家を建てる価格費用

都市型住宅としても人気な狭小住宅の価格費用

投稿日:

都市型住宅としても人気な狭小住宅の価格費用

よく建物と建物の間に挟まれた住宅で、縦長の住宅を見かけたことはありませんか?

このような住宅を住宅業界では狭小住宅と呼んでいますが、その名の通り、狭い土地でも空間をうまく使用して建てられた住宅のことをいいます。

人口が多いエリアや通勤・通学が便利な場所はとても人気で、土地代が高く、余っている土地そのものが少ないのが現状です。

このような背景もあり、狭い土地に家を建てる住宅が注目を浴びています。

では、狭小住宅の価格や相場、建物としてはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

狭小住宅の価格や費用について

どのような家にでも共通にいえることですが、どういった間取りにするかを予め決めてからでないと正確な価格はわかりません。

とくに狭小住宅の場合、立地が特殊であるケースが多く、住宅のプラン次第では様々な費用が重なり、最終的に総額が上がってしまう傾向にあるようです。

狭小住宅では生活スペースに限りがあるため、それを確保するためにはどうしても高さが必要になります。

また、隣接している住宅が多い場所に建てられるため、防音対策も必要で、場合によっては地盤改良の費用も必要になります。

地盤改良は、改良の工法や地盤の状況、建物の大きさや構造によって大きく変わってきますが、2階建てと3階建てとでは、住宅そのものの重さが違うため、必要な地盤の強さも異なってきます。

そのため、木造住宅と鉄筋コンクリート住宅では重さの違いから、狭小住宅の地盤改良の価格は違ってきます。

狭小住宅は他のスペースにも費用がかかる

もし駐車場が必要であれば、その分のスペースが必要になるため価格は上がります。

敷地上に駐車場を確保できれば問題ありませんが、それが難しい場合には建物の1階部分を駐車場にするビルドインガレージの設置を検討する必要があります。

基本的に土地のスペースが少ない場所に建てますので、建築時における足場や資材置き場に費用がかかる場合もあります。

通常の足場よりも狭い場所で作業ができる経験を積んだ職人が必要になり、このようなケースでは別途手間賃を支払うこともあります。

狭小住宅の相場とは

狭小住宅を建てようとするのであれば、間取りや外観等の希望を決めてからでないと正確な価格はわかりませんが、一般的な相場はどれくらいになるのでしょうか。

建てるエリアの土地代や住宅のタイプにもよりますが、20坪程度なら住宅費込みで3,000万円~4,000万円程度で、木造住宅の坪単価は55万円、鉄骨造住宅の坪単価は70万円、鉄筋コンクリート住宅の坪単価は80万円が目安となっております。

木造と鉄筋の場合を比較するとずいぶん金額差がありますが、法定耐用年数(木造住宅が22年、鉄骨造住宅が34年、鉄筋コンクリート住宅が47年)があるため、相場の価格については高い安いで比較することはできません。

費用が変化するポイント

土地選び

土地選びは慎重にする必要があります。

地盤改良のことを考慮すると、崖の途中にある土地や変わった地形の土地など普通に比べて安く購入できますが、狭小住宅を建てる際に費用がかかります。

地盤改良で費用がかかる他にも特別な機材が必要になり、クレーン車が入れないなど建築費が増える要因にもなりますので、土地代が安いだけという理由で決めるのはやめましょう。

