住友不動産で家を建てる価格

住友不動産で家を建てる価格

住友不動産で家を建てる価格が気になるかと思いますが、どんなに気に入った家でも、予想を大きく上回る価格となってしまっては手が届きません。

そうならないためには事前に上限の予算を決めておき、その予算内で収まるよう依頼する住宅会社に伝えたうえで、見積もりをとる必要があります。

住友不動産の価格

住友不動産に依頼しようとしているならば、実際に住友不動産で家を建てた人の見積り価格を参考にした方が、具体的なイメージが持てるかと思います。

ケース1

対象地域は東京近郊、外構工事は別で130㎡の場合の本体価格は1,810万円です。

オール電化、エアコン3台分、カーテン代、照明代、窓のサッシを標準アルミ樹脂サッシからオール樹脂サッシに変更するなど、オプションの合計費用は697万円。

さらに、10kwの太陽光発電ソーラーパネルが305万円の値引きが100万円、さらにオプションの値下げ交渉により最終的にな見積もりは、消費税込みで約2,900万円。

ケース2

住友不動産の商品であるアーバンコートで、中庭はなし、本体価格、オール電化、床暖房、オプション工事、付帯工事費など含め、延床約36坪で総額が約2,100万円。

住友不動産の坪単価は50万円~60万円ですが、実際に家を建てる人の平均的な坪単価は70万ほどになります。

住友不動産はもともと、タマホームと同様にローコストのハウスメーカーとして出発しただけあって、他のホームメーカーと比べると比較的安い価格設定になっています。

住友不動産の間取り

理想の家を建てる(購入する)には、少しでも多くの間取りを見てイメージすることが大切です。

住友不動産の注文住宅専門サイトには「間取り検索」というものがあり、ネット上で簡単に作成することができます。※「住友不動産 間取り検索」と検索してみてください。

①検索条件は4つで、玄関の向きとして南、北、東、西、指定なしの中から選択します。

②次に坪数の項目ですが、35坪未満、35~40坪、40坪以上、指定なしの中から選します。

③次に間取りですが、3LDK、4LDKまたは指定なしから選択します。

④最後に、こだわり条件として、パティオ(床をタイル貼りで仕上げている、噴水や植栽などが備えられたスペイン風住宅の中庭)の有無、WIC(ウォークインクロゼット)や大型収納があるかどうか、リビング12畳以上かどうか、リビング階段等の選択ができます。

検索結果には選択した項目だけでなく、坪数、建築面積、各階の面積、延床面積も表示されるのでとても参考になります。

また、インターネットが苦手な人向けに、間取り情報が満載の実例集とプラン集も無料進呈しています。

検索結果を見ても、自分のイメージとは異なる間取りの場合が多いのが現状で、自分だけのこだわり間取りを優先するならば、少しでも多くのハウスメーカーに接触し比較する必要があります。

住友不動産の特徴

住友不動産は、昭和24年12月1日に設立された住友グループの大手不動産会社です。

事業内容は、ビルの開発や戸建住宅の建設、マンションの分譲販売や不動産の売買、仲介、鑑定などなど、不動産に関すること全般を広く手がけていますが、分譲・賃貸などリテール事業(=小売業)に強い会社です。

