住宅購入における資金計画と住宅ローンの選び方

住宅購入における資金計画と住宅ローンの選び方

家を購入することは人生にとっての一番の大きな買い物です。

そのため、理想の家を建てたい、失敗したくないという気持ちは誰でもあるかと思います。

その家を建てる前に重要なことは資金計画の立て方です。

この資金計画を誤ってしまうと、せっかく理想の家を建てたとしても破綻しかねません。

そうならないためには、住宅の資金計画をじっくり考えることが必要で、まずは今後の家族のライフプランを検討します。

家を購入することがゴールではなく、スタートラインに立ったにすぎません。

今後、何十年も続く住宅ローンを返済しながら、子育てなどの様々な出費が発生します。

そのような出費を想定しながら資金計画を立てていきましょう。

頭金ゼロは危険大

最近は頭金がなくても、購入物件価格の100%の融資を受けることができる金融機関が出てきているようです。

しかし、頭金がなくある程度まとまった金額を支払わなければ、その後、数十年にも及ぶ住宅ローンの返済をしていくことは難しいのではないでしょうか。

家を購入してからがスタートラインと言いましたが、長く住み続けていく上で修繕費や固定資産税もかかり、車などの購入もあるでしょう。

理想は住宅ローンを返済しながらでも、できる限り貯金ができることですが、実際には家計が回らなくなるケースもあるため、できればある程度の頭金を用意し、毎月にかかる出費や返済期間を短くすることがリスク軽減につながります。