コンクリートと木造

コンクリートの狭小住宅にするか木造のどちらを選ぶかという点で費用が変わります。

短期的に考えると木造で建てる方が安いですが、長期的に考えるとコンクリートで建てる方が良い場合もあります。

コスト的に安いだけではなく、どのようなライフスタイルを過ごしたいかを考えて選ぶといいでしょう。

シンプルな建物と間取り

コストのかからない方法は、シンプルにすることで費用を抑えることができます。

外観や間取りといった住宅構造が複雑なほど建てる時間がかかりますので、その分の工程費用が上乗せされてしまいまいます。

手間がかかるということは、それだけ人件費がかかり建築にコストが必要になりますので、建物や間取りをシンプルにすることでコストを下げることが可能です。

鉄筋コンクリート造が狭小住宅に適している

自由度の高い鉄筋コンクリート住宅は限られた敷地を有効的に使って建築が可能です。

木造住宅と比較すると強度があって柱等に使用する体積が少なくすみ、開放的な大きな窓の設置ができるため視覚的にも自由な間取りにすることができます。

また、住宅等の密集地に建設されることが多いため、隣接している建物の「音」が気になりますが、遮音性能に優れているため防音対策にもなります。

外からの音だけでなく、室内の音漏れを防ぐこともできるため、鉄筋コンクリートと狭小住宅は相性がいいのです。

そして、コンクリートは耐火性能において優れているため、防火地域に指定されている狭小地でも安心です。

狭小住宅のメリットまとめ

建築コストが低くなる

住宅にかかる面積が狭くなるぶん格段に安くなるというわけではありませんが、それでもだいぶコストを抑えることができます。

また、登記費用などの各申請費用や、土地の面積によってかかる税金の額が変わってくるため、面積のある住宅より安く抑えられます。

もちろん、固定資産税などもその類に含まれるため、結果として安くなります。

デザイン性

狭小住宅は住宅面積が狭い分、横ではなく縦に伸びる家になります。

そこで建築設計者は、建物にデザイン性をもたせておしゃれに仕上げてくれるケースが多く、細長くすっきりとしたデザインは一目置かれる存在になるのではないでしょうか。

狭い土地でも建てられる

住宅を建てる土地がたとえ狭くても、都心に家を持つことも狭小住宅であれば現実的に可能です。

狭小住宅のデメリットまとめ

間取りの難しさ

土地面積が狭いので多くの部屋を作ることは難しく、動線をよく考えなければ住みにくい家になってしまいます。

また、ゆとりのあるのびのびした間取りは現実的に難しくなるため、その打開策として、3階建て住宅にするケースを多く見かけます。

工事が難しくお金がかかる

敷地やその周りの道路が狭い場合、工事が難しくなり余計にお金がかかったりします。

通常の建設であれば、空いている道路などに資材を置いたりするのですが、狭い道ではそれができず、近くにスペースを借りたりするため、この分の費用が上乗せになってしまいます。

防音が難しい

狭小住宅は家々に囲まれるような場所に建てるケースがほとんどです。

そのため、自分の家から出る音と、隣の家から出る音には気を使わなければなりません。

気になるようであれば、防音対策が必要になってくるでしょう。

以上のように、狭小住宅はメリットとデメリットを理解したうえで検討してみてください。

家を安く建てるには一括サイトで比較

タウンライフ家づくり

家を建てようと思ったら、まず何から始めればよいのでしょうか。

家を購入することは人生の中でも一番高い買い物であり、失敗は許されませんよね?

そんなあなたにオススメなのは、複数のハウスメーカーや工務店のカタログなどの資料・間取り図・資金計画といった住宅プランが手に入るタウンライフ家づくりです。

平屋住宅、二世帯住宅、輸入住宅、エネルギー消費量の年間収支をゼロにするZEH住宅など、あらゆる住宅タイプを扱う住宅会社が全国600社以上も登録されています。

ネットで気軽に無料で利用できるため、いきなり敷居の高い住宅展示場に行かなくても情報収入できることがメリットです。

たった一度(3分の登録で終了)の問い合わせをするだけで、複数社のプラン内容や見積もりを比較することができるので、一番安い住宅会社に決めるのもよし、気になる住宅会社の値段が高ければ、他社情報をもとに値引き交渉もスムーズに行えます。

タウンライフ家づくりの利点

↓   ↓   ↓

自宅に居ながら複数の住宅会社の情報収集が一括でできる

エリアを選択し、住宅会社を検索することができる

複数社の住宅商品プランや価格、相場がわかり比較ができる

しつこい営業マンと直接顔を合わせなくて済む

一括申し込みができるため、依頼にかかる時間が節約できる

公式サイトはこちら↓

タウンライフ家づくり公式

タウンライフ家づくりを解説↓

-家を建てる価格費用

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.