住友不動産の特徴をまとめてみました。

おしゃれなデザイン

住友不動産の家は、近代的な都市生活を実現させる機能性と、それから生まれる美麗なデザイン性を評価する声が多くあります。

大きな窓を用いて大きなリビングを持つ開放的な住宅を得意としており、家族の団らんを大切にした家を建てることができます。

都市型住宅シリーズの「J・アーバン」シリーズは、暮らしをより豊かにする優れたデザインとして認められ、4連続でグッドデザイン賞を受賞しています。

邸宅型住宅シリーズでは、主にヨーロッパやアメリカの住宅や日本の伝統を残した住宅など、様々な国の伝統住宅を模した家を建てられると好評です。

自分好みに設計できる

住友不動産は総合ディベロッパーのため、様々な事業を行っています。

そのため、土地の購入やリフォームなど、家を建てる前や建てた後のアフターサポートも充実しています。

技術力が高い

住友不動産は木の家にこだわって住宅建設を行ってきました。

そのため、他のハウスメーカーと比較しても木造住宅のプロフェッショナルで、そのなかで編み出した技術が「ウッドパネル工法」です。

構造用接合金物で建物自体を丈夫にし、耐震性を高め、地震が来た時に揺れを抑えるための制震性能をつける2つの方法で地震に抵抗力を持ちます。

また、優れた耐火性能を持つため、火事の際も逃げ遅れる心配が少ないです。

標準仕様の性能が高い

高級マンションのような高品質住宅設備がオプションなしの標準仕様でついてきます。

これは、分譲マンションの供給戸数日本一の住友不動産だからこそできることだといえるでしょう。

地震に強い2×4(or2×6)工法

住友不動産の家は2×4(ツーバイフォー)、または2×6(ツーバイシックス)工法で建てられています。

これにより、地震に強いだけでなく、断熱性能や気密性でも高い評価を得ています。

断熱性能や気密性が高まることにより、熱や冷気が室内から逃げにくくなり、冷暖房費を削減することができます。

住友不動産の家は、省エネ生活を可能にするといえます。

ハウスメーカーで家を建てたい方は必見!

家を建てるということは、人生において一番高い買い物です。

それだけに、家づくりは失敗したくないという不安や悩みがあるのではないでしょうか。

ここでは、そろそろ家を建てたい・購入したいと考えているあなたに「家づくりで失敗や損をしない方法」を紹介します。

住宅業者によっては価格帯が異なる

まず、家を建てる前の流れとして、事前に頭に入れておきたいポイントが2つだけあります。

1つ目は、住宅業者によって価格の設定が異なるということです。

家の内訳を大まかに分けますと、

  • 間取り
  • 外壁と屋根
  • 内装とデザイン
  • 設備(トイレ、キッチン、お風呂、冷暖房など)
  • 収納設備
  • 住宅性能(耐震・免震、ZEH(ゼロエネルギー住宅)、断熱など)

このような内容がありますが、各項目の金額の差を一つずつ比較していくと、合計で数百万円もの価格差が出てきます

自分たちのプランに合った業者を選ぶ

家づくりにおいてとても重要なことが次の2つ目です。

住宅業者によって価格設定が違うため、自分たちのプランにマッチする業者選定が必要不可欠になります。

例えば、以下のように、自分たちの要望によって依頼する業者が変わってくることを念頭に入れておくことが大切です。

ハウスメーカー工務店設計事務所
コスト(安さ)重視 〇
住宅性能を重視   〇
内容やデザイン重視  〇
間取りプランを重視   〇
土地も探して欲しい   〇 〇

得意分野が異なるため、どこの業者にお願いすべきなのか迷いますが、ここを間違えると後悔することになるので、慎重に検討する必要があります。

実際に工務店とハウスメーカーの場合を例に挙げてみます。

工務店に依頼した場合

具体的なケースとしては、安さを重視するため、工務店にお願いするパターンが多くあります。

工務店の安さの秘密は、そこまで複雑でない間取りや、必要最小限にとどめた建材・設備などが要因として挙げられます。

つまり、オリジナリティー溢れる間取り設計や自分たちの要望を100%加味していくと、当初の予算よりも大幅にオーバーしてしまい、いきなりハイコストの家となってしまいます。

これでは、工務店にお願いする意味がなくなってしまいます。

もちろん、予算はあまり気にしないということであれば、ハウスメーカーよりも融通がきく工務店の選択はいいかもしれませんが、大多数の方は少しでも安上がりにしたいと思っているはずです。

ハウスメーカーに依頼した場合

その一方、ハウスメーカーに依頼した場合はどうでしょうか。

ハウスメーカーのいいところは、長年培ってきた実績とノウハウがあるため、様々なデータをもとに、新しい技術の導入や生活動線(間取り)などを研究しつくしています。

言い方を変えると、間取りをフルオーダーのオリジナルで設計・変更することはできませんが、自分たちの思い描く間取り(プラン)が必ずあるということです。

工務店と比べると建築実績数が桁違いに多いため、ハウスメーカーはどのような間取りが理想なのか、考え抜かれたプランを提供してくれます。

つまり、無駄がないため、追加で何かをプラスしたり変更する必要がなく、余計な出費がかさむことがないため、結果、安上がりになります

理想のハウスメーカーを探すにはどうするの?