頭金はコツコツ貯める

住宅を購入する場合、予想もしない出費が発生することがあります。

そのため、上記でも述べたように、自己資金となる頭金はなるべく多く用意しておくことが重要になってきます。

とはいっても、自己資金はそう簡単には貯まらないため、どのように貯めていくかがポイントになりますが、積立定期預金がオススメといわれています。

会社によっては財形貯蓄がありますので、この制度を利用することを検討してみましょう。

オススメの理由は、給料から天引きされる形で貯蓄されるため、また、貯金を引き出しにくいということです。

将来的な収入について

資金計画する際に気を付けるべき点は、現在の収入が将来的に維持できるのかということです。

例えば、共働きの夫婦の場合ですと、奥さんが出産することも想定しなければなりません。

それに伴い、退職するか、育児休暇を取るのか等、いずれにしても収入が減るケースもあります。

そうなった場合、住宅ローンの返済額も変わってきますので注意が必要です。

金利の低い住宅ローン

住宅ローンはなんといっても、金利が安いものを選ぶのが常識です。

最終的には借り入れるタイミングの金利で決まりますが、金融機関等を毎月チェックし、大よその数字の変動傾向を見ていれば、どこがいいのかわかってきます。

また、期間限定で金利を大幅に下げる期間もあるため、この優遇時期を待ってみるのもいいかもしれません。

最近ですと金利が安いネット銀行が住宅ローンを扱ってきているためオススメです。

自分に合った住宅ローン

金融機関によりますが、通常の住宅ローンよりも金利の低い特別優遇金利をやっているところがあります。

そのケースで多いパターンは、給与の振り込み口座を持っている場合や、融資の際に新規で口座を開設する場合です。

また、地方公務員の場合は地元の銀行や信用金庫で、会社員の場合は会社が提携しているメインバンクで融資を受けると優遇してくれるパターンです。

住宅ローンのシミュレーション

住宅ローンで契約時にかかる費用は借入額で決まります。

これは金融機関によって算出方法も変わってきますので、どこの住宅ローンにすれば一番得になるかは自分で計算するしかありません。

計算するといっても各社、借り入れたい金額や返済期間等を入力すれば、簡単に試算ができるシミュレーションがあります。

もちろん無料で利用できるため、同じ条件でいろいろな会社のシミュレーションを試してみましょう。

ネット銀行の住宅ローン

ネット銀行の場合、街でよく見かける店舗型の銀行とは異なり、住宅ローンの金利や手数料が安く抑えられます。

わざわざ銀行に足を運ぶ必要がなく、ネット上ですべて済ますことができるためオススメです。

長年に渡り返済し続ける金利が0.1%でも安ければ、最終的な出費はかなり抑えられます。

また、保険料や団体信用保険など、繰り上げ返済の手数料も必要がない場合も多いため、メリットとしては多く、反面、通常の銀行に比べ、審査レベルが厳しめかと思います。

特に自営業の人は審査のハードルがグッと上がり時間もかかるようですが、会社勤めの人であれば、会社の規模や安定度、勤務年数などで若干甘くなるようです。

無理なボーナス返済はさける

住宅ローンの返済期間を少しでも短く、また、月々の返済額を軽減するため、ボーナス払いでの返済額を多く設定する人がいますが、それはおすすめできません。

ボーナスは景気により変動しますので、減額になったり、出ないという最悪のケースもあり得ますので、一気に家計が苦しくなります。

そうならないためには返済のバランスを考える必要があります。

例えば、月々返済できるローンを組んだうえで、無理のないようボーナス払いを組み込み、返済期間を短縮することです。

無理のない返済プランで家計を圧迫させず、仮にボーナスが減ってしまっても、月々の返済パターンに戻すこともできるためリスクはなくなります。

くれぐれもボーナスありきでの返済プランはさけましょう。

毎月6万円台の支払いで注文住宅を建てる方法

毎月6万円台の支払いで注文住宅が建てれる時代!

賃貸暮らしをしているなら、毎月支払っている家賃の掛け捨てはもったいないと思いませんか?

もし数十万円もの金額を毎月支払っているなら、なおさら損をしているといっても過言ではありません。

今では毎月の支払いが6万円台で、世帯年収が400万円ちょっとでも、注文住宅を建てることができるんです。

それに、毎月掛け捨てている数十万円もの家賃が今後の生活をするうえで、少しでも多く貯金に回すことができれば嬉しいですよね。

決心して一歩踏み出すには勇気がいることですが、便利なサイトを利用することで、ローコストのマイホームに近づくことができます。

『タウンライフ家づくり』って何なの?

タウンライフ家づくり

簡単に言ってしまうと、自宅に居ながら希望の間取りや資金計画を比較できるサービスです。

複数の住宅会社と何度も打ち合わせをするのは本当に大変ですし、他の住宅会社に行くたびにまた同じことを最初から伝えないといけません。

このタウンライフというサイトは、希望予算や間取りなどネットで入力すると、後日、見合ったオリジナルプランを送ってくれます。

タウンライフ家づくりなら一括で「見積り・間取りプランの作成」を複数社に依頼することができるので、何度も住宅会社と打ち合わせをする必要がありません

それが自宅にいながら、たったの3分程度の入力作業で家づくりが具体的に進んでしまうんです。しかも無料!

STEP1
STEP2

入力後に施工可能な住宅会社が表示されるので、そこから気になった会社を選択するだけで、エリアによっては10社もの会社が表示されます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

各社の情報を比較すると・・・、

各社の比較表

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、400万円もの差が出ることもあります

各ハウスメーカーからの資料比較で最もお得で価値ある注文住宅を選ぶ!

これは、注文住宅を購入するにあたっていちばん大切な、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することができるので、「同じ希望を出しても、ハウスメーカーによってこんなにも費用が違うのか!」ということに驚くと思います。

消費税増税後と低金利の今こそチャンス!

増税後でも安心して、お得に家を買える支援策があるのを知ってますか?

増税後に住宅購入の買い渋りを無くすため、国が支援してくれる制度があるんです。

増税支援の内容
  • 増税分の2%は住宅ローン減税として還元
  • すまい給付金として最大50万円給付
  • 新築を建てる場合、最大35万円相当のポイント給付

この支援策は2020年12月31日までの入居者のみに適用されますが、延長されるのは間違いないと思います。

そしてなんといっても、住宅ローンの低金利化も後押ししてくれます。

直近の住宅ローン金利表

ここ数十年でみても、下がることはあっても上がっていませんし、今後、もし上がるにしても一気に数%も上がるなんてことはまずありません

試しに、ある銀行のシミュレーションで試算してみました。

2,700万円の借り入れで、毎月の返済額は「6万円」の返済期間は35年です。

一般的に変動金利は固定金利よりも断然低いので、変動金利(0.527%←もっと安い金利もあります)ではじき出したところ、以下のような結果がでました!

借り入れ2,700万円のシミュレーション

どうですか?本当に6万円台で返済可能という数字がでました。

いつもまでも賃貸払いをするよりも断然お得だと思いませんか?

住宅ローンを組むなら早いに越したことはないですし「これならマイホームを持てるじゃん!」と思ったら、ぜひ無料のタウンライフ家づくりを利用してみてください。

こんな立派なマイホームを建てるには、少しでも安い住宅会社を比較し、補助金優遇とローン低金利の今だからこそ実現可能です!

家づくり計画書を依頼する