3階建て住宅を扱っているハウスメーカーの商品紹介

3階建て住宅を扱っているハウスメーカーの商品紹介

3階建て住宅は、主に制約の多い狭小地の都市部でよく見かけることもあり、都市型住宅と呼ばれることもあります。

とくに3階建ての家ともなれば、外観デザインに優れ、また、二階建てよりも高い位置に部屋ができるため、窓の取り付け方によって光や風通しが良くなることが特徴でもあります。

最大のメリットは、土地や空間を有効利用した設計ができるため、各階をどのような目的で使用するのかなど、例えば、間取りによっては二世帯住宅としても可能で、工夫次第で上手に居住空間を使い分けることができることです。

このページでは、各ハウスメーカーがどのような3階建ての住宅商品を扱っているかを紹介していきます。

へーベルハウスの3階建て住宅【テラクラフト(terra craft)】

へーベルハウスの3階建て住宅【テラクラフト(terra craft)】

限られた敷地で制約が多くても、居住空間の広さと明るさを確保することができ、土地スペースを有効利用した都市部で生活したいユーザーのためにつくられた商品です。

床の位置を上下にずらし高い空間と低い空間をつくることで、家の大きさは変えられなくても、空間にタテの自由があれば広さを感じることができます。

そんな「テラクラフト(terra craft)」の特徴は、

レフウォール

ベランダの北側に光を受ける大きな明るい壁とレフウォールを設置することで、光を跳ね返す反射板の役割を果たし、暗くなりがちな北側の室内にやわらかな拡散光が広がります。

吹き抜け

家族が集まるスペースの一角に開放感のある吹抜けを設計すれば、1階と2階の空間同士に縦・横・斜めの立体的なつながりが生まれます。

トップライト

吹抜け上部に天窓を設置することで光が壁を伝わり、明るさが空間全体に行き渡ります。

1Fダウンフロア

床を下げた土間キッチンとダイニングの周囲に多彩な段差を設けていて、高さの異なる床がひとつながりの空間の中で、いくつもの居場所をつくり出すことができます。

2Fダウンフロア

吹抜けに面した2階の床の一部を下げて1階に近づけることで、1階と2階の間に浮遊しているような新空間が生まれます。

3Fダウンフロア

空間の一部に高さの変化を加えることで、壁や扉で仕切ることなく、多くの用途を叶える部屋になっています。

床を下げることで生まれた段差は、椅子や机など、自由に役割を変えていくことが可能です。

全幅開口

3階の壁一面に設けられた腰高の窓は、室内に外の景色と光を取り込むためのアイテムとなり、都市の密集地で暗くなりがちな1階でも、頑丈な構造躯体の特性を活かした全面開口をすることで、光や風の通り道をつくります。

また、小さな子供向けとして「天空こども城」という商品があります。

二階建ての屋上に小さな別荘(コテージ)を乗せたようなもので、各フロアの特徴としては、

3階部分

スカイウォール

ベランダを囲む外壁が近隣からの視線をコントロールしてくれる。

スカイキャノピー

深いひさしが夏の強い陽射しをカットし、雨天でも窓の全開が可能です。

みんなの庭

空が近く開放的なウッドデッキの庭で、家族みんなが自由に遊べる場所になる。

みんなの間

壁を自分たちで塗り変えたり、家族構成や用途に応じた空間のアレンジが可能です。

2階部分

ダウンフロアユニット

床を一段下げたことで天井高2.8mの空間を作り出すことが可能です。

セミオープン型キッチン

カウンターを備え、家族の気配を感じながら調理ができるオープンキッチン。

壁面収納

本や雑貨の収納はもちろん、小物を並べてインテリアとしても楽しめます。

1階部分

ビスタウィンドウ

固定窓と引き戸を組み合わせた大きな窓で、室内外の一体感を生み出す。

ピロティガレージ

限られた敷地に駐車スペースを確保できるビルトインタイプのガレージ。

ダウンフロアユニット

床の一部分を約30cm低くすることで、落ち着き感のある高い空間が可能。

積水ハウスの3階建て住宅【フレキシブル3・4階】

積水ハウスの3階建て住宅【フレキシブル3・4階】

土地は狭くても居住スペースは広く、間口3m・敷地30坪でも開放感のあるリビングにすることが可能です。

間取りの自由を妨げてる通し柱ですが、積水ハウスの3・4階建ては、通し柱が不要な「フレキシブルβシステム」を採用することで、柱の位置にとらわれることなく、各階ごとに自由な間取りのプランニングができます。

