなりません。

その建築費を左右する大きな要素は、「面積」「性能」「素材」「デザイン」「施工力」「施工会社の経営力」の6つが挙げられます。

最も分かりやすいのは面積で、その他、住宅性能で断熱性を高めることも建築費も上昇させる要因となります。

また、住宅本体に使用する素材は合板よりも無垢材が高く、ビニールクロスよりも左官仕上げのほうが高いなどの違いによって建築費が上下します。

デザインについては、建築費とは関係がないように思いますが、変わったデザインや特殊な寸法になると別途設計料が発生するので、やはり建築費への影響は少なくありません。

施工力とはいわば職人たちの技術力であり、現場監督の力量もそれと同じくらい重要です。

簡単な仕事は技術のない職人や監督でもできますが、複雑で繊細な部分の作業ができる職人を使えば、確実によい仕上がりになります。

施工会社の経営力とはまさに倒産リスクのことで、5年後、10年後の将来にわたるメンテナンスはもちろん、建築中に倒産されてしまったら目も当てられません。

このような理由を考えると、瑕疵保険に入っている住宅会社や大手ハウスメーカーであれば安心かもしれません。

しかし、ハウスメーカーの場合、規模が大きく、広告宣伝費や営業マンの人件費が高いこともあり、地元の工務店と比べると総予算のアップは必然となります。

1,000万円台で家を建てるなら

家づくりには、様々な費用が掛かりますが、もし、1,000万円で建てるということであれば、最低でも土地代と本体価格の他に400万円ほどはかかると考えてよさそうです。

そのため、600万円で土地と本体価格を抑えられれば可能といえますが、現実的には不可能です。

確かに近年では、本体価格が500万円の家も売り出されているますが、これには土地代が含まれていません。

もし仮に新築で1,000万円という家が手に入ったとしても、とても満足できる家ではないことは確かです。

それでも家を少しでも安く手に入れたいということであれば、坪単価が32万円台から55万円以内の以下のハウスメーカーがお勧めです。

  • タマホーム(43万円~48万円)
  • アキュラホーム(45万円~55万円)
  • アイフルホーム(47万円~52万円)
  • レオハウス(32万円~42万円)
  • クレバリーホーム(45万円~50万円)
  • ユニバーサルホーム(45万円~55万円)

まずは、複数の住宅メーカーにアプローチして比較してみることが重要です。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する