中規模から大手まで、ハウスメーカーはたくさん存在します。

だからといって、各ハウスメーカーに個別で連絡して資料請求したり、自分たちの建てる家の要望を伝えるのはとても非効率なんです。

それが簡単な方法で、最適なハウスメーカーを探すことができる方法があるんです。

その方法というのが、一度の問合せで複数のハウスメーカーにアプローチできる「一括比較サービス」を利用することです。しかも無料!

それがこれ↓ タウンライフといいます。

自分たちがイメージしている間取りや、土地探しまで、大よその予算を入力していくだけで、その内容に対応したハウスメーカーに一括で問合せすることができます。

使い方はすごく簡単で、自宅にいながら3分程度で完了!

必要情報を入れるだけで、厳選された大手ハウスメーカーの希望にあった間取りプラン・見積りを提案してくれます。

このサイトを利用することで、家を建てるまでの段取り、大手ハウスメーカーの予算比較、間取り相談、土地探しなど、家を買うイロハを知ることができます

また、自分たちが希望とする内容を要望欄に詳しく記載することで、以下のような間取りの提案が貰えたりもします。

タウンライフ家づくりで貰えた間取り

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、数百万円もの差が出ることもあるので驚くと思います。

各ハウスメーカーからの資料比較で、最もお得で価値ある提案を選ぶ!

これは家を購入するにおいて大切なことで、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することが重要ということです。

≫≫≫毎月5,000人以上が利用するタウンライフを試してみる

ちなみに、同じようなサービスがいくつか存在しますが、以下の一覧を比較してみてください。

他社サービス比較表

一目瞭然、他の2つのサイトはカタログだけが送られてくるだけで、提案力がありませんが、希望の間取り図面・資金計画を無料で作成、土地探しまでサポートしてもらえるのは『タウンライフ家づくり』だけです。

タウンライフのQ&Aコーナー

しかし、どんなにメリットのあるサイトでも、初めて聞くサイトで不安があるかと思います。

気になった質問を実際に運営会社に質問し、回答のあったものをまとめてみました。

Q:本当に利用は無料なの?

サイトの利用料や送られてくる資料などの費用は一切かかりません。
もし営業電話がかかってきて断ったとしても、何か請求されることはありませんので安心してください。

Q:利用したら契約を迫られるの?

あくまで無料で利用できるサービスのため、契約を迫られることは一切ありません。
もし自分たちの思い描いている条件で見合った会社がない場合、きっぱりと断ってしまってOKです!

Q:もし契約したら仲介手数料は取られるの?

提携会社(全国600社以上)の広告料でまかなっているため、仲介手数料は一切かかりません。

Q:何社からも営業電話は来るの?

必ずかかってこないとは言いきれません。それは一括サービスのため、見込み客を他社に奪われたくないからです。
しかし、カタログやパンフレットといった資料だけが欲しい場合や、メールでのやり取りを希望ということを記載すれば、かかってくることはありません。

ということです。

また、補足となりますが、第三者の調査機関によるアンケートモニターで、ユーザーによる「利用満足度」「知人にお薦めしたいサイト」「使いやすさ」で堂々の3冠を達成しているのも安心です。

無料プレゼントの特典が凄い!

タウンライフでのお問合せ後に確認用のメールが送られてきます

そこにはURLが記載されていて、『家づくり成功の7つの法則(PDF)』が無料で貰えます

毎月99名とありますが、おそらく全員にプレゼントしていると思います。

家づくりの知識がなくても間取りやデザイン考案の参考になり、役立つ情報が満載です。

ちなみにこの冊子は、1級建築士が執筆したものになるので、信頼性はバッチリです。

完全無料・タウンライフ公式 ▼

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家づくり計画書を依頼