家の間取り

家相・風水の間取り、良い玄関と寝室の方角

投稿日:

家相・風水の間取り、良い玄関と寝室の方角

前回の記事では、家相・風水の考えに基づいた、家の外観と内部構造について触れましたが、今回は玄関と寝室の間取りの方角について解説したいと思います。

玄関の方角

昔の武士の家の玄関は、正面入り口の式台のある所にあり、普通の家では表上がり口を玄関といいました。

そして、玄関まわりだけを立派にする人を、玄関を張る人といい、見栄っ張りの代名詞とされていました。

しかし、今日では大きな屋敷を構えることは難しく、最小限の敷地を最大限に生かして家を建てる私たちにとって、玄関は単に出入り口の役目を果たす機能しか持っていないケースが多くみられます。

ましてや第二の玄関といわれる勝手口などは、よほどの必要がないかぎりつくる人はいません。

玄関は家相学でいう三備のひとつに数えられ、門と同様に来訪者を迎える最も大切な場所とされていて、勝手口は、主人以外の人たちのための出入り口です。

現代では、玄関は家族中心の出入り口となり、勝手口は使用人や御用聞き、出前の受け取り口となっていますが、マンションの流行で勝手口はなくなりつつあります。

玄関だけがあり、三方が壁でふさがっている家は、主婦や老人が病に倒れることが多くなります。

これは、混乱した家相の気が家に充満するためで、主人や子供より家にいる時間の長い主婦や老人が、この混乱した気の影響を強く受けるからです。

また、玄関は板の間や廊下と同様に、家相学では「空(あき)」とみなします。

空の大きすぎる家は、適当な気流を保つことができないので、家全体の10分の1から12分の1程度をもって吉相とし、玄関を板の間や廊下などとうまく組み合わせ配置していたのです。

そして、玄関や出入り口の方位から、その家に住む人の精神状態や社会とのつながりを知ることができます。

昔から、「辰巳の玄関」は大吉相の構えといわれ、辰巳とは、家の中心から見て東南で、来訪者が多く、家人に繁栄と祝福をもたらす最高の構えです。

玄関の吉凶方位でもうひとつ注意したいのが、家の中央に玄関をつくることです。

中央といっても家の中心とはかぎりなく、母屋の中央に突き出した玄関などもこの例で、その両側が「欠け」となる危険があります。

中央に欠けている玄関は「空」プラス欠け、となり、悪い気流がとどまり凶相の構えとなるため、必ず母屋に対して、右か左の側面に張り出しを設けることが大切です。

また、たとえ吉相でも、四方(卵・午・酉・子)と四隅(異・坤・靴・良)の正中の中心線上には、開閉用のドアが入らないようにしてください。

辰・巳の大吉相でも、この異の正中にドアがすっぽり入っていると、大切な取引や交渉時に風邪をひいたり、余計なおしゃべりをして信用を失ったりしやすいです。

このような玄関の吉凶例をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

東の玄関

よき長子が家督を継ぎ、世間の信用を得て、良縁に恵まれる吉徳があります。また、文芸面に才能があり上役の知遇を受け、昇進も早くなります。ただし、若いうちに親から独立する傾向があります。

東南の玄関

長寿繁栄の徳が備わる玄関で、部下や使用人はよく働き事業は隆盛します。また、良縁に恵まれ身近なところから吉慶が訪れます。

南・西の玄関

南は堅実・知識・才能の徳を備え、広く名声を博し、身分の昇進につれて財力が備わってきます。また、西はすべて金運の流れに関する徳を備え、夫婦円満の暗示があり、とくに調理師や水商売の仕事に従事している人に吉相です。

西北の玄関

人の出入りは多くありませんが、社会的地位のある人の訪問が多く、財力が豊かになり家業は繁栄。勤め人は昇級・昇進が早くなります。また、主人は威厳を持ち家族も安泰です。

南西・北・東北の玄関

陽徳があらわれず長子に恵まれません。逆に女性の権威が強く、あげくに家の中が乱れ、不和、争論、病気に苦しむことが多くなります。

寝室の方角

寝室は心地いい睡眠を取る場所ですが、一日の疲れを取り、精神の安定を取り戻す大切な部屋でもります。

部屋割りを考える場合、主人ひとりだけがよくてもそれは不合理です。

だからといって家族全員が家族の定位といわれる方位に寝室を構えるのも不可能で、あくまでその位置を参考え、第一に夫婦、第二に長子(後継者)、第三に老人や子供たちと割り振っていきましょう。

家相の中では、寝室が最も吉凶の影響が少ない所でもあるため、あまり力を入れ、こだわる必要はありません。

それぞれの方位にそれぞれが意味する象意があるので、そこを考慮して構成すれば、吉相効果を高めることができます。

たとえば、西北(戌・亥)は主人の方位であり、威厳と権威を象徴する方位ですから、家の中心から見て主人の寝室や夫婦の寝室をこの方位にすると、社会的な地位を高め、一家の主としての認識と行動力、信頼性を無意識のうちに確立していくことになります。

つまり夫として一家の主として、責任感と信頼性をつくり出す方位として最高の定位なのです。

また、子供部屋として最適なのが、東南か東になりますが、平家やマンションなどで部屋割りが難しい場合は、できるだけこの方位にかかる位置にベッドを置き、足を南や東に向けて寝ることをおすすめします。

一般的に北枕は忌み嫌われますが、実際はとても尊く、高貴な人物だけに許された寝方なのです。

医学考と的に頭寒足熱の効用は説明されていますし、健康維持の第一条件であり、冷暖房のなかった時代では、足を南に向けた北枕寝ることによって、南からの暖かい陽の気を吸収していました。

さらに朝起きたときに顔が南に向かうため、自然の恩恵を受けながらにして感謝できるというありがたい休み方とされていました。

つまり、皇帝や天皇のような高貴な人物が休まれる寝方だからこそ、ほかの人はこの方位を避けて寝たわけです。

後世になってその理屈よりも北枕は死ぬる者のみ可という法則(イメージ)が一般的になっってしまったようです。

少ない部屋数の中で、家族の寝室を家族の定位に従ってつくれない場合は、ぜひ北枕で寝てみてください。

また、二階に寝室を置く場合は東と東南、南を積極的に使うことが大切です。

明るく外向的な性格をつくると同時に、万物発祥の気を受け、小より大へ急速に発展し、積極的な思考と行動力で自ら吉運を招くようになってきます。

おとなしかった子供が引っ越してから、とても明るく快活な性格になったとか、病気がちだった妻がすっかり丈夫になったとかの話もあります。

家相がよく立地条件もまずまずなのに、少しもいいことがないという場合は、入居する方位と時期に誤りがあったか、贅沢をいっているかのどちらかです。

そのうえで、日頃から病弱な人や風邪のひきやすい人は、ぜひ家の中での佑気取り(吉方移動)をしてみてください。

普段、北側に寝ているなら、日を選んで東の部屋に七日、南の部屋に七日とか短い間に寝床を変えたり、すっかり寝室を変更するのも効果的といえます。

家族の定位とは、八方位にめぐる易の八卦の象から考えられた理論で、東が長男、東南が長女、南が中女(二女または中年の女性)、南西が主婦や老人、西が少女、西北が主人、北が中男(二男または中年の男性)や使用人、東北が少男(末子または年少の男子)の定位というわけです。

しかし、寝室が必ずしもこの方位になくてはならないというわけではありません。

二世帯住宅や家族の少ない今日では、できるだけ朝の日差しを受けられる所や、大地の気の上昇を受けられる風通しのいい位置を選んで、天井を少しでも高くしてください。

さて、いかがでしたでしょうか?これから家を建てるなら、家相と風水を取り入れた間取りで、是非「吉」となるマイホームにしてください。

業者によってこんなに違う!【数百万円】も安く家を建てる方法

-家の間取り

Copyright© 失敗しない家を建てるガイド , 2019 All Rights Reserved.