家の間取り

家相・風水の間取り、外観と内部設計を考える

投稿日:

家相風水を取り入れた間取り・外観と内部設計

家相・風水を考慮した間取りを設定し、家を建てる方も多いようです。

人間に身体と内臓があるように、家の外観は人間の顔や身体、家の内部の構造は内臓と同じようなものです。

「家を見て住む人の心を知り得る」といわれるように、家の外観はとても重要で、家相でみる間取りも大切です。

家の間取り・外観・内部構造

家のまわりには、庭・門・塀・骨組み・外壁・屋根・窓・ベランダ・テラスなどがありますが、少し違った視点から見れば、色彩・輪郭・各部の線・面の凹凸・光彩・陰影・環境・住む人の生まれ星との調和なども構造ということになるでしょう。

家を建てる場合の第一条件は土地の良否で、選び方を誤れば災難をまぬがれることはできません。

墓地跡・神社仏閣・古戦場や刑場跡・池や沼地跡、さらに南西から東北に伸びた土地・南が高く北が低い土地・西より急に低くなる土地・周囲より極端に高い土地は絶対に避けなければなりません。

また、建築材料と家の設計においても、日本の空気は水分が多く、温度の上昇にともない湿度がますます高くなる性質なので、一室の大きさや出入り口はできるだけ大きくし、光の差し込み方と流通を大切にしなければなりません。

つまり、梅雨期の細雨の侵入に備えて外廊下や庇をつけたり、空気中の水分ができるだけ凝縮しないよう内材料や外壁材を選ぶ必要があるのです。

ガラスやタイルなどの外観は清潔で美しいと思われがちですが、日本の風土では一概に衛生的とはいえません。

最近は純粋な木造建築が少なくなりましたが、これは建築業者や設計者の側からすれば、鉄骨コンクリートやオフセット工法建築のほうが施工しやすく、強度も苦労なく整えられ、工期も短くてすむという利点があるからです。

しかし、コンクリート造りは築3年くらいは湿気が抜けないこと、そして湿度の高い日本の風土では長期の多湿はカビによるアレルギーの原因を招くこともあり健康にも悪く、こうしたことから日本の風土に適した従来の木造建築は無視できません。

そして、設計に際して多少の費用をかけても入念にしておきたいのが基礎づくりです。

建物の全体を受ける土台であるからこそ、コンクリート基礎は万全になり、そして通風も考慮しなければなりません。

コンクリート基礎高の基本は40~50センチぐらいですが、白アリ駆除の処理をして、通風口などは少しでも多く設ける必要があります。

それでは、家相・風水的な観点から、家の設計上の注意点を解説しますので、参考にしてみてください。

玄関

毎日の出入りだけでなく、来訪する人の誰もが家族と直接対面する最初の場所です。

温かく清潔な印象を受けるように設計(設備)しなくてはなりません。

もちろん位置は吉相方位にして、家の側端に張り出して設けるといいでしょう。

心を休めるため、通風、オゾン取り入れなど、さまざまな意味をあわせ持つ庭は、たとえ猫のひたいほどの広さでも人生の生きがいを増してくれます。

位置は東・東南・南・南西が吉相方位で、住む人が飽きない庭づくりを考えましょう。

トイレ

人の健康と天運を左右するトイレは、設計の中で最も注意してほしい設備です。

最近ではほとんどが水洗式ですが、水洗だからといってまったく清浄だとはいえないため、浄化槽もなるべく接近しているほうがいいでしょう。

トイレの中には、とくに汚く濁った空気が充満するため、母屋の八方位中、限られた位置を吉相としています。

キッチン

主婦の活動の場であるとともに、家族が唯一団らんの場ですから、一貫性を持たせたバランスが大切です。

家族のコミュニケーションを第一に考えれば、東や東南に壁などがない、広がりがある所が吉相となります。

また、リビングを心臓とするなら、キッチンは胃袋です。

キッチンやリビングは生活上大切な場所のため、音やほこりを遮断し、明るいイメージと清潔を第一に考えましょう。

浴室・洗面所

身体の疲れを取り、浄め、心身のすべてをリフレッシュさせる機能を持っている場所ですから、現実社会から遊離できる空間に設計するといいでしょう。

システム化されているものでも、換気と採光の仕組みには考慮し、鬼門と四方の正中は避けましょう。

階段・吹き抜け

最近では洋風の持ち味を出した吹き抜け風の階段が多いようですが、本来、階段は階上へ上るためのはしごが変化したもので、直進でも鍵の手でも家の内部的姿に変化を与えます。

家の中央は主人が病気にかかったり居っかなくなることが多く、西は口論が多くなり、西北は主人が頭を侵されるため、丑・寅も避けるべき方位です。

家でいう窓は人間に例えると目で、外観構成の重要なポイントです。

箱のような家をつくる場合でも、東から南西の窓は大きく、西から北へは小さく取るのが理想的です。

土地・家の中心の取り方

家相を調べるときに一番大切なのは、中心の取り方です。

説としては、建築構造上の家の重心を取る「重心説」と、中国から伝わった、主人の寝室を中心とする「正寝説」とがあります。

観象学ではどちらの良さも取りあわせ、主として家屋の中心は母屋(主屋)、すなわち建築学でいう主構家屋の中心、生活の拠点(家族の居間)を大体の中心として取っています。

ただし、2階、3階などについては、一階に居住空間がある場合はすべて、一階の中心をもって判断します。

つまり、中心の基礎となる家屋はあくまでも一階部分で、中には,屋根をもって境界とする説もありますが、家屋の構造は屋根ではなく、土台をもって境界とみるのが正しい方法です。

また、主構家屋を中心とした周囲の家屋(別棟・倉庫・蔵など)は、副構造建物とか副構家屋と呼んでいます。

観象学における中心の取り方は、主構造物(母屋)を大体の中心とし、その礎石を境界として、凹凸配分比例法をもって中心を出すことが原則です。

天井の高さ

家相が基本としているのは、太陽光線と空気の流通、そこに発生する電子イオンの作用や磁波作用の働きが人間の身体や心、健康に及ぼす影響を研究し法則としたものです。

そして、その法則の第一としてチェックしなければならないのが、天井の高さと広さです。

日本家屋での平均的な天井の高さは240~250センチですが、この高さは和室の天井の高さを基準としています。

材料となる材木には定尺という寸法があり、8~10尺の長さが最も経済的で割安な寸法だからです。

つまり10尺であれば約3メートルの高さの天井となり、8尺であれば約240センチの標準的な高さとなるわけです。

それでも、天井の高い低いはバランスが大切で、たとえば4畳半や6畳の狭い部屋を高い天井にすることは、その部屋の気流が天井にたまってしまい換気もよくありません。

まして8畳や10畳ほどの広い座敷に低い天井では、せっかくの広い空間を殺してしまうことになり、精神衛生上でも凶相といえます。

建築設計上の法規では、2.1メートル以上をもって天井の高さとしていますので、この寸法以上なら何メートルでも問題ありませんが、広い部屋や和室なら、2.6~2.7メートルぐらいの高さが理想的といえるでしょう。

納戸やトイレ、浴室、書斎、和室など、狭いスペースでもいい所は、低い天井でも支障はありません。

しかしこの場合も、換気を十分に考慮して、空気が澱まないように注意してください。

さて、いかがでしたでしょうか?これから家を建てるなら、家相と風水を取り入れた間取りで、是非「吉」となるマイホームにしてください。

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家の間取り

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.