「フレキシブル3・4階」の特長は、

大空間

柱の位置の自由度が高く、コンパクトな敷地への対応力があるため、敷地を最大限に活かすことができる。

スカイヤード

遮るものがない開放的な庭として、また、アウトドアリビングとして庭を持つことができるため、ガーデニングや自家菜園のパーティースペースに向いています。

吹き抜け

上下2層の大きな窓から光が降り注ぐ吹き抜け空間が、限られた空間でも、縦に伸ばせばゆとりが生まれ、伸びやかさはもちろん、明るさや空への視線の抜けが良い空間です。

二世帯・多世帯住宅

各階で間取りを変えることができるため、二世帯・多世帯住宅にも対応可能です。

フルフラットバルコニー

室内とバルコニーの床をフラットにつなげれば、室内の延長のように広く開放的に感じられます。

コーナーサッシ

建物のコーナーに窓を設けることができるため、視線が抜けて想像以上の開放感を感じます。

駐車スペース

大きなオーバーハングやビルトインガレージであれば、雨の日でも濡れずに快適です。

耐震・耐火・耐久性

世界初の重量鉄骨梁勝ちラーメン構造の「フレキシブルβシステム」を採用。

このシステムは、高層ビルなどに用いられる重量鉄骨ラーメン構造を進化させた積水ハウスのオリジナルシステムです。

高さ60mの高層ビルと同じ耐震基準で、大地震でもエネルギーを吸収して揺れを緩和してくれます。

暴風と火災に強さを発揮する優れた外壁

積水ハウスオリジナルの2つの外壁を使用しています。

建物が密集した都市部の場合では、もらい火によって火災に巻き込まれることがありますが、外部でくい止め、延焼を防ぐ外壁の防耐火性能が非常に高い。

また、最大瞬間風速60m/秒の室戸台風クラスの暴風にも余裕で耐えられる性能があります。

タマホームの3階建て住宅【木望の家】

【木望の家】は以下のページで詳しく紹介しているので参照してみてください。

トヨタホームの3階建て住宅【エスパシオLX】

トヨタホームの3階建て住宅【エスパシオLX】

トヨタホームのテクノロジーがさまざまな制約条件をクリアし、自由な空間デザインと間取りを可能にした商品で、2016年のグッドデザインアワードに選ばれています。

坪単価はなんと80万~100万円になることもあります。

上に横に広がる大空間

高い吹き抜けと広々としたフロア、たくさん光が差し込む大きな窓が特徴です。

「エスパシオLX」は、上下階に通じた通し柱を入れる必要がなく、フロアによって柱の位置を変えることが可能です。

また、外からの力に強いラチス柱(耐力壁)を採用していて、従来よりも優れた強度を保つことができます。

上に横に広がる大空間

高性能と自由度を両立させたトヨタホーム独自の「EST工法」が、自由な空間プランニングを可能にしています。

これは、柱や梁などの主要構造の部分に鉄を採用した構造体となっており、耐震性はトップランクの「等級3」に該当し、強い衝撃に耐えることができます。

トヨタホームの3階建て住宅【エスパシオEF3】

トヨタホームの3階建て住宅【エスパシオEF3】

トヨタホームのエスパシオEF3は、都市で暮らすための機能性、個性やスタイリッシュさを兼ねそなえた外観デザイン・エクステリアが特徴です。

カットルーフやルーバーが印象的なオリジナリティあふれる外観デザインで、スタイリッシュな外観をつくるとともに、外からの視線を遮りプライバシーをしっかり確保しています。

特長のあるエクステリア

ルーパー

プライベートテラス・バルコニーを設けることで、外部からの視線を遮りながら、ルーバー越しに自然の光と風を取りこみます。

カットルーフ

3階上部をカットすることで斜線制限をクリアし、斜め天井の空間はプランの制約がなく自由な部屋づくりが可能です。

インナーガレージ

限られた敷地を有効に使えるインナーガレージは、約5.7m幅のワイドな間口で2台の並列駐車も可能です。

外壁

優れた耐久性で気候の変化に強く、素材にこだわった美しい外壁です。

新技術の追求によって高い耐久性を実現するエスパシオの外壁塗装は、塗装内の無機系成分の量を増やし高耐久化を実現しています。

そして、塗装の劣化軽減によってメンテナンスの回数も減り、コスト削減にもなります。

マイホームを検討している方は必見!

マイホームを検討している方は必見

家を建てるということは、人生において一番高い買い物だと思います。

それだけに、家づくりは失敗したくないという不安や悩みがあるのではないでしょうか。

例えば、

  • 家を建てても住宅ローンを支払っていけるか
  • 生活がしずらい間取りになってしまわないか
  • 希望の予算でこだわりの家を建てられるか
  • 立地のいい土地がなかなか見つからない

など、悩みや希望は尽きることがありません。

そしてなんといっても、「少しでも安く済ませたい」というのが本音ではないでしょうか?

ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、住宅業者はたくさん存在します。

その中から『自分たちが思い描く理想のマイホームづくり』をどこにお願いするのか、不安を解消し、少しでも安く良い業者を見つけるにはどうすればいいのかをお教えします。

住宅業者によって価格が異なる

まず、家を建てる前の流れとして、事前に頭に入れておきたいポイントが2つだけあります。

1つ目は、住宅業者によって価格の設定が異なるということです。

家の内訳を大まかに分けますと、

  • 間取り
  • 外壁と屋根
  • 内装とデザイン
  • 設備(トイレ、キッチン、お風呂、冷暖房など)
  • 収納設備
  • 住宅性能(耐震・免震、ZEH(ゼロエネルギー住宅)、断熱など)

このような内容がありますが、各項目の金額の差を一つずつ比較していくと、合計で数百万円もの価格差が出てきます

自分たちのプランに合った業者を選ぶ

家づくりにおいてとても重要なことが次の2つ目です。

住宅業者によって価格設定が違うため、自分たちのプランにマッチする業者選定が必要不可欠になります。

例えば、以下のように、自分たちの要望によって業者が変わってくることを念頭に入れておくことが大切です。

ハウスメーカー工務店設計事務所
コスト(安さ)重視 〇
住宅性能を重視   〇
内容やデザイン重視  〇
間取りプランを重視   〇
土地も探して欲しい   〇 〇

この項目だけではなく、それぞれの業者には得手不得手がいくつもあります。

どこの業者にお願いすべきなのか迷いますが、ここを間違えると後悔することになるので、慎重に検討する必要があります。

じゃあ、どこにお願いすればいいの?」ってことになりますよね?

実際に工務店とハウスメーカーの場合を例に挙げてみます。

工務店に依頼した場合

具体的なケースとしては、安さを重視するため、工務店にお願いするパターンが多くあります。

工務店の安さの秘密は、そこまで複雑でない間取りや、必要最小限にとどめた建材・設備などが要因として挙げられます。

つまり、オリジナリティー溢れる間取り設計や自分たちの要望を100%加味していくと、当初の予算よりも大幅にオーバーしてしまい、いきなりハイコストの家となってしまいます。

これでは、工務店にお願いする意味がなくなってしまいます。

もちろん、予算はあまり気にしないということであれば、ハウスメーカーよりも融通がきく工務店の選択はいいかもしれません。

ハウスメーカーに依頼した場合

その一方、ハウスメーカーに依頼した場合はどうでしょうか。

ハウスメーカーのいいところは、長年培ってきた実績とノウハウがあるため、様々なデータをもとに、新しい技術の導入や生活動線(間取り)などを研究しつくしています。

言い方を変えると、間取りをフルオーダーで設計・変更することはできませんが、自分たちの思い描く間取り(プラン)が必ずあるということです。

工務店と比べると建築実績数が桁違いに多いため、ハウスメーカーはどのような間取りが理想なのか、考え抜かれたプランを提供してくれます。

つまり、無駄がないため、追加で何かをプラスしたり変更する必要がなく、余計な出費がかさむことがないということです。

理想の住宅業者を探すにはどうするの?

例えば、ハウスメーカーといっても、大和ハウス、積水ハウス、住友林業、ヘーベルハウス、セキスイハイムといった、誰もが一度は聞いたことのある大手から、中堅クラスでも、住友不動産、クレバリーホーム、ミサワホーム、東急ホームズ、ヤマダホームズなど多く存在します。

また、地元に根付いた工務店ともなれば、ハウスメーカー以上に数が存在します。

そのため、各業者に個別で連絡して資料請求したり、自分たちの建てる家の要望を伝えるのはとても非効率なんです。

それが簡単な方法で、最適な業者を探すことができる方法があるんです。

その方法というのが、一度の問合せで複数の業者にアプローチできる「一括比較サービス」を利用することです。

自分たちがイメージしている間取りや土地探しまで、大よその予算を入力していくだけで、その内容に対応したハウスメーカーや工務店に一括で問合せすることができます。

夏や冬ですと展示場に行くことが億劫になりますし、特に営業マンにつかまってしまうと、何社も回ることができず、じっくり検討することもできません。

「一括比較サービス」であれば、一回の問合せだけで複数社の情報がまとめて入ってくるため効率がいいのです。

そして、その手に入れた情報というのは、最強の武器にもなります!

例えば、仮見積りのような情報を手に入れた場合、他社との比較ができるため、どこにお願いすれば安くすむか一瞬でわかります。

それに、どの業者も嫌う「相見積もり」というものがありますが、それに近い情報を手に入れることができるため、他の業者との交渉や、値引き・オプション追加などで有利に進めることができるのではないでしょうか。

無料の一括比較サービスを使ってみる

使い方はすごく簡単で、必要情報を入れるだけで、地元の工務店や大手のハウスメーカーに一括で依頼することができます。

  • 最適な間取りプラン
  • 効率のいい資金計画
  • 立地のいい土地探し

これらが無料で、しかもたったの3分程度で比較が可能です。

また、自分たちが希望とする内容を要望欄に詳しく記載することで、以下のような間取りの提案が貰えたりもします。

タウンライフ家づくりで貰えた間取り

今まさに家を建てたい方、まだ情報収集の段階でじっくり検討したいという方でも、無料で利用することができます

希望するLDKの間取りや住宅タイプによっては、数百万円もの差が出ることもあるので驚くと思います。

各ハウスメーカーからの資料比較で、最もお得で価値ある提案を選ぶ!

これは家を購入するにおいて大切なことで、複数社のハウスメーカーを同じ条件・予算内でしっかり比較することが重要ということです。

≫≫≫毎月5,000人が利用する一括サービスを試